スノーボードハウツー ノーリー

<< スノーボードHOWTOの一覧

オーリーを習得できたら、次はノーリーを練習していきましょう。
ノーリーとは、ノーズ側の前足で踏み切るオーリーのことを指し、
nose + ollie = nollie(ノーリー)という由来でこう呼ばれています。

前足で踏み切るので、恐怖感から後ろ足に重心が乗ってしまっていると絶対にできないトリックです。
ある程度のスピードを出しても板を操れるようになってからトライしましょう。

それではまずはノーリーのポイントを押さえていきます。

ノーリーのポイント

斜め前方向に体を投げ出していこう

ノーリーに慣れてくれば、体を斜め前に投げ出すイメージを持たなくてもできますが、
まずは斜め前方向に飛ぶ意識を持ちましょう。
そうすると上手いこと前足に重心が乗り、前足で踏み切る感覚が分かると思います。

前足でしっかりと板を踏む

オーリーでは後ろ足で踏み切るのと同じように、ノーリーではしっかりと前足で踏み切りましょう。
意外と練習し始めは前足で踏み切る感覚が分からないと思うので、後ろ足を引き付けながら前足で雪面を押すようなイメージをすると良いでしょう。

両肩は水平に保つ

前足で踏み切るということは、前足が後ろ足よりも下がる状態ができるということ。
この時に意識していないと前腕と前肩が下がってしまうので、意識して前腕と前肩を上げて肩を水平に保てるようにしましょう。
そうすることでノーリー全体の安定感が増し、メイク率が上昇し綺麗なノーリーをすることができます。

ノーリーの手順

アプローチ

目線は進行方向に向けて、雪面が平坦でノーリーがしやすいポイントを探します。
ポイントを見つけたら、膝を曲げ始めて踏み切るための溜めを作っていきましょう。

ノーリー1 ノーリー 2

伸び上がり

ある程度深く沈み込んだところで、今度は体を伸ばしていきましょう。
両手を上に振り上げていきながら、ポイントでも説明したように体は斜め前方向に伸ばしていくイメージを持つと良いでしょう。

ノーリー 3 ノーリー 4

踏み切り

後ろ足は体に引き付けながら、前足で踏み切っていきましょう。
この時に体が伸び切っていない状態で、前足で踏み切ろうとすると完全にタイミング合っていないので安定したノーリーはできません。
タイミングは何回もトライして、体で覚えていきましょう。

ノーリー 5 ノーリー6

ピーク

腹筋に力を入れて、膝を抱え込んでいきます。
体をコンパクトにまとめて滞空時間を長くしましょう。

ノーリー 7 ノーリー 8

ランディング

ランディングに近づいてきたら、膝を伸ばしていってランディングの体勢を作っていきます。
着地と同時に体全体で衝撃を吸収しましょう。

ノーリー 9 ノーリー 10
ページ上部へ戻る