DAKINE(ダカイン)


Warning: curl_setopt_array(): CURLOPT_FOLLOWLOCATION cannot be activated when an open_basedir is set in /home/rfora/giver.jp/public_html/wp-content/plugins/alpine-photo-tile-for-instagram/gears/alpinebot-primary.php on line 382

 

logo_DAKINE

 

DAKINE (ダカイン)

データ

国: アメリカ ハワイ マウイ島

設立: 1979年

創業者: ロブ・カブラン

ジャンル: 3Sアクションスポーツブランド

アイテム: リシューコード、フットストラップ、ハーネス、トラベルバック、etc…

魅力

ウィンドサーフィンの発祥の地、ハワイのマウイ島に小さな工場を建てて、サーフボードのリシューコードを生産したのがDAKINEの始まりである。
その名残は今も尚色濃く残っており、リシューコードも販売されている。

 
DAKINE リシューコード
photo credit : www.dakine.com
 
サーフィンでのプロダクトだけではなく、スケートボードやスノーボードでのプロダクトラインも充実しており、3Sアクションスポーツをする人から高い支持を集めている。

デザインももちろんだが、全ての製品の機能性が優れており他ブランドと一線を画す存在だ。

代表作

Daytripper

やはりDAKINEといえば、バックパックが有名。
特にこの“Daytripper”は見た目以上に多くの物を収納することができ容量は30ℓ
やたらとツールなど多くの物を持つことになるスケーターに重宝されるバックパックとなっている。

ちなみに、見てもらえれば分かるがバックパックにスケートボードデッキを装着することも可能。

DAKINE バックパック

Split Roller

バックパックのみならず、DAKINEのキャリーバックは幅広いファンを持っている。
サーフやスノーボードの場合は、素晴らしい雪質や波を追い求めていると長期の遠征なども多くなってくる。
そんな時の旅のお供になってくるのが、このキャリーバックだが機能性と収容能力を兼ね備えているので人気が高い。

DAKINE キャリーバック

ちなみに

ブランドコンセプト

ブランドコンセプトはトコトン、トップライダーから意見を吸い上げて製品を作っていくということ。
本物の使い易さ、本物のカッコ良さを追求し続けていて、クオリティの高いアイテムをリーズナブルに提供するということを実践しているブランドの一つだ。

ブランドアイコン

アイコンは特に無く、”DAKINE”のブランドネームがロゴになって製品に刻み込まれている。

ちなみに、『Da Kine』とはハワイで良く使われるのだが、物の名前が出てこない時や面倒くさい時に 『Da kine』と言うらしい。
他にも意味があって、『最高!』という意味で使われることもあるのだとか。
ブランドネーム的に考えて後者の意味であることは間違いなさそう。

photo by instagram

各国の「DAKINE」的なイメージたち。
* あくまでイメージです(一部、関係性の無さげな写真もあらわれます)

Sorry:

- Instagram feed not found.
 
当ページの掲載記事内容や画像に何か問題がございましたら,
CONTACTページからご連絡ください.
迅速に対応致します.

《 ブランド一覧へ戻る

 

ページ上部へ戻る