バックサイド50-50(フィフティフィフティ)

<< スノーボードHOWTOの一覧

バックサイド50-50のトリック動画

 
フロントサイド50-50(フィフティフィフティ)に続いて、バックサイド50-50(フィフティフィフティ)の解説をしていきます。
フロントサイドに比べて、バックサイド側(背中側)にあるアイテムに対してアプローチしていく為、アイテムを肩越しに見なければならず
やりにくさを感じると思いますが、イメージトレーニングと練習ですぐにできるようになるので、トライしていきましょう!

バックサイド50-50のポイント

リップから抜ける時はヒールエッジで抜ける

自分の背中側にあるアイテムに対してアプローチしていくので、ヒールエッジで踏み切ってアイテムに乗っていきましょう。
トゥエッジに乗ってからタイミングを計り、テンポ良くヒールエッジに乗っていきましょう。

前肩を意識する

ヒールエッジに乗ってアプローチすると、フロントサイドに回転する意識が生まれて、前肩がフロントサイド方向に開きがちになります。
こうなると板がフロントサイド方向に回転していってしまいます。
そこで前肩は開かずにアイテムと平行になるように真っすぐ保つことを意識するとアイテムに真っすぐ乗ることができます。

アイテムに乗ったらアウトを見る

フロントサイド同様に、アイテムに乗ったらアウトを見ましょう。
フロントサイド50-50よりも不安定になりがちなバックサイド50-50はよりアウトを見ることの意識を強く持つことがメイクへの近道です。

バックサイド50-50の順序

アプローチ

フロントサイドに比べて、バックサイドはヒールエッジで踏み切るので捲られやすく
アプローチのスピードに自信が持てないと、確実に捲られます。
自信を持ってアイテムに入れるスピードに調節しながら、アプローチしていきます。
一旦トゥエッジに乗ってからヒールエッジに切り替えるイメージを持ちましょう。

バックサイド50-50(フィフティフィフティ) 1 バックサイド50-50(フィフティフィフティ) 2

リップから抜け

ヒールエッジに乗ったまま、リップから抜けていきます。
この抜けでの意識が、バックサイド50-50の成功率を左右します。
意識することは、ヒールエッジで抜きながら上半身をトゥ側に被せていくこと。
これをせずにヒール側に乗ったままだと50-50で上手く流すことができずにアイテムの上で捲られるか、途中でアイテムから落ちてしまいます。
リップから抜けた後に50-50することを常に頭に入れておきましょう。

バックサイド50-50(フィフティフィフティ) 3 バックサイド50-50(フィフティフィフティ) 4

イン

アイテムにインしていきます。
下の写真を見ると、上半身を被せていることが分かると思います。
インしていくと同時にアウトする部分を見にいって、50-50を安定させましょう。

バックサイド50-50(フィフティフィフティ) 5 バックサイド50-50(フィフティフィフティ) 6

トリック中

上半身を被せる意識は持ちつつ、アイテム上ではトゥエッジに加重してはいけません。
あくまで足裏全体でアイテムを捉えて、しっかり真上に乗る意識を持ち、擦っている最中は体はできるだけロックして動かさないことを意識します。
そうすることでスタイルも出てきます。

バックサイド50-50(フィフティフィフティ) 7 バックサイド50-50(フィフティフィフティ) 8

アウト

アウトではランディグに目線を移していき、着地の衝撃を吸収できるように膝を曲げてランディングに備えましょう。

バックサイド50-50(フィフティフィフティ) 9 バックサイド50-50(フィフティフィフティ) 10

スライダーでプレイバック

ページ上部へ戻る