2018-2019 製品レビュー:板 ROSSIGNOL 『KRYPTO』『SUSHI』

  • 2018-4-4
  • 2018-2019 製品レビュー:板 ROSSIGNOL 『KRYPTO』『SUSHI』 はコメントを受け付けていません。
IMG_0335

KRYPTO試乗レポート

REHWC17_KRYPTO-cmyk300dpiREHWC17_KRYPTO_BACK-cmyk300dpi

フリーランを中心にオールマイティに使用することができる板がKRYPTOだ。
メーカーも『フリーランでかなり調子が良いモデル』と紹介しており、高速カービングや荒れた地形での操作性や安定性が高い設計となっている。

兎に角、楽に乗れて、安定感とスピード感を楽しめるモデルで、例えるなら、ヨーロッパ車で高速道路を走っている感じだ。
板を倒せば素直に曲がってくれるし、雪上にピタッと張り付いてスイスイ進んでくれる。多少荒れた斜面でも安定して進めるので、きちんと板の上に乗ってあげれば、無理な力をかけずに快適にカービングすることができる。

すでに海外では高評価を得ている板で、サイズ展開も海外仕様の156cm 159cm 163cmとなっている。
私は普段148〜152cmに乗っているのだが、156cmであっても快適に乗ることができた。

見た目は普通のシェイプで、基本構造もオーソドックスなキャンバー(ノーズとテールにロッカーが入る)の板なのだが、MAGNE TRACTION構造やSUPER DIRECTIONAL構造の採用など、細部には最新の技術と設計が盛り込まれている。
※MAGNE TRACTION構造 (18−19シーズンよりSERRATED EDGEに名称変更)
エッジが波状に曲がっており、複数箇所が強力に雪面に作用する。アイスバーンなどの硬い斜面で高いグリップ力を発揮するので、カービングの安定性に定評がある。
※SUPER DIRECTIONAL構造
板の厚みを部分的に変えることで適度な反発力と操作性を実現する技術。足の下に厚みを持たせることで安定性を向上させ、ノーズやテールを薄くすることでターンの前半と後半がスムーズになる。

内部にはTWIN WOOD3コアという木材をベースにした芯材を使用しており、強力な反発力とフリーラン向けのフレックスを実現している。YONEXやFANATICのように新素材を芯材に使用せず、木材をベースにしているため適度な重量があり、この重さと強力なエッジテクノロジー(MAGNE TRACTION構造)のおかげでカリカリのアイスバーンでも緩いシャバ雪でもエッジがしっかりとホールドしてくれる。

今回の試乗は、朝一番の硬い斜面コンディションから開始した。色々な斜面で試乗して見たのだが、硬いコンディションでも、シャバシャバなコンディションでも気持ちよく滑ることができた。この安定感と操作性を実現できるところにROSSIGNOLの高い技術力を感じる事ができた。

フリーライドをメインテーマに、老舗スキーメーカーが本気を出して設計した一本と言えるだろう。

 

 

KRYPTOはこんな方にオススメ

フリーランを中心に滑る方には強くオススメできる一本。
固すぎず柔らか過ぎずの程よいフレックス設計なので、ゲレンデカービングから、リラックスしたクルージング、パウダーライディングまで幅広く使用することが可能だ。
フリーライドをメインにしている方も、これから本気でカービングに挑戦したい方も、何方でも満足できる一本だ。

 

 

SUSHI試乗レポート

REGWP40_XV-SUSHI-LF-cmyk300dpi REGWP40_XV-SUSHI-LF-BACK-cmyk300dpi

昨今流行りのサーフライクなショートボードのSUSHI。
短めのレングス(145cm)に太いウエスト、短いテールの特殊形状で、地形遊びがめちゃくちゃやり易い。まさにゲレンデを縦横無尽に遊び尽くせる板と言えるだろう。

ノーズはコンベックス(船底のような形)になっており、パウダー滑走時の操作性が高い。またテールが短くクイックなターンが可能になるため、ツリーランやサイドカントリーに行くのにもオススメだ。

このSUSHIの凄いところは、きちんと前足に乗ってあげればピステン(ゲレンデで圧雪してある箇所)でも余裕でカービングする事ができるのだ。テールが短いので、若干の慣れが必要ではあるが、気持ちよくゲレンデクルージングができるはずだ。
また、春先の凸凹かつシャバシャバの雪でも素晴らしいコントロール性を発揮してくれる。ROSSIGNOL独自のLite Frame Technologyという構造のおかげで、このサイズでは考えられないほど板が安定し無駄に振動する事なく走ってくれるのだ。

一本でバックカントリーからゲレンデの地形遊びまで使える板をお探しなら、SUSHIを選べば間違いはないだろう。

 

SUSHIの実力がわかる動画。ROSSIGNOLのチームライダーも絶大な信頼を寄せる。

 

 

SUSHIはこんな方にオススメ

先のレポートでも記載したが、オールマイティーな一本をお探しの方にはオススメできる一本。
特に、ゲレンデでの地形遊びが面白く、壁の中でクイックターンしたり、ノーズブロックで緩急つけて見たり、兎に角何でもできる優等生なのだ。
『ハイシーズンにはサイドカントリーやゲレンデクルージングを楽しみ、春先には地形遊びを楽しみたい』という中級者から上級者には最高のオモチャになるだろう。
サイズが145cmという事もあり、女性でもSUSHIを乗りこなすことができる。
大柄な男性からすると、『短くて遊べる板』という立ち位置だが、女性にとっては『安定感のあるフリーライド板』という立ち位置になるだろう。

公式のwebサイトでは、今回ご紹介したモデル以外の情報も確認することができる。
気になる方は是非ともチェックしてみてほしい。

ROSSIGNOL公式webサイト

この記事の著者

乾 海老雄

乾 海老雄

元スノーボードインストラクターのIT系Webライター

長野や北海道、マウントフッド(アメリカ)、ウィスラー(カナダ)等
様々なスキーリゾートを転々とした後、東京に落ち着く。
現在はWeb制作を行う傍ら、スノーボード系のライティングを行う日々。
妻と娘の3人家族の35歳。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る