フロントサイド180

<< スノーボードHOWTOの一覧

 

オーリーの動きを体に覚え込ませて
もう意識しなくても完璧にオーリーができるようになったら次のステップ。

スピン系のトリックの説明をしていきたいと思います。

今回説明するのは、フロントサイド180
スピン系トリックの入門としては、最適なトリック。
その理由は単純明快だが、回転している間進行方向がずっと見えているから恐怖感が少ない。
回転が90度で止まってしまって逆エッジが引っかかってしまっても、進行方向を向いているので安心して受け身が取れるはず。

それでは要点の説明です。

フロントサイド180のポイント

大事なのは先行動作

回転系のトリックをこれから覚えていく上で、先行動作の重要性は高いです。
慣れてくると180などの低回転系はそれほど先行動作を入れなくても回せるようになりますが
始めたばかりの人は、しっかりと先行動作を入れましょう。

そもそも先行動作って何?という方に向けて簡単に説明します。
先行動作とは、トリックをする前準備のようなものと考えて下さい。

今回ハウツーするフロント180の場合ならば、体を開く前に一旦体を閉じて
体を開く為のタメの動作のこと。
振り子を想像してもらえれば分かりますが、実際に回したい方向の逆に一旦体を振って
その反動を利用することで、回したい方向への力を増強させる。

今説明したことを頭に叩き込みましょう。

オーリー+体の捻りというイメージ

しっかりとしたオーリーをしてあげないと、高さがでないため、回転不足になりがちです。
板のトーション、体を上に持ち上げていくジャンプ力。
横方向の回転だけに意識が向きがちですが、上への意識もしっかりと持ちましょう。

そして何よりも大事なのが、タイミング。
オーリーをして、雪面から離れる瞬間に体が90度開いているのが理想的な形。

このタイミングをばっちりと掴むと、簡単に180は回すことができます。

スイッチでも滑れるように

180や540や900など半回転が入っているトリックに関しては、ランディングでスイッチ(メインスタンスの逆)になります。
これを踏まえて、事前にスイッチの状態でターンできるようになっておくことが必要になります。

以上の要点を踏まえて練習しましょう。

フロントサイド180の順序

①まずは軽くヒールエッジに乗った状態でアプローチ。

②オーリーの準備のために少しずつ膝を曲げて上体を低くしていくのと同時に
先行動作、体を回転とは逆方向に振っていきます。

③更に上体を低くしていきましょう。
先行動作も更に強めていきます。
この時の目線は足下を見るのではなく滑っていく方向を見ましょう。

フロントサイド180 1 フロントサイド180 2

 

フロントサイド180 3 フロントサイド180 4

④最も深く屈んでいる状態です。
先行動作の体を逆に振っている状態もこの時最大にしましょう。

⑤段々と体を伸ばしていくと同時に体を回転方向に振っていきます。

⑥オーリーで踏み切る瞬間です。
前足を引き上げて、板のトーションを使いながら後ろ足でしっかりと板を踏みにいきます。
フロントサイドに回ろうとする回転方向の力とオーリーで上に上がっていく力をこの瞬間にばっちり合わせましょう。

フロントサイド180 5 フロントサイド180 6

⑦先行動作で上半身が先にフロントサイド側に回ります。その上半身の動きに下半身が付いてきた状態。
板がほぼ90度回転しています。

⑧あとは両足を引きつけて、しっかりと高さを出していきましょう。

⑨高さのピーク。
回し切れるように、下半身を残り90度回していきます。

フロントサイド180 7 フロントサイド180 8

⑩両足の膝を使って着地。
スイッチ着地になるので、怖がらずにしっかりと上半身を被せていきましょう。
逆エッジに気をつけて。

⑪目線は進行方向。

⑫スイッチでトゥ側エッジにしっかりと乗りましょう。
体をトゥエッジ側に被せていれば、逆エッジになることはありません。
そのままスイッチで滑りましょう。

フロントサイド180 9 フロントサイド180 10
ページ上部へ戻る