”乗れ過ぎている男”Marcus Kleveland最新パーク映像

TOP >  NEWMOVIE > 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-09-22-11-20-22%ef%bc%89

グラトリで世界初1080を回したり、ナックルトリックでダブルコークをメイクしたりと、並外れたスキルで世界中を驚かせてきたノルウェーの天才ライダーMarcus Kleveland(マーカス・クリーブランド)
17歳の若き天才の動向はシーンの注目の的だが、オーストラリアのPerisherパークで数日にわたって撮影された最新映像がアップされたので紹介しよう。
マーカスのもっとも分りやすいすごさと言えば、前述のとおりグラトリやナックルなど、高さや飛距離が出せない状況で高回転をやってのけるところにあるのだが、そんな彼がキッカーでジャンプすれば、十分な余裕ができる=スタイルをガッチリ出せるということは容易に想像できるだろう。
末恐ろしい乗れ過ぎている男のライディングは必見だ!

 

 

この記事の著者

Makiko Kishino

Makiko Kishinoライター・エディター

白馬でスノーボードショップを営む、元スノーボード誌編集者のフリーライター。
田舎ライフをマイペースに満喫しながら、とことん遊びを追求しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る