コンペティションではじめてクワッドコークをメイクしたMarcus Kleveland

スクリーンショット 2017-11-25 14.00.06

縦に4回転、横に5回転。

“クワッドコーク”
異次元の世界へスノーボーディングは進化を続ける。

Billy Morgan(ビリー・モーガン), Max Parrot(マックス・パロット)、Yuki Kadono(角野友基)そしてMarcus Kleveland(マーカス・クリーブランド)の4名はクワッドコークをストンプし、スノーボーディングを牽引する。

2016年にBilly Morgan(ビリー・モーガン)がはじめてクワッドコークを成功させてから、間もなくMarcus Kleveland(マーカス・クリーブランド)という天才は16歳にしてクワッドコークを自らの手中に収めてしまう。
そして2017年に、XGAMESという巨大コンペティションでマーカスはクワッドコーク1800をメイクし、優勝を飾る。

その軌跡を、”This is: Marcus Kleveland E3“よりお届けする。

 

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る