テールプレス

<< スノーボードHOWTOの一覧

フリーラン中にサラっとキメるとかなりカッコ良いトリック。
テールプレス
ノーズプレスに比べれば簡単にメイクできるトリックなので、是非とも習得しておきましょう。
まずは右の写真のように、板を付けずにその場でテールプレスの形を作ってみましょう。

要点

両肩は雪面と並行に保つ

テールプレス中にバランスを取るために、しっかりと両腕は並行に保ちましょう。

一発でこの形に持っていく

テールプレスの場合、キッカケ作りとしてノーリーをしますが、ノーリーをしてから写真の形に瞬時にもっていきましょう。
イメージとしては、後足(今回の写真のようにレギュラーの場合は右足)をスッと頭の下に持ってくる感じになります。
プレスをする際に体重移動がとても重要そうに思いますが、後ろ足を体の軸の下(頭の下)に持っていくことが重要になります。

後足で全体重を支える

テールプレスの場合、全体重を後足で支えるので太股を結構使います。
前足はピンと伸ばします。
ノーズ部分を思いっきり引っ張った方が良いのでは?と思いがちですが、あまり引っ張る意識はしなくても良いです。
この後足の沈み具合でスタイルが出てくると思うので、自分なりにアレンジしてみましょう。

上記のポイントを踏まえて、その場でテールプレスの感覚が掴めたら、次は緩斜面で実際にテールプレスをしましょう。

テールプレスの手順

①フラットでエントリー
どちらのエッジにも加重をせずに、滑って行く先に目線を向けておきましょう。

②テールプレスのキッカケ作りをする為のノーリーの準備をし始めます。
しっかりと板がフラットになっている事を意識しながら、膝を曲げていきましょう。

テールプレス1 テールプレス2

③曲げていた膝を一気に伸ばしていくと同時に、前足で板を踏んでノーリーをしましょう。
上体をしっかりと上に伸ばす意識をして、両肩の位置を上げていきましょう。
あくまでもキッカケ作りのためのノーリーなので、思いっきり飛ばないようにしましょう。

④板のトーションを感じながら、しっかりと前足で踏み切りましょう。

テールプレス3 テールプレス4

⑤ここで一瞬前足に乗った重心を後足(この場合は右足)に移動させていきます。

⑥練習し初めて日が浅い方は、後ろ足の真上に頭が来るように意識して体重移動をしましょう。
(慣れてきたらスタイル追求のために後ろ足よりも更に後ろに重心を移動させるのもgood!)

テールプレス5 テールプレス6

⑦重心を移動さきったら、しっかりと後ろ足で踏んでいきましょう。

⑧ここでしっかりと体を固めて、スタイルを出していきます。
前足の膝は伸ばして、後ろ足に体重を乗せれば自然とノーズが浮いてテールプレスの形になります。
後ろ足の太ももがキツいですが耐えます。

テールプレス7 テールプレス8

⑨トリックのアウトに差し掛かってくるので、上体を上に伸ばしながら後ろ足で板を踏んで軽いオーリーをするイメージをもちましょう。

⑩ここで浮遊感を出せるか出せないかでトリックの完成度が変わってきます。
しっかりとオーリーするためには、太ももの筋肉を鍛える必要があるので、オフシーズンにしっかりと鍛えましょう。

テールプレス9 テールプレス10

⑪ランディングではしっかりと膝を使って柔らかい着地を心がけます。

⑫そのまま、颯爽と滑り去りましょう。

テールプレス11 テールプレス12
ページ上部へ戻る