Apple Watch Series3のもうひとつのCM フリースタイルスケートボード編

スクリーンショット 2017-10-17 22.22.36

初代Apple Watchが公に発表されたのが2014年の9月10日で、早くも3年が経ちApple Watch単体でセルラー通信(通話)ができるようにまで進化した。
もはや携帯電話・スマートフォンが必要だという概念を壊し始めているApple Watch Series3だが、下記記事で紹介しているようにSeries2から防水性能が備えられており、その防水性能をプロモーションする媒体となっているのがサーフィンだ。

Apple Watch Series3のCMで起用されたサーフィンの映像が話題に

その一方でApple Watch × Apple Musicのプロモーションにはスケートボードが用いられていることにも注目したい。
Appleがリリースしているワイヤレスイヤホン、Air PodsとApple Watch Series3を併用することで手軽に約4000万曲をあなたの手首で持ち運べるというものだ。

その未来的で革新的なサービスもそうだが、どちらかといえばCMに出演しているKilian Martin(キリアン・マーティン)のフリースタイルにどうしても目がいってしまう。
スケートボードの天才と呼ばれていたロドニー・ミューレンに匹敵するスケートボーディングスキルを有していると界隈では評されている。
Appleの独創的な世界観も相まってCMとは思えない映像作品に仕上がっている。

Kilian Martin: India Within

 

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る