スノーボード

子供のスノーボードギアの選び方、スノーボードをするのに必要な9つとは?

子供のスノーボードギアの選び方、スノーボードをするのに必要な9つとは?の画像
521 views 2021-1-19 UPDATE

親御さんにとって子供の初スノーボードの時は、色々と不安が付き物ですね。
これから続けることができるかどうかわからないし、お子様のやる気次第ってとこもありますし、まず初めはとりあえずレンタルするという方が多いのではないかと思います。
今後もシーズン中、2回3回と行くぞー!という事になれば、レンタルだと色々デメリットが多いので、早い段階でマイギアを購入して子供の上達を一緒に楽しむことをぜひお勧めします。
キッズギアは、成長を加味した作りになっていたり、子供でも扱いやすいように考えられたものが多くあります。
ギアを選ぶ上で失敗しないためのヒントやおススメの商品などを紹介していきます。

ブーツ

まず初めに購入したいのがブーツです。ブーツが決まれば、そのブーツに合ったバインディング、板、ウエアと決めることができスムーズです。
タイプは子供が自分で脱着できるボア(BOA)がお勧めです。ダイヤルを回すだけで簡単に締め上げることができます。
ベルクロタイプもありますが、少し力が必要で、親のサポートが必要になってくるかもしれません。
サイズはぶかぶかだと問題ですが、厚手の靴下を履くことと成長を考えると少し大きめくらいがいいです。
中でかかとが浮いてしまうと大きすぎるので、そのあたりを目安に選んでみてください。
また、中敷きを外すことで0.5㎝~1㎝くらい調節することができ、2~3シーズンほど使えるモデルもあります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

キッズボードの選び方はこちらの記事で紹介しています。
➤➤「子供に最適なスノーボードの板の選び方は?キッズ・ジュニアにおすすめの板をご紹介します!」

 

バインディング

バインディングにもサイズがあり、XXSやXSなどメーカーによって表記は異なりますが、ブーツに合ったサイズのものを選びましょう。
力の弱い子供でも一人で脱着しやすいよう1ストラップのタイプがお勧めです。
ブーツサイズ20㎝前後まで対応しているので、小学校低学年くらいまで使えそうです。
2ストラップのユース・ジュニア用にはブーツサイズに合わせてバインディングのベースプレートの長さを調整することができるモデルもあるので、数シーズン対応可能で長く使うことができます。

ウエア

キッズウエアはサイズ調節ができるタイプが多いので、少し大きめを購入して数シーズン使用できるものがいいでしょう。
ジャケットの袖や裾の長さを、紐を引っ張り絞り上げることで調整するなど、成長に合わせて対応可能です。
パンツはビブパンツがお勧めです。
ビブパンとは胸当てとサスペンダーがついたオーバーオールタイプのもので、転んでも雪が入ってこないのと、暖かいので、今では大人にも人気があるタイプです。

あると便利なのは撥水パーカー。暑がりな子供には晴天時や春先に活躍間違いなしのアイテムです。

グローブ

グローブはミトンと5本指の2タイプがあります。
まだ小さい子供には装着が簡単なミトンタイプがいいですね。
5本指の方がバインディングの脱着などやりやすいので、自分でも指が通せるのであれば5本指タイプのものをお勧めします。
雪遊びをするなどよく雪に触れる子供には、ゴアテックスなど防水加工がされているグローブが最適です。

ヘルメット

ヘルメットは頭を守るために絶対に必要です。
初めは転倒が付き物です。逆エッジをくらうと後頭部を打ち付けてしまいます。
また、予測不能な衝突事故もあるので、しっかりと装着したいアイテムです。
ずれるといけないのでジャストサイズが好ましいです。
サイズの微調節や、かぶったときのフィット感を頭の後ろについているダイヤルで調節もできます。
耳当ては外せるタイプが多く、窮屈な感じを嫌う子には外してあげるなど対応が可能です。
直接かぶってもいいし、ビーニーやバラクラバなどの上から装着してもいいです。
すでにゴーグルをお持ちの方は、ヘルメットとの相性が重要です。
お手持ちのゴーグルとヘルメットを装着した際、隙間が開きすぎていないか、ゴーグルの幅がヘルメットに干渉してしまわないか、などのチェックが必要となります。

ゴーグル

ゴーグルは、雪や風から視界を確保する、強い紫外線から目を守る、ケガから目を守るなどの効果があり雪山には必須なアイテムです。
サイズは顔の大きさに合ったフィットしたものが良いでしょう。
レンズカラーは晴天から曇りまで幅広い天候に対応しているものがお勧めです。
ヘルメット対応のものを選びましょう。
眼鏡をかけたまま装着ができる眼鏡対応のタイプもあります。
ストラップの裏にシリコンの滑り止め加工が施されているタイプだと、ヘルメット装着時に滑ることがなく快適です。

プロテクター

お尻や骨盤、ひざにパットが入っている七分丈の長めタイプのスパッツは、ぜひ購入したいアイテムの一つです。
防寒のために履くタイツの役割と同時にケガからも守ってくれる、まさに一石二鳥の優れものです。

フェイスマスク、ネックウォーマー、バラクラバ

フェイスマスク、ネックウォーマー、バラクラバは、防寒に絶対必要です。
いろんな種類があるので、自分に合ったタイプを選びましょう。

まとめ

楽しく上達するには快適なギア選びがキーポイントとなります。
万全な準備で向かいましょう!

Writer

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
エルメジャー ティーエルエス

nitro(ナイトロ)EL MEJOR TLS
エルメジャー ティーエルエス

nitro(ナイトロ)

ボックス ナイフ [ジェシー バートナープロモデル] ワイド

libtech(リブテック)BOX KNIFE [Jesse Burtner PROMODEL] WIDE
ボックス ナイフ [ジェシー バートナープロモデル] ワイド

libtech(リブテック)

インゲマー バックマン "グロー"

allian(アライアン)INGEMAR BACKMAN "GROW"
インゲマー バックマン "グロー"

allian(アライアン)

ページトップへ戻る