バックサイドリップスライド

<< スノーボードHOWTOの一覧

バックサイドリップスライドのトリック動画

 
 
ノーズスライド、テールスライドと進んでくれば、次はリップスライド。

アイテムを一度飛び越してからスライドさせていくトリックになるので、抜群の安定感とトリックに対する自信がないとメイクするのはとても危険です。
初めてトライする時は、成功のイメージをしっかりと持ってアプローチしていきましょう。

バックサイドリップスライドのポイント

ヒールエッジに乗りながらバックサイド方向へ

このポイントがバックサイドリップスライドをメイクする上で最も重要なポイントになります。
リップからの抜けの際に上半身をトゥエッジ側に被せながら、バックサイド方向にひねっていきましょう。
抜けのタイミングがピッタリと合わないとエッジが引っ掛かったり、バランスを崩してしまう原因にもなるので慎重にタイミングを合わせていきましょう。

アイテムに乗ったらフロントサイドノーズスライドのイメージ

リップスライドはリップからの抜けは特有ですが、アイテムに乗ってからはフロントサイドノーズスライド(ノーズではなく板の真ん中に乗っても良い。)と全く同じ形になります。
イメージトレーニングでは、『リップでヒールエッジ抜けのバックサイド180 + フロントノーズスライド』のイメージで行いましょう。

バックサイドリップスライドの順序

アプローチ

軽くヒールエッジに乗って、アプローチしていきます。
この時はまだバックサイド方向(時計回り方向)への意識は持たないようにします。下手にバックサイド方向への意識が強いと、ライン取りがブレてしまう原因になります。

バックサイドリップスライド 1 バックサイドリップスライド 2

リップから抜け

アプローチから一気にリップから抜けていきます。
前腕と前肩でバックサイド方向(時計回り方向)に回していきつつ、ヒールエッジで抜けていきましょう。

バックサイドリップスライド 3 バックサイドリップスライド 4

イン

安定した抜けができたら、アイテムに対してインしていきます。
上半身でバックサイド方向へ回していた回転の力を利用して下半身もバックサイド方向に回転させていきます。
下半身の回転が上半身のひねりに追いついてきたら、下半身はそのままバックサイド方向に回転させていき、上半身はレギュラーアウトの為にフロントサイド方向(反時計回り方向)にひねっていきましょう。

バックサイドリップスライド 5 バックサイドリップスライド 6

トリック中

完全に板がバックサイド方向に90°向き切ったら、そこからはフロントサイドノーズスライドと全く同じ形です。
ここまできたらあとは体をしっかりロックしてアイテムを流し、目線は前方に向けます。

バックサイドリップスライド 7 バックサイドリップスライド 8

アウト

アウトではフロントサイド方向(反時計回り方向)にひねっていた上半身を元に戻す反動を利用して、板をレギュラーアウトの形にもっていきます。

バックサイドリップスライド 9 バックサイドリップスライド 10

バックサイドリップスライド 11

ページ上部へ戻る