バックサイドノーズスライド

<< スノーボードHOWTOの一覧

50-50などができるようになったら、次はノーズスライドを練習していきましょう。
ある程度、ジブセクションに慣れてきたと思うので少しオシャレなトリックを習得していきます。

バックサイド180よりもフロントサイド180の方を先に習得する人が多いと思うので、まずはバックサイドノーズスライドからの解説をしていきたいと思います。

バックサイドノーズスライドのポイント

グラトリの感覚で乗ると捲られるので注意

グラトリのフロントサイド180の感覚でアイテムに入ると必ず捲られます。
雪面上でフロントサイド180を練習していると『ヒールエッジに乗り続けて回す』と体が覚えてしまっているからです。
アイテムに乗る際に、体を被せてあげてヒールエッジに乗らないように意識すると成功への道が一気に近づきます。

アイテムに乗っている時に上半身をひねる

アイテムの上に乗ってから板をスライドさせていくために、前肩を回転とは反対方向(時計回り方向)にひねる必要があります。
この上半身のひねりを入れないと、板が回転してしまってスライドさせることができなくなってしまいます。
シフティのイメージを持つと良いと思います。

頭をノーズ側の足の真上にもっていく意識を持つ

ノーズスライドなので、前足でアイテムを捉える必要があります。
その為にアイテム、前足、頭を垂直方向に線で繋げる意識を持ちましょう。(実際に一直線になっていなくても、重心が前足側に寄っていればノーズでスライドさせることができる)
これを意識することでメイク率が格段に上がります。

バックサイドノーズスライドの順序

アプローチ

軽くヒールエッジに加重しながら、ターンしていきリップの抜けに合わせていき、
目線はリップの抜ける部分と、アイテムの両方を見るように意識します。

バックサイドノーズスライド 1 バックサイドノーズスライド 2

リップから抜け

リップから抜けていくタイミングで前肩と前腕をフロントサイド方向に開いていき、フロントサイド方向への回転力をつけていきましょう。
抜けではヒールエッジに加重していますが、アイテムに向かっていく最中で体を被せていき、捲られないように心がけます。

バックサイドノーズスライド 3 バックサイドノーズスライド 4

イン

アイテムにインしていきます。
この際に足裏全体でアイテムを捉えることを意識しつつ、上半身をフロントサイド方向とは逆(時計回り方向)にひねっていきましょう
下半身はフロントサイド方向に90°回し、前肩と前腕は進行方向へ向けていくことで回転を止めて、板をスライドさせることができます。
怖さからお尻が後ろに引けてしまって、重心がヒール側にかかると捲られるので注意が必要です。

バックサイドノーズスライド 5 バックサイドノーズスライド 6

トリック中

スライド中は上半身を完全にロックして流していきましょう。
頭の位置をノーズ側に寄せることも忘れずに。
アウトに近づいてきたら、板を戻していくために上半身をフロントサイド方向に回していきます。

バックサイドノーズスライド 7 バックサイドノーズスライド 8

アウト

アウトでは、上半身をフロントサイド方向に回していく反動を利用して板を進行方向に戻していきます
ランディングに体を合わせていくために目線をランディングに向けていき、膝を軽く曲げて衝撃を吸収する準備をしましょう。

バックサイドノーズスライド 9 バックサイドノーズスライド 10

バックサイドノーズスライドのトリック動画

 

バックサイドノーズスライド フェイキーアウトのポイント

上半身はひねらずに回転方向に流していく

基本的にアプローチから抜けまではレギュラーアウトと何ら変わりはありません。
アイテムの上に乗った時に、上半身のひねり方を変えるだけです。

レギュラーアウトの場合は、アイテムの上で上半身をひねっていたがフェイキーアウトの場合は回転方向(反時計回り方向)に回転させていきます。
回転力に任せてスライドさせていきましょう。

バックサイドノーズスライド フェイキーアウトの順序

アプローチ

レギュラーアウトと全く同じようにアプローチ。

バックサイドノーズスライド フェイキーアウト1 バックサイドノーズスライド フェイキーアウト2

リップから抜け〜イン

リップからの抜けも、アイテムに対してのインもレギュラーアウトと全く同じです。

バックサイドノーズスライド フェイキーアウト3 バックサイドノーズスライド フェイキーアウト4

トリック中

アイテム上に乗っている時、レギュラーアウトとは上半身の使い方が異なり、レギュラーアウトでは上半身を回転方向とは逆(時計回り方向)にひねっていましたが、フェイキーアウトする場合は上半身をひねることはせずに、回転力に任せて体はフロントサイド方向に開きっぱなしにして、上半身はロックしましょう。
頭の位置は前足の真上を常に意識します。

バックサイドノーズスライド フェイキーアウト5 バックサイドノーズスライド フェイキーアウト6

トリック中〜アウト

アウトにさしかかってきたと同時に、フェイキーアウトに向けて前腕と前肩でフロントサイド方向に回転力をつけていきましょう。
同時にノーズでアイテムを蹴ってあげて、軽くノーリーするとスムーズにアウトすることができます。

バックサイドノーズスライド フェイキーアウト7 バックサイドノーズスライド フェイキーアウト8

アウト

前腕と前肩でフロントサイド方向に回転力をつけてあげれば、自然と板がフェイキー方向に回転していくので、目線はランディングに向けていき膝を軽く曲げてランディングの衝撃を上手く吸収しましょう。

バックサイドノーズスライド フェイキーアウト9 バックサイドノーズスライド フェイキーアウト10

バックサイドノーズスライド フェイキーアウトのトリック動画

ページ上部へ戻る