スノーボードハウツー フロントサイド360

<< スノーボードHOWTOの一覧
フロントサイド180に続いて、フロントサイド360の解説をしていきます。
フロント180よりも半回転多く回るトリックですが、結構難しいです。

360°回す滞空時間をどうやってかせぐかがポイントになってきます。
それではまずポイントから説明。

フロントサイド360のポイント

できるだけスピードをつけて

360°回し切る為にはある程度のスピードが必要になります。
なぜかというと、スピードが出ている分だけ遠くに飛ぶことができ、ゲレンデは傾斜になっているので遠くに飛ぶ=その分高さを確保できることになり、滞空時間を長くすることができます。
自分では制御できないスピードでのトライは恐怖感から上半身と下半身が上手く連動しなくなってしまい、本末転倒なので恐怖を感じないスピードでトライしましょう。

両膝の引き付けを強めに

このポイントも滞空時間を伸ばすために意識しましょう。
フロントサイド360のピーク(最も高さが出ている瞬間)で両膝を胸に引きつけるようにして体をコンパクトにまとめると、見栄えも良くなりトリックの安定感が増します。

体の伸び切るタイミングと板を踏むタイミングを合わせる

体が伸びきるタイミングとオーリーをして板を踏むタイミングをばっちり合わせると、予想以上に体がフワっと浮きます。
このタイミングを合わせる技術を体得できれば、360の完成は一気に近くなります。

フロントサイド360の順序

溜めと先行動作

ヒールエッジに乗ったままアプローチしていきましょう。
フロントサイドとは逆方向に体を閉じて先行動作を入れていきながら、踏み切りの準備をしていきます。フロントサイド180よりも先行動作を強めにする意識も忘れずに。

フロントサイド360 2 フロントサイド360 3

踏み切り

先行動作で体を閉じていたところから、フロントサイド方向に一気に体を開いていきましょう。
体が伸び切る瞬間にしっかりとオーリーをして、板を踏んでいきます。

フロントサイド360 4 フロントサイド360 5

空中

体の伸びきりと板を踏むタイミングがピッタリと合えば、体がフワッと空中に浮くのを体感できます。
上半身のフロントサイド方向への動きを追っていくように下半身を回していきましょう。この時に両膝をしっかりと引きつけ、滞空時間を更に伸ばしていきましょう。

フロントサイド360 6 フロントサイド360 7

ランディング準備

上半身を通り越して下半身が270°回るくらいでランディングを意識していきましょう。
270°くらいでランディングしても、フロントサイド方向への回転力を利用すれば板をドライブさせて360°回し切ることができます。

フロントサイド360 8 フロントサイド360 9

ランディング

ランディングではしっかりとトゥエッジに乗って、目線は残しておき、完全に板が回り切ってから進行方向に向けていきましょう。

フロントサイド360 10 フロントサイド360 11
ページ上部へ戻る