スノーボードハウツー バックサイド180

<< スノーボードHOWTOの一覧

オーリーにある程度慣れて、フロントサイド180もコツを掴んできたら
次はバックサイド180に挑戦してみましょう。

バックサイド180で何が難しいかと言ったら一言。

進行方向が一瞬見えなくなる

この恐怖心に慣れてしまえば、メイクは目前。

それでは要点の説明です。

バックサイド180のポイント

イメージは上半身→下半身→下半身→上半身

このイメージを頭に叩き込みましょう。
後に詳しく説明しますが、まずは前腕前肩をバックサイド方向に向けていきます
そうすることによって、上半身で先行動作を行います。
その先行動作に連動するように下半身でオーリーしながらバックサイド方向に90°回します。
あとは下半身の回転力の惰性でもう半回転回します。
最後に上半身を進行方向に向けていきます。
上半身と下半身が連動しているイメージを持ちましょう。
連動させる為には腹筋と背筋に意識的に力を入れます。

ピークで腰を進行方向に突き出すイメージ

腰から飛んでいくような気持ちでやると調子が良いです。
上でも説明しましたが、恐怖心があると腰を突き出すことができません。
バックサイド180の場合、腰から飛んでいけば逆エッジが引っかかって頭を強打することはほとんどないと思うので
勇気を持って練習しましょう。

スイッチでも滑れるように

180や540や900など半回転が入っているトリックに関しては、ランディングでスイッチ(メインスタンスの逆)になります。
これを踏まえて、事前にスイッチの状態でターンできるようになっておくことが必要になります。

以上の要点を踏まえて練習しましょう。

バックサイド180の手順

①まずは軽くトゥエッジに乗った状態でアプローチ。

②オーリーの準備のために少しずつ膝を曲げて上体を低くしていきます。

バックサイド180 1 バックサイド180 2

③この時点が最も深く屈んだ状態。
目線はまだ前方方向に向けています。
バックサイド方向の先行動作の溜め作りで
一旦上半身を開きましょう。

④上半身を伸び上げていくと同時にバックサイド方向に先行動作を入れていきましょう。
まずは上半身でバックサイド方向への回転力を作り出していきます。

バックサイド180 3 バックサイド180 4

⑤この段階でバックサイド方向への意識が強すぎると、板が全く上がってこないので体を上に引き上げる意識をしっかり持ちましょう。

⑥前腕・前肩(この場合右肩)で先行していきながら、後ろ足で踏み切ります。
と同時に上半身の先行動作で生み出した回転力を下半身に伝えるために
腹筋に力を入れましょう
すると自然と下半身もバックサイド方向に回転していきます。

バックサイド180 5 バックサイド180 6

⑦今の状態でバックサイド方向に90°回転したところです。
腰を突き出すイメージを持ちましょう。

⑧後半の90°を回し始めます。
次は下半身から回していきます。
上半身は残したままでOK。

バックサイド180 7 バックサイド180 8

⑨150°回ったところでランディングします。

⑩残り30°は上半身を被せていきながら、ドライブで回していきましょう。
こうすることにより、回り過ぎてしまった時も最後のひねる量を調節すればメイク率を上げることができます。
回転力をしっかりと抑えるまで正面は向かずに目線は残しておきましょう。

⑪最後は目線を正面に向けて、スイッチの状態で滑っていきます。

バックサイド180 9 バックサイド180 10

練習し始めは恐怖心から逃げ腰になってしまいます。
なので、緩斜面で遅めのスピードで何度もトライしてみましょう。
スピードが遅ければ、転んでも受け身を取ればケガをすることもないですし
練習を繰り返して、メイクする感覚を養いましょう。

ある程度恐怖心が無くなってきたら、フリーラン中に取り込んでみたり
スピードがある状態でトライしていきましょう。

バックサイド180のトリック動画

ページ上部へ戻る