ウェーブプール”コウベレイーズ”生みの親、押部氏にフォーカス【前編】

TOP >  FOCUS > 
IMGP6211

スノーボードのジャンプ練習施設、『KINGS(キングス)』を手掛けたレスポンスエンジニアが今年7月27日にウェーブプールKOBE-REYES(コウベレイーズ)をオープンしたことは業界で大きな話題を呼んだ。
オープンした時点では、サーフィンがオリンピックの追加種目に決まっていなかったが、8月4日に正式に採用されることとなり、コウベレイーズに一層注目が集まることとなった。

今回はキングス・コウベレイーズを運営する、レスポンスエンジニア代表の押部氏にフォーカスを当てる。
コウベレイーズのこれからと、原点であるキングスへの想いなどにも迫っていくことにしよう。

日本初が詰まったコウベレイーズ

R/ForA(以下:R) : 本日はよろしくお願い致します。
まずはコウベレイーズの完成おめでとうございます。完成してから約2週間が過ぎましたが、実際に営業してみた感触などいかがでしょうか。

押部 宣広 (以下:押部氏) : まだ完成じゃないんだけどね(笑)
実際に営業してみて、サーフィンは初心者にとって思った以上に敷居が高いってことは感じたかな。

R : スノーボードは大学に入ったらとりあえずサークルで行くとかで、初心者が多いと思うんですけど、サーフィンは違ったってことですね。

押部氏 : そうだね。初心者専用ってホームページに書いておいても、『初心者なんですけど大丈夫ですか?』という問い合わせは本当に多い。

R : サーフィンはコアな層しかやってないってことですか?

押部氏 : 本当にコアな層しかやってなかったんだなあ。って実感だね。

R : では2つ目の質問ですが、日本で初めての仕組みを取り入れたウェーブプールということで、最も苦労された点は何でしたか?

押部氏 : まあやっぱり、世界中のどこを探しても“エーフレーム”での波を出したことがないのでそこかな。エーフレームっていうのは左右に分かれていく波のことなんだけど。
少し難しくいうと、エーフレームで割れるために適したうねりを出して、それをしっかり地形で割って整えるということをやったところがないから、小さい波でも再現させるのが難しかった。

R : やはりこだわりがあってのことですか?

押部氏 : もちろんその通りで、自然に波が発生する原理から全て追求していって再現したかったから。

IMGP6256サイズは小さいが想いの詰まったウェーブ

コウベレイーズの始まり

R : 押部さんのブログを拝見させて頂いて、ブログの中でサーフィンを全くやったことがないと書かれていたかと思いますが、どのような経緯でコウベレイーズを始めることにしたんですか?

押部氏 : そうそうそう(笑)
若い時からエクストリームスポーツとかアクションスポーツが好きで、インラインスケートとかマウンテンバイク、ウェイクボードもやっていたし。
少しジャンルは違うけどカートレースをやっていたり、スキーもやっていたりする中で、うちが瀬戸内だったというのもあるし他の趣味が忙しかったっていうのもあってサーフィンには関わってなかった。
でも究極のエクストリームスポーツだとは昔から思ってた。

R : どのような観点から究極のエクストリームスポーツだと思われているのでしょうか。

押部氏 : 自然と対峙した時に、サーフィンって使う道具が最も少ないでしょ?
だから究極だとずっと思ってたし、やりたいなあとも思ってたけど忙しくて気が付いたら44歳になってたっていう。

R : なるほど。そんな思いからコウベレイーズはできたんですか?

押部氏 : 今から海行くのはしんどいし。だからここ作ってサーフィンの練習してる。

R : 8月4日の東京オリンピック追加種目採決よりも前にオープンしたことに意味はあるんですか?

押部氏 : うーん。まあ狙ったということはなくて、やりたかったからやっただけやけど。
3年くらい前から色々とコウベレイーズ建設のために計画を進めている中で、いずれサーフィンはオリンピック競技に追加されるって周りには話していたね。

IMGP6223更衣室は個室で設けられており、シャワー室も完備されている

コウベレイーズのこれから

R : ホームページには現状20~30%しかできていないと書かれていましたが、100%完成できたと思えるのはいつくらいになりそうですか。

押部氏 : いや100%はないね。
この1年作って、触りながらあれもしたいこれもしたいが無限に出てきてるからなあ。

R : では、キングスも未だ完成ではないですか?

押部氏 : キングスは完成かな?と思ったら、今回思いついたカーブとかのアイディアとかが浮かんでしまうから、終わりはないねこういうのは。

R : キングスは着手し始めてから10…..

押部氏 : 今年で14年目。

R : それを考えるとコウベレイーズも納得いくまで10年くらいかかりそうですか?

押部氏 : いやあもっと早いと思う。

R : じゃあ2,3年くらいでいけそうですか?

押部氏 : そりゃ何年ってのは分からないよ(笑)

一同 : (笑)

R : 既に改善したい点は把握できているから、今シーズンの早い段階で改修工事に入りたいと書かれていたのでもう来年くらいには完成に近づくのかなと個人的には思ってました。

押部氏 : まあ具体的な話をすれば資金の問題もあるし、100万200万の世界ではないからね。

レベル分けの仕方

R : キングスの場合はコースで初級・中級・上級を分けていると思いますが、コウベレイーズに関してはどのようにレベル分けしていく形ですか?

