スノーボード好きで有名な芸能人たち5人をご紹介!

%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%80%80%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%83%e3%83%88

我々が大好きな冬の遊び、スノーボード。真っ白なキャンバスのうえを自由に滑ることを一度覚えたら、その楽しさにハマってどんどん追求していきたくなるのは一般人だろうが有名人だろうが同じこと!
今回は、そんなスノーボードに虜にされた、今もっとも旬な芸能人たちを紹介していきます。
もしかしたらゲレンデで遭遇することがあるかも……!?

目次

※リンクをクリックすると知りたい事柄にスムーズに飛べます。

野村周平
GACKET
ゴールデンボンバー
GLAY
大島優子

ad

R/ForAの公式YOUTUBE Channel絶賛運用中!
動画コンテンツでR/ForA MAGAZINEを楽しみたい方は、上のYou Tubeバナーからチャンネル登録。

野村周平

1_野村周平

credit : http://artist.amuse.co.jp/artist/nomura_shuhei/

”アミューズ全国オーディション2009”で応募総数3万人以上のなかからグランプリを受賞し、多くのテレビドラマや映画、CMなどで活躍する人気の若手俳優、野村周平。
そんな彼は、スノーボードやBMXを特技とする超アクティブ派。芸能界入する前は、かなり本気でスノーボードに取り組み、その実力はライダーレベルなのです。その証拠に、所属事務所のプロフィールには過去にスノーボードの大会で受賞した記録が!

もともとは兄の影響でスノーボードをはじめたそうですが、めきめきと頭角を顕して中学時代は数々の大会で表彰台に上っています。
当時は今年2016年夏にオープンした”KOBE REYES“で話題を呼んだレスポンスエンジニアが最初に産み出した神戸KINGSにも通っていて、岡本圭司や角野友基とのらプロライダーとの親交も深いようです。
2015年にはスノーボード専門誌「Transworld Japan SNOWBoarding」4月号の特集内に登場するなど、野村にとってスノーボードは完全に芸能人の趣味以上のものであり、間違いなく芸能界イチの実力者でしょう。イケメンなうえにスノーボードも上手いなんて、天は二物を与えてくれるものです。

instagram : qs86_shuhei

彼のinstagramアカウントを覗いてみれば一目瞭然。
アクションスポーツ好きなのが分かります。

冬支度完了

QS86_shuheiさん(@qs86_shuhei)が投稿した写真 –

みんなに撮って貰って嬉しいです😭📽@akachimen

QS86_shuheiさん(@qs86_shuhei)が投稿した動画 –

GACKET

2_gackt
credit : http://www.gackt.com/page/kissmark/

これまでにCDシングル44枚、アルバム15枚をリリースしている人気ミュージシャンであり、そのクールでありながらも独特のキャラクターがうけ、多くのバラエティ番組に出演するGACKET。色白で日光が苦手というもろインドアなイメージとは裏腹に、30代後半からはじめたというスノーボードにハマって雪山へ頻繁に通うなど、そのスノーボード好きはファンの間でも有名です。
そして、アルペンのプライベートブランドとコラボしてアイテムをリリースしたり、CMで自らのライディング姿を披露したことで、広くスノーボードが好きな芸能人として知られるようになりました。さらには、「スノーボードが上手くなりたくて、山を買った」なんてエピソードまであるのです。
もともとはスキーをしていましたが、友人に「3日あっても絶対スノーボードはできるようにならない」と言われたことへの悔しさから挑戦することとなり、次第にハマっていったのだとか。
はじめた時期が遅かったにも関わらず、できない悔しさをバネに上達するなんて、さすがです! その実力云々は抜きに、スノーボード好きを公言し、スノーボードの普及にもひと役かってくれていることは、間違いないでしょう。

