一流ブランドの板を安く手に入れられるスノーボードの型落ちについて

スノーボード板

世の中の消費商品はある一定の更新と新陳代謝、アップデートを繰り返して より良いものに進化していくものが大半だと思います。
特に日本人は、既存のものを進化させ研ぎ澄まさせることには秀でている部分が多いと感じます。

スノーボードのアイテムもしかり、ここ30年でかなりのアップデートを繰り返してきました。
毎年毎年、各ブランドから新しいモデルがリリースされ、性能は数年前と比べても格段と良くなってきています。
ところがそのシーズンに発売された板はとにかく高く、7万円〜10万円が相場で高いモデルだと20万円にも達します。
学生など”スノーボードの板は買いたいけど、最新モデルは高いから買えないな。。。”という方は一度は板の型落ちの購入を考える、または実際に購入した人も多いのではないでしょうか。

とここでスノーボードの型落ちについて、メリット・デメリットや入手方法までご説明してみます。

目次

※リンクをクリックすると知りたい事柄にスムーズに飛べます。

型落ちの定義
型落ちのメリット・デメリット
型落ちの入手方法
ブーツ、ビンディング、その他アクセサリーも同様
型落ちについての所感

ad

【絶賛ライターさん募集中】
スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。
もちろん文字数に対して、報酬もお支払します。
上のバナーをクリックして【ライターの件】という題名をつけてご連絡下さい。

型落ちの定義

型落ちとは

大辞林 第三版の解説

かたおち【型落ち】

家電製品などで、新製品が発売されることによって従来の製品が古いものになること。また、旧機種となってしまった商品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

というわけで、全体的には新製品の存在に対して旧機種のことを指します。

スノーボード業界の商品の流れは、10月頃から店頭に新商品が並び、12〜2月くらいまでが売り場の主戦場になっています。
5月にはほとんどのゲレンデもクローズし、6月くらいから型落ちとしてシーズン中に売っていた残りを店頭販売していることが一般的です。

型落ちのメリット・デメリット

型落ちのメリット

  • 有名ブランドの板を気軽に使うことができる。
  • 通常の2~4割程安く買える。
  • 型落ち商品ラインナップが揃っている夏時期は店舗も落ち着いてるので 話をじっくり聞ける。
  • 型落ちのデメリット

  • 売れ残ったものから選ばなくてはならない
  • 欲しいサイズが限られている
  • 希望のカラーが限られている
  • 新製品が大幅にアップデートしてくる可能性もある
  • 友達が新製品でイキってくる可能性がある
  • 店員が利益率が低いのでやる気がない可能性もある
  • 彼女にプレゼントしたら型落ちと見破られる可能性がある
  • カタオチが夢に出てくる可能性がある
  • 型落ちの入手方法

    ネットには常に安く売っていますが、詐欺サイトのお話もちらほら聞きますので(僕の嫁が実際に引っかかりました)安いからと言って十分注意してから購入しましょう。
    関東の方であれば、神田・御茶ノ水のスノーボード街に足を運ぶと秋までは多くの商品を見比べることができます。
    各地域、お近くのプロスノーボードショップでも型落ち商品は多く扱っています。

    ブーツ、ビンディング、その他アクセサリーも同様

    スノーボードに関わる商品は、9割くらいの商品が毎年アップデートやデザイン変更などを行なっていますので、ブーツ、ビンディング、その他アクセサリー類も型落ち商品が存在します。

    型落ちについての所感

    スノーボード 板 盗難
    メーカーさんや、お店さんの想いとしては、いい商品作ったし仕入れたから新品買ってよ〜!です。
    お客さんの心理としては、そんな対して新品と変わらないのであれば、型落ちで良いのがあれば安いし それでいいや。ですね
    どちらの主張も大変よくわかります。
    使用するのはお客様で、ゲレンデに行かれるのもお客様ですので、お客様の自由にお買い物をすれば良いと思っています。

    ただ選択肢が少ない中で選ぶと、本当に自分にあったギアが見つからず、ブーツが足に当たって痛くなったり、ボードが思ったより硬かったり、サイズ感がちょっと合わなかったりなどあるかもしれません。
    少しでも快適なスノーボードを楽しむのであれば、選択肢の多い新品アイテムの時期から選ぶのも、長く楽しむためのコツかもしれませんね。
    もちろん型落ちでピーンときたものがあれば、良い巡り合わせになったということでしょう。
    今シーズンに向けて良い買い物ができますよう、R/ForA MAGAZINEでもアイテムやサービスの紹介をしてまいります。

     

    この記事の著者

    加賀 大貴

    加賀 大貴社長 兼 プロスノーボーダー

    皆様が末長くスノーボードを楽しめる キッカケ作りと環境作りをしています。
    R/ForA MAGAZINEではコラムを中心に執筆する。

    _______sponsor______

    HOLIDAY , MISCHIEF , FORSEFEATHERS , SPY , FLUX , thirtytwo , ASHRAM , sandbox , SPAZIO MORISPO , 千葉KINGS , チューンナップ工房MK

    ____________________

    スノーボードシェアリングエコノミー「eFiT-B」クラウドファンディング中
    https://www.fanatics.jp/projects/view/4

    オールシーズン フリースタイル スノーボードスクール
    WOOT SNOWBOARD PARK SCHOOL「コソ練CAMP」
    https://cosoren-camp.jimdo.com/

    この著者の最新の記事

    関連記事

    コメントは利用できません。
    ページ上部へ戻る