押部氏 : 波が本格的に大きいのが出始めてきたら、色んなパターンの時間で区切って波のサイズを変えていこうと思ってる。

R : あくまでユーザーの主軸に置くのは初心者ですか?

押部氏 : ビギナー。
中・上級者に関しては朝早い時間帯とか、夜の時間帯に割り振ろうと思っててメインの時間はビギナーに提供します。

R : なるほど。なぜ初心者を主軸に置くんですか?

押部氏 : ビギナーとやってる方が楽しいから。
思いっきりサーフィンしたい人は海に行けば良いと思ってるし。
海は1年中入れるしね。

R : ではキングスとは少しスタンスが異なるってことですか?

押部氏 : いや、キングスも飛んでみたいって人がメイン。
多数の海外ナショナルチームとかが色々と話持ちかけてくるけど、全く俺相手してないよ。
みんな勘違いしてるけど、キングスも“ジャンプ初心者”がターゲット。

IMGP6233隣接されている神戸キングスからコウベレイーズを眺めることができる

コウベレイーズの横展開について

R : “その繋がりで”ご質問なんですが、キングスと同じようにコウベレイーズも全国へ展開していく予定ですか?

押部氏 : フランチャイズとかの形態はとらないかもしれないけど、少なくとも3ヵ所くらいはやりたいなあと思ってる。
まあ全国展開というか、世界展開になるんだけど。

R : 世界を見てるんですね。具体的にどこに出すとか聞いちゃっても大丈夫ですか?

押部氏 : どこに出すとかは全然決めてないけど。

R : オーストラリアとかウェーブプールの計画とか頻繁に立ち上がってますよね。

押部氏 : メルボルンとかね。でもあれ全然できてなくて造る計画だけになってる。
でもウェーブプールを造ろうって計画する人たちは本当に多くて、そのほとんどは実現させることなく頓挫していくんだけどね。

R : やっぱり実現させるのは相当障壁が高いですか?

押部氏 : ウェーブガーデンに機械を頼むとなれば15億とかするし、工事費とか含めればその倍の30億とかになっちゃうからね。

R : それを聞いて構想はしてみたものの、現実に着手するところはほとんどない。

押部氏 : まずいないね。

押部氏の行動の理由

R : その繋がりで、、、

押部氏 : 繋がりすぎやな(笑)

一同 : (笑)

R : ほとんどの人達が実現まで辿り着けないウェーブプールを実際に作ってしまう、押部さんを突き動かすものは何ですか?
というのも、R/ForAは”行動の理由”という意味なんですけど、なんでやり続けているんでしょうか。

押部氏 : 行動の理由ね。いいねえ。
現実的にね、お金を準備したりするのは物凄く大変なんだけど、作ることに関しては全く苦だとは思ったことがないから。
みんなが言うほど苦じゃない。

R : 『作るのが苦ではない』というのは、力仕事が辛くないとかってことですか?

押部氏 : そういうことではなくて、失敗したりとか実現に向けて動くことに関しては大変ではないって意味ね。趣味みたいなところもあるし。

R : エクストリームスポーツが好きという気持ちから。とかはありますか?

押部氏 : あるけど、そこまで美しい話も持ってないし。
みんなが美談にしたがるような話ね。
業界のためにとか、子供のためにとかそういうは一切ない。
自分のライフスタイルの確立っていうのが一番大きいかな。
ここが事務所で、気が向いたらサーフィンができてジャンプができて。
お金がもらえて。
いいやろ?
ムツゴロウさんみたいなもんや、あの人は動物が好きだから動物と生活してるやろ。
似たようなもんや(笑)

 
 

ウェーブプール”コウベレイーズ”生みの親、押部氏にフォーカス【後編】へ続く。

施設情報

KOBE-REYES(コウベレイーズ)

-場所: Kobe天空リゾート みのたにグリーンスポーツホテル敷地内
-住所: 神戸市北区山田町原野1-1
-TEL:078-595-7081
-公式WEB: http://www.kobe-reyes.com/

KOBE-KINGS(神戸キングス)

-場所: Kobe天空リゾート みのたにグリーンスポーツホテル敷地内
-住所: 神戸市北区山田町原野1-1
-TEL:078-595-7162
-公式WEB: http://www.kobe-kings.com/

FUKUOKA-KINGS(福岡キングス)

-住所: 福岡県飯塚市内住2066
-TEL:0948-72-0319
-公式WEB: http://www.fukuoka-kings.com

OSAKA-KINGS(大阪キングス)

-住所: 京都府京田辺市天王中別所76‐1
-TEL:0774-65-0525
-公式WEB: http://osaka-kings.com/

CHIBA-KINGS(千葉キングス)

-住所: 千葉県市原市中高根1339-20
-TEL:0436-50-3088
-公式WEB: http://www.chibakings.com/

TOYAMA-KINGS(富山キングス)

-住所: 富山県中新川郡立山町芦峅寺31
-TEL:076-482-1130
-公式WEB: http://www.toyamakings.com/

 

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る