SALOMON(サロモン)FIRST CALL(ファーストコール)2017-2018

FIRST CALL

ファーストコールのスペック

ボードサイズ 151 157 162
有効エッジ 115 120 124.5
ノーズ幅 31.1 30.3 30.5
テール幅 29.5 29.1 29.5
ウェスト幅 26.3 25.5 26
スタンス 50/62 50/62 52/64
セットバック 0 0 0
ホールパターン 2×4
形状 ハイブリットキャンバー
シェイプ ディレクショナルツイン
ボードフレックス やや柔らかめのフレックス
レベル 初級者〜中級者
おすすめスタイル フリーラン、パウダーラン
希望小売価格 ¥66,960(税込)

ファーストコールの評価・コメント

今期初登場のモデル。SICK STICKと同じ形状・アウトラインで作られているが、SICK STICKよりも柔らかめのフレックスなのでよりフリースタイルらしい動きが可能に。
3サイズ異なるスペックなため、自身のスタイルに合ったチョイスが可能。
抜群の安定感と浮力で圧雪からパウダーまで楽しむなら162cm。
朝一パウダーの後そのままパークへ行くなら157cm。
151cmは短くて太いシェイプでツリーランやバンクを楽しみつつスケートのような動きも楽しみやすくなっている。

Hillside コレクション:Wolfgang Nyvelt によるシェイプで、全く新しい 3 サイズのモデルが登場。Sickstick のシェイプをもとに、フリースタイルのライディングにフォーカスしたパウダーボード。ウインドリップからキャットツアー、パークからパウダーまで。First Call は、フリースタイルのライディングでユニークなスタイルを演出。
深雪で高い反発力と浮力を発揮する 12mm テーパーと Rock Out Camber、優れたエッジコントロールを可能にする Quadralizer、安定性を持続させる Ghost Basalt Stringers、的確なフレックスと軽量化を可能にする Aspen Select Coreなど、性能がさらに向上しています。

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る