冬スポ突撃取材 イベントを120%楽しむ5つのコツ

アイキャッチ

皆様は『冬スポ』というセールイベントをご存じだろうか?

期間限定で実施されるスキー・スノーボードに特化したセールイベントが、この『冬スポ』だ。

専門店以上の品揃えと、その殆どがセール特価という大人気のイベントに潜入取材をしてきた。

関係者にご協力頂き、色々とお得な情報を入手してきたので、今回はこの『冬スポ』をお得に楽しむ5つのコツをご紹介しようと思う。

目次

 

冬スポとは?

先にもご説明したが、スキー・スノーボードに特化したセールイベントが『冬スポ』だ。

特徴は下記の通りで、スキー・スノーボードのレベルを問わず誰もが楽しめ、お得な買い物が出来るイベントなのである。

  • 初級者から上級者まで経験年数を問わず、すべての方が楽しめるイベントになっている
  • 専門店以上のアイテムを1つの会場に展開しているので、1日でハードウェアからアクセサリーまで全て買い揃えることが出来る
  • 特に初心者や初めて買う方にはセット販売の超特価商品も用意されている
  • 専門販売員が常駐しており、専門的なアドバイスをうける事ができる
  • リフト券やお得なスキー・スノーボードツアーも用意されており、買い物だけではないイベントとなっている

初心者や中級者にはハードウェアがセール特価で手に入るのが嬉しいが、上級者やコアなスキーヤー・スノーボーダーには格安でリフト券や消耗品が購入できる点が人気の秘密だろう。

人気のブーツメーカーの最新モデルも冬スポプライスだ

人気のブーツメーカーの最新モデルも展示され、品揃えは一般の店頭とほぼ同じと思って頂いて良いだろう

玄人向けのパウダーボードも冬スポプライスだ。一般の店頭ではなかなか値引きが無いようなアイテムもお得に購入できるので、迷っていた商品等あればこの機会に買ってみてもよいだろう

玄人向けのパウダーボードも取り扱いがある。一般の店頭ではなかなか値引きが無いようなアイテムもお得に購入できるので、迷っていた商品等あればこの機会に買ってみてもよいだろう

有名メーカーのヘルメットも冬スポ価格で販売されている

有名メーカーのヘルメットも冬スポ価格で販売されている

ワックスなどの消耗品も割引価格で購入できるのが嬉しい

ワックスなどの消耗品も割引価格で購入できるのが嬉しい

 

コツその1~買いたい物を事前にリストアップしておく~

冬スポは人気のイベントだけあって、会場はとても賑やかだ。

事前準備無しで行っても買い物は可能だが、出来れば事前準備として、下記内容をインターネット等で確認した方がよりスムーズに買い物を進めることが出来るだろう。

  • 自分のスノーボードレベル
  • 自分のレベルに適した用具とそのサイズ
  • 大凡の予算設定

参考までに過去の関連記事も確認しておくと良いだろう。

自分に合ったスノーボード板を探す3つの要点と有名ボードブランド

プロから教わるスノーボードビンディングの正しい選び方とセッティング

プロから教わるスノーボードブーツの正しい選び方

購入時に役立つスノーボードグローブ(手袋)の知識

ゲレンデファッションの決め手!スノーボードで被るビーニーのオススメはこれだ!

スノーボードウェアの選び方と有名ブランド紹介

事前に買い物リストやサイズ等を確認していない場合でも、会場内のサイズ表を確認したりや専門スタッフに質問すれば適切なモデルやサイズのものを勧めてくれるので活用して頂きたい。

DSC07303

このような解説が各所に設置されている

このような解説が各所に設置されている

 

コツその2~当日の荷物と服装をチェックしよう~

人気のイベントなだけあって、会場は多くの人で賑わうケースが多い。

また、試着をしたり荷物を持っての移動で汗をかくこともあるかもしれない。

ある程度、温度調節ができるような服装かつ身軽な状態で行けば、より買い物に集中することが出来るだろう。

 

コツその3~計画的なお買い物で時間と体力を節約しよう~

会場内での買い物は通常の買い物とは少し勝手が違う。(通常の買い物よりも荷物が段違いに多いうえ、会場がとても賑わっているため)

