ノーズプレス

<< スノーボードHOWTOの一覧
ノーズプレスは結構難しい印象があります。
私も一番練習し始めは恐怖心があって、上手くできなかったのを覚えています。

まずはその場でノーズプレスの感覚を覚えましょう。
板も付ける必要はありません。

ノーズプレスの怖い部分として、進行方向に体を投げ出すという点が挙げられます。
滑っていない状態で、ノーズプレスで固める姿勢を体に覚え込ませましょう。

要点

両エッジに乗らないことを意識する

ノーズプレスをする際に気を付けなければならない点として、板をフラットに踏んであげることです。
フラットという言い方をすると少し難しく聞こえるかもしれませんが、トゥエッジにもヒールエッジにも加重しないという意味です。
この感覚が分からないと、どちらかのエッジに乗ってしまって、前につんのめってしまいます。

固い雪面でトライする

柔らかい雪面でノーズプレスをしようとすると、進行方向に体重をかけるのでノーズが雪に埋まっていってしまいます。
それを防ぐために、しっかりと圧雪された雪面でトライすることをオススメします。

以上を踏まえて、ノーズプレスを動きながらやってみましょう。

ノーズプレスの手順

①スピード調節をしながら、フラットでエントリー。
これから滑っていくであろう雪面の凹凸などを確認しながら、キッカケ作りのオーリーをするために膝を曲げて力を溜めます。

②軽くオーリーしましょう。

ノーズプレス1 ノーズプレス2

③上半身を浮かせながら、軽いオーリーをしたら重心をノーズ側に移していきます。
この時頭の位置をノーズ側に移動させるだけでなく、腰の中心の位置もノーズ側にズラす意識を持つとスムーズにノーズに体重を乗せられるはずです。

④前足に体重が乗ったら、前足の膝は曲げて後ろ足の膝は伸ばすように心がけましょう。
そうすることによって、テールが浮いてきます。

ノーズプレス3 ノーズプレス4

⑤ノーズに乗ったら体を固めて姿勢を維持して、両肩のラインを雪面と平行に保つことに意識を向けましょう。

⑥余裕がある人は足元をずっと見るのではなく進行方向を見て、その先の雪面の状態を確認するとなお良いです。

ノーズプレス5 ノーズプレス6

⑦線は進行方向にしっかりと向けて重心を置いておくのが限界になるまで耐えましょう。

⑧アウトの際はノーズを軽く踏むノーリーをします。
ノーズに乗った重心を、板の真ん中に戻すイメージを持ちながら行うとGOOD。

ノーズプレス7 ノーズプレス8

⑨上半身を浮かせて、フワっと舞います。

⑩両足着地を意識して、膝を柔らかく保ち衝撃を吸収します。

ノーズプレス9 ノーズプレス10
ページ上部へ戻る