最高時速約50km。スケートボードが車と化す”Kick Stick”がすごい

kickstick-clips

スケートボードで時速50km出せると話題を呼んでいる“Kick Stick”
自動車並の速度が出せるため、軽く凶器になり得る。
動画を見て頂ければ分かるが相当なスピードが出るため、ある程度のスケートボード歴がないと到底乗りこなすことはできないだろう。

giphy

現状はまだプロトタイプを制作した段階であり、これからクラウドファンディングで資金を集めて製品化を目指していくようだ。

ちなみに、持ち運びに関しては折り畳むことができる。
電動スケートボードのようにデッキに動力を搭載するのではなく、動力を手に持つという発想が新しく、斬新だ。
興味のある方はリリースされるのを楽しみに待とう!

 

 

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る