ゴールデンボンバー

3_金爆

credit : goldenbomber.jp

ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーのメンバーでは、ギターの喜矢武豊とドラムの樽美酒研二のふたりがスノーボード好きとして知られています。
2014年ソチオリンピック・スロープスタイル日本代表である角野友基の壮行会にはサプライズ登場し、エールを送りました。喜矢武は正月にプロスノーボーダーのゴッチや岩垂かれんらとカナダ・ウィスラーでスノーボードを楽しみ、ライディング姿も公開されています(岩垂かれんとは熱愛疑惑もネット上で浮上していますが、本人はスノーボード仲間として報道を否定)。
プライベートでも仲のいい喜矢武と樽美酒はよく二人でスノーボード合宿をしていて、その様子はオフィシャルブログにもアップされています。
カナダトリップは樽美酒も誘われたそうですが、飛行機NG、英語NGということで断ったようです。
高校まで本気で野球に励み、運動神経抜群と言われている樽美酒のスノーボードの腕前も期待できそうです。ただ、あまりにもメイクが濃すぎるので、もしゲレンデで遭遇してもスッピンの状態なら気づかないかもしれませんね……!

GLAY

4_GLAY
credit : http://www.glay.co.jp/

メンバー全員が北海道函館出身という、ロックバンドのGLAY。雪国育ちなので必然的に幼い頃から雪に親しみ当然スキーもできるようですが、なかでもボーカルのTERUとベースのJIROはスノーボード好きとして知られています。TERUのスノーボード姿はこれまで自身のInstagramなどでも公開されていますが、昨年秋には現役プロライダーとニュージーランドでスノーボード合宿を決行したことが話題に。
選手ばりの合宿生活を9日間送り、かなり上達したようです。
オシャレでファッションアイコン的存在のJIROの趣味はカメラとスノーボード。ホームマウンテンは北海道の旭岳で、年末には毎年仲間とスノーボードトリップへ行っているのだとか。
一緒に滑る仲間にはライダーの鈴木伯の名前もあり、本気度が伺えます。
そしてファンクラブ会報の取材では、スノーボードトリップに同行したスタッフがまったくついていけなかったというエピソードがあるほど、滑りのスキルも高いようです。また、ギターのHISASHIもスノーボーダーで、ラジオ番組のロケでスノーボードに行ったこともあります。
GLAYの冬の定番ソングにゲレンデでもよく流れている「Winter Again」がありますが、リアルにスノーボードを楽しむ彼らだからこそ生まれる楽曲なのかもしれません。

大島優子

5_大島優子

credit : YOUTUBE

ミュージシャンだけでなく、アイドルにだってスノーボード好きはいます。
元AKB48のセンターを務め、現在は女優として活躍する大島優子がそのひとり。スノーボードは9歳からはじめ、歌手のaikoなどとプライベートでゲレンデへと足を運んでいることをブログにアップしています。彼女がスノーボーダーであるということは、今秋に公開される東野圭吾原作『疾風ロンド』への出演で知られるようになりました。
野沢温泉スキー場を舞台とするこの作品で彼女が演じるのは、スノーボードクロス選手役なのです。実際の雪上アクションにも挑んでいるらくし、そこそこ腕に自信があるようです。
ライディングしている姿はyoutubeにもアップされているので興味のある方はチェックを!


スノーボード好きで知られる旬な芸能人を紹介しましたが、まだまだ芸能界にはスノーボーダーがたくさんいます。hyde、ヒロミ、杉浦太陽、真木蔵人、藤原ヒロシ、富永愛などなど、実は一般人にまぎれて同じゲレンデで楽しんでいる大物がすぐ近くにいるかもしれません。
性別・年齢・職業・社会的立場……あらゆること肩書きを越えて、誰もが楽しめるのがスノーボードの魅力。
スノーボードを履いて雪山に立ったら、アナタもどんな有名人も、誰もが同じスノーボーダーなのだから。

 
 
当コンテンツの掲載記事内容や画像に何か問題がございましたら、
CONTACTページからご連絡ください。
迅速に対応致します。


この記事の著者

Makiko Kishino

Makiko Kishinoライター・エディター

白馬でスノーボードショップを営む、元スノーボード誌編集者のフリーライター。
田舎ライフをマイペースに満喫しながら、とことん遊びを追求しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る