cab180 to テールプレス to バックサイド180


 

180系のトリックを単発で打てるようになってきたら、コンビネーショントリックがやりたくなってくるはず。

トリックの入りで、cab180をするのですが、ここで上手く体勢を崩さずにいければ余裕でメイクできると思います。
繋ぎ技ということで、一つ一つのトリックを正確に行うことが大切になりますので、そこを意識しましょう。

それでは要点の説明です。


 

要点

  • トリックの入りが重要
  • このトリックのポイントはズバリ、入りのcab180のできです。
    cab180で作り出した回転の力をいかにテールプレスした時に殺さずにラストのバックサイド180に繋げることができるのか。
    cab180からテールプレスに繋げる際に、トリックに高さを出してしまうと回転力が落ちてしまうケースがあります。
    なので慣れないうちは、バターcab180でも良いかもしれません。

  • 回転の勢いを上手く利用する
  • 要点の一つ目で少し説明したように、テールプレスをした時にいかに回転力を残しておけるかがポイント。
    テールプレスしながら、目線をバックサイド方向に送りながら、それに合わせて前腕と前肩で回転を先行し続けましょう。

    ここで回転力が落ちてしまうと、ラストのバックサイド180が半回転で止まってしまって
    逆エッジが引っかかってしまう原因になるので、意識しましょう。

  • 目線の動きを意識する
  • 回し系のトリック全てに共通して言えることですが、目線の先行ほど大切なものはありません。
    コンビネーション系のトリックも決して例外ではなく、目線の先行が必要になります。
    特にテールプレスしている時に目線が止まる傾向になるので、テールプレスをしながら
    バックサイド方向に回転することを頭に入れておきながら、目線を送っていきましょう。


 


入りがcab180なので、スイッチスタンスでエントリー。
先行動作のために、一旦肩を閉じましょう。
目線はまだ滑っていく方向をしっかりと見て、板はフラットに保ちます。


更に肩を閉じていきましょう。
板はフラットに踏んでいたものを、ヒール加重にしていきます。


目線でフロントサイド方向に先行していきながら
同時に体も開いていきます。


 
キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 1 キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 2キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 3


 


踏み切る瞬間。
高さを出そうと意識すると、回転力が無くなるので思いっきり踏まない意識を持ちましょう。


半回転回ったところで、次のテールプレスに向けて体重は後ろに傾けておきます。
こうすることで、着地した瞬間からテールプレスすることができます。


180°回りきって、テールプレス。
ここでの意識は、後ろ足にしっかりと体重を乗せることと
目線を切らないこと。
この2つをしっかりと意識しましょう。

キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 4 キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 5 キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 6


 


ここでしっかりテールを踏んで、テールプレスをすることがトリックにキレを出してくれます。
と同時に次のバックサイド180に向けて、後ろ足で踏み切る準備をしなけばなりません。
膝を曲げて、ジャンプできる体勢を整えましょう。


目線と前肩で先行しつつ、後ろ足で踏み切っていきます。
ここではしっかりとしたオーリーを意識しましょう。
(小指立ってますよね?w)


踏み切って、バックサイド180を回し切る為に目線の先行も続けましょう。

キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 7 キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 8 キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 9


 


ここで素直に180回しても良かったんですけど、ノーズタップを入れてみました。
ノーズタップを入れると、そこを支点にして残り90°回せるので意外と楽かもしれません。
ここでもしっかり上半身が下半身よりも先に回っていることを意識しましょう。


ラストに差し掛かってきました。
上半身を追いかけるように下半身を回していきましょう。


上半身は固めて、ラスト90°は下半身で回すイメージで。

キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 10 キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 11 キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 12


 


無理に前を向こうとはせずに、しっかりと回し切るまで目線は残しておいて問題はありません。
この部分は単体のバックサイド180のラストを思い出しましょう。


最後に目線を進行方向に向けましょう。
スイッチなので、逆エッジには気をつけて。

キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 13 キャブ180 to テールプレス to バックサイド180 14

 
 

バックサイド180 <<  cab180 to テールプレス to バックサイド180
ページ上部へ戻る