賑わう会場内で、板やブーツ・バインディングやウェアなどを全部持ち運びながら買い物を続けるのはとても困難だ。

そのため、うまく時間配分を計算して効率良く買い物を進めることをおススメしたい。

例えば、スノーボード3点セット(ブーツ、板、バインディング)とウェアを購入予定の場合、最初にスノーボード3点セットを購入してしまおう。

会場で購入したスノーボードはバインディングの取り付けを無料でやってくれるので、先に取り付けをしてしまうのだ。

会場の混み具合にもよるが、取り付けに60分~120分程時間がかかる。その間にウェアの試着を済ませてしまおう。

この進め方をすれば、重い荷物を持ちながら買い物を続けなくても良いし、取り付けの待ち時間も効率的に使えて、一石二鳥なのだ。

 

コツその4~イベント内のお得なイベントとサービスを活用しよう~

冬スポはお得な買い物だけでは無い。

豪華景品が当たるジャンケン大会や、メーカーブースで行われるミニゲームなど、様々なイベントが盛り沢山なのだ。

※メーカーブース内のミニゲームは会場によっては実施されない場合もある

常に会場内にはアナウンスが流れているので、イベント開催告知の情報が流れてきたら是非とも参加してみてほしい。

VOLCOMブース内のビン立てゲーム。豪華な景品をゲットするチャンスなので、是非参加してみてほしい

VOLCOMブース内のビン立てゲーム。豪華な景品をゲットするチャンスなので、是非参加してみてほしい

また、会場内では不定期に色々なイベントが実施される。

詳細は公式ホームページをチェック!

また、忘れてはいけないのが、冬スポの特別有料サービスだ。

会場内で購入した商品には有料で板のチューンナップ(ワクシングサービスやダリングなど)やウェアへの撥水加工を付けることができる。

熟練したスタッフが丁寧にワクシングしてくれる

熟練したスタッフが丁寧にワクシングしてくれる

ワクシングや撥水加工については公式ホームページをチェック

ワクシングという作業は結構大変で、それ用の道具も必要になってくるため、まだワックス用品をお持ちで無い方はこのサービスを活用してみるのが良いだろう。(自分でやろうとすると結構大変だったりする)

 

コツその5~リフト券の事前販売の活用と、ゲレンデブースを活用しよう~

隠れた人気なのが、このリフト券の事前販売と各ゲレンデの特設ブースだ。

色々なゲレンデが特設ブースを出していて、そのブース内ではミニゲームに挑戦することが出来る。

リフト券の半額チケットや、リフト一日無料券、中にはホテル宿泊券など、豪華景品が当たるチャンスなので是非とも立ち寄って頂きたい。

因みに、ここのブースは会場がクローズするよりも少し早めに撤収してしまう場合がある。少なくとも会場クローズの1時間位前までには立ち寄るようにしよう。

各ゲレンデブースには色々なミニゲームが用意されているので、気軽に参加してみよう

各ゲレンデブースには色々なミニゲームが用意されているので、気軽に参加してみよう

DSC07391

 

 

 

ゲレンデブースの次はリフト券が事前購入エリアに足を運ぼう。

ここで販売されるリフト券は非常にお買い得で、中には半額近く値引がされているリフト券もあったりする。

よく行くゲレンデのリフト券などはここで買ってしまうのが良いかもしれない。

因みに、このお得なリフト券はWebサイトでの購入も可能となっている。

※物によっては早めに売り切れてしまうものもあるので、気になるゲレンデがあれば早めにチェックしておこう

お得なリフト券情報(公式ホームページ)

 

以上がお得なセールイベント『冬スポ』を楽しむ5つのコツだ。

2月まで各地で開催される予定なので、最寄りの会場に是非とも足を運んで頂きたい。

きっと貴方の期待を裏切る超お得なお買い物が出来ることだろう。

この記事の著者

乾 海老雄

乾 海老雄

元スノーボードインストラクターのIT系Webライター

長野や北海道、マウントフッド(アメリカ)、ウィスラー(カナダ)等
様々なスキーリゾートを転々とした後、東京に落ち着く。
現在はWeb制作を行う傍ら、スノーボード系のライティングを行う日々。
妻と娘の3人家族の35歳。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る