19 Fakie Pop ShoveIt(フェイキーポップショービット)

フェイキーポップ

stance – スタンス

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-26-23-34-48 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-26-23-34-48

左 : グーフィー
右 : レギュラー

・オーリー足はデッキに何も力を加えないため、逃しやすい位置にスタンスしよう。

・テール足は横回転を入れるために腹側にズラしても良いが、高さを出したいならよりテールの中心にスタンスしよう。

事前に習得しておきたいトリック

14 Pop Shove It(ポップショービット)
16 FakieOllie(フェイキーオーリー)

keypoint
・メインスタンスでのポップをまずはしっかりメイクできるようになってからトライしよう。

・安定して弾ける重心の位置を探して、見つけられれば安定してメイクすることができる。

・フェイキースタンスの方が弾くのがメインスタンスよりも難しいので強めに弾くことがポイント。

フェイキーポップショービットの手順

Approach – アプローチ

フェイキースタンスでのアプローチになるので、重心を少しテール側(進行方向側)に寄ってしまいがちだが、デッキの中心を意識する。

19 fakie pop アプローチスクリーンショット 2017-01-28 15.21.51

Entry – エントリー

上半身は力を抜いた状態で体を沈めていこう。

Trick – トリック

体を伸ばし、テール足で背中側斜め方向に向かってテールを弾こう。

19 fakie pop トリック スクリーンショット 2017-01-28 15.28.10

Air Peak- エアピーク

この時、オーリー足は真上に逃がしてエアキャッチのタイミングを待つ。

デッキが跳ね上がってくるのを確認しつつ、オーリー足でデッキをキャッチする。

テール足は弾いてからデッキの回転を避けるように半円を描きながらデッキの上へ。

Landing – ランディング

ポップならではのストンプをすると気持ち良い着地ができる。

極論、フェイキーポップショービットはこういうこと。

フェイキーポップ 一言

フェイキーポップショービットのおさらい

 

この記事の著者

R/ForA magazine

R/ForA magazine

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る