G-SHOCK(ジーショック)


Warning: curl_setopt_array(): CURLOPT_FOLLOWLOCATION cannot be activated when an open_basedir is set in /home/rfora/giver.jp/public_html/wp-content/plugins/alpine-photo-tile-for-instagram/gears/alpinebot-primary.php on line 382

 

G-SHOCK_logo

 

G-SHOCK(ジーショック)

データ

国: 日本

設立: 1983年(発売)

創業者: 増田裕一、伊部菊雄、二階堂隆

ジャンル: カシオ計算機株式会社の時計ブランド

アイテム: 時計、携帯電話、etc…

魅力

ジーショックは、「落ちても壊れない、丈夫な時計」として発売され
コンセプトに、「ファッション性」と「テクノロジーに裏付けられたタフネス」を掲げている。
ファッションアイテムとしては勿論だが、そこにフル搭載されたテクノロジーがも魅力のひとつ。
特に、パイロットや警察特殊部隊SWATでも愛用される程の耐性はジーショックならでは。
加えて、ストップウォッチやアラームなど定番機能をはじめ高気圧防水や防塵・防泥などの多彩な機能も装備。

代表作

オリジンシリーズ

5000や5500、5600など。
ウレタンで全面を包み込み、心臓部のモジュールは点で支え浮遊させる中空構造。
非常にシンプルなスクエアデザインでジーショックの原点といえる。

スタンダードシリーズ

アメリカでは、このスタンダードシリーズに含まれる6900などがオリジン的な存在。
オリジンに並び、ジーショックといえば・・・で頭にうかぶモデル。
デジアナのコンビネーションも人気がある。

コラボーレーションモデル

G-SHOCKといえば、コラボーレーションモデルも魅力のひとつ。
ファッションや音楽などの影響力のあるアーティストとコラボレーションも行う。
mastermindやstussyなどのブランドが挙げられる。
他にもファッションブランドのみならす、音楽・スポーツジャンルとのコラボレーションも。
意外にも、目覚まし時計や携帯電話・デジタルカメラもあったり。

ちなみに

有名人アンバサダー

ブランドイメージを大きく左右する「アンバサダー」だが
G-SHOCKのアンバサダーには2つの条件があるらしい。
ひとつは、
・ミュージシャンやスポーツ選手でもそのジャンルのトップであること
そしてもうひとつは何より
・G-SHOCKが好きであること
この2つの条件をもとに、様々なジャンルの著名人からアンバサダーが選出される。

名の由来

重力(Gravity)の衝撃(SHOCK)にも耐えうるG-SHOCK。

URL

G-SHOCK – CASIO

g-shock.jp

photo by instagram

各国の「G-SHOCK」的なイメージたち。
* あくまでイメージです(一部、関係性の無さげな写真もあらわれます)

Sorry:

- Instagram feed not found.
 
当ページの掲載記事内容や画像に何か問題がございましたら,
CONTACTページからご連絡ください.
迅速に対応致します.

《 ブランド一覧へ戻る

 

ページ上部へ戻る