温泉とスノーボードを楽しむことができるエリア8選

shutterstock_97462019

身体を芯から温め、疲労回復を促し、病気やケガにも効能がある温泉は、古くから日本人に親しみがある人気のお出かけスポットです。
日本には火山が多いため温泉地は全国各地に3085箇所もあり、その近辺に冬にスノーボードを楽しめるスキー場がある場合も少なくありません。スノーボードと温泉、いっぺんに両方楽しめるなんて、われわれスノーボーダーにとってはまさに天国! そこで今回は、本州でアフタースノーに極上の温泉を堪能できるオススメのエリアを厳選して紹介していきます。

目次

※リンクをクリックすると知りたい事柄にスムーズに飛べます。

十和田湖温泉(青森県十和田市)
山形蔵王温泉(山形県山形市)
草津温泉(群馬県吾妻郡草津町)
万座温泉(群馬県吾妻郡嬬恋村)
鬼怒川温泉(栃木県日光市)
松之山温泉(新潟県十日町市)
湯田中渋温泉(長野県下高井郡山ノ内町)
野沢温泉(長野県下高井郡野沢温泉村)

ad

R/ForAの公式YOUTUBE Channel絶賛運用中!
動画コンテンツでR/ForA MAGAZINEを楽しみたい方は、上のYou Tubeバナーからチャンネル登録。

十和田湖温泉郷

01_towadako

青森県にある十和田湖は、四季を通して豊かな自然のなかでさまざまな遊びを満喫できる、東北を代表する観光地です。そんな十和田湖周辺には、歴史ある十和田湖温泉郷と十和田湖畔温泉があり、十和田湖温泉郷の泉質は単純温泉で神経痛、婦人病、リウマチなどに効能があります。
冬には温泉郷からすぐの山の斜面に十和田湖スキー場がオープンします。ゲレンデは初中級者向けコースがメインのアットホームな雰囲気で、山頂から八甲田山を望む眺望とドライな雪質が魅力です。大規模なスキー場ではないので、あくまでもスノーボードをガッツリというよりは、温泉でのんびり過ごすほうをメインに、滑りも楽しみたいという人にいち押しです。
ゲレンデでは夜10時までナイター営業を行っているので、昼間とはひと味違った夜のスノーボードを満喫して思い切りリフレッシュしてから、温泉宿に戻って冷えた身体をじっくり温め、日頃の疲れを癒すことができます。

付近のスキー場

十和田湖温泉スキー場 : www.oirase.or.jp/

山形蔵王温泉

02_yamagatazao

蔵王温泉は、山形県山形市の南東部・蔵王連峰の西麓、標高880m地点に位置する山形を代表する温泉地のひとつです。樹氷が有名なビッグスケールのゲレンデ・山形蔵王温泉スキー場を併設しており、冬は多くのスキーヤー&スノーボーダーが訪れます。
開湯は1900年前と歴史が古く、多くの旅館が代々受け継いできた家庭的な雰囲気を持ち、落ち着いた佇まいの温泉街には5つの温泉群と47の源泉を持つ源泉掛け流しのスタイルの3つの共同浴場(上湯、川原湯、下湯)があります。温泉は強酸性の硫黄泉で、体内水分量を増加させて肌と血管を若返らせ、また美肌も促進してくれるとされています。
言わずと知れた蔵王温泉スキー場は東北最大級のゲレンデで、あらゆるレベルの滑り手を満足させてくれること間違いありません。上質なパウダーも味わえる広大なゲレンデには26のコースと42基のリフト&ゴンドラがあり、何日でも滞在したくなることでしょう。
http://www.zao-spa.or.jp/

付近のスキー場

山形蔵王温泉スキー場 : http://www.zao-ski.or.jp/

草津温泉

03_kinugawa
群馬県の草津温泉は、江戸時代に儒学者の林羅山が兵庫の有馬温泉、岐阜の下呂温泉とともに詩文集第三にて天下の三名湯と記したことから、日本三名泉と称される日本を代表する温泉地です。草津といえば街を象徴する湯畑や、名物の湯もみが広く知られています。そんな 超有名温泉地に隣接するのが草津国際スキー場。
スキー場の歴史は古く、日本ではじめてリフトがかけられたスキー場でもあります。
標高2171mの本白根山をピークに、多彩な10コースがレイアウトされ、標高差926mを一気に滑り降りることができるフィールドは滑り応え十分!
存分にスノーボードを楽しんだ後のお楽しみである温泉は、基本的に酸性泉で神経痛や筋肉痛、冷え性、成人病などなまざまな症状に効能があり、古くから湯治の場として利用されています。本当によく効くと評判の温が疲れた身体を癒してくれるので、翌日のことを気にせず思い切りライディングを楽しめるはず!
http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/

付近のスキー場

草津国際スキー場 : https://www.kusatsu-kokusai.com/winter/index

万座温泉

04_manza

草津と同じく群馬県にある万座温泉は、白根火山帯西麓と万座山の谷間、海抜1,800m地点の上信越国立公園内に位置します。毎分3,750Lもの豊富な湧出量がある万座温泉の特徴は白濁または黄濁した湯で、硫黄成分の含有量日本一を誇る温泉です。また、万座は通年自家用車で行ける日本最高所にある温泉でもあります。
そんな万座温泉にあるプリンスホテル系列の万座温泉スキー場は、国内でも有数の良質なパウダースノーを誇り、”粉雪の万座”として知られるスキー場です。ゲレンデ全体はコンパクトながら、9つあるコースには緩急があり、パウダー好きからキッズ連れのファミリーまで幅広い層が楽しめます。
グッドコンディションの雪でライディングを満喫し、さらに豊富な良泉でのんびり温泉も楽しみたいなら、もってこいの環境です。
http://www.manzaonsen.gr.jp/index.php

付近のスキー場

万座温泉スキー場 : http://www.princehotels.co.jp/ski/manza/

ad
R/ForAの公式オンラインストア開設!
このオンラインストアでしか購入できないステッカーなどもラインナップ中。
上のR/ForA STOREバナーからどうぞ。

鬼怒川温泉

05_kinugawa

栃木県日光市にある鬼怒川温泉は、江戸時代に発見され、当時は限られた位の人のみが入ることを許された由緒正しい温泉です。
温泉が明治以降に一般開放されてからは、鬼怒川渓谷沿いに旅館やホテルが建ち並び、関東有数の大型温泉地となっています。お湯はアルカリ性単純温泉の肌に優しい軟らかな泉質で、神経痛や五十肩、疲労回復や健康増進に効くといわれています。
鬼怒川温泉の周辺には多くのレジャースポットがありますが、30分程度でアクセスできる近隣のスキー場へ行くためのベースとして冬に利用する人も多くいます。関東で随一の規模を誇るゲレンデ・ハンターマウンテン那須塩原や、ファミリーに人気のエーデルワイススキーリゾートなど、レベルや目的に合わせてスキー場を選べるのもうれしいポイントです。また、鬼怒川沿いの両岸に建ち並ぶホテルや旅館のほとんどが日帰り入浴可能なので、スノーボード帰りに立ち寄るのもオススメです。
http://edelsnow.com/

付近のスキー場

ハンターマウンテン塩原 : http://www.hunter.co.jp/winter/

松之山温泉

06_matsunoyama

草津温泉、有馬温泉とともに”日本三大薬湯”として知られる新潟県の松之山温泉。多くのスキー場がある人気の湯沢エリアから車で45分程度の山奥に位置します。周辺は美人林と呼ばれるブナ林や棚田、昔ながらの茅葺き屋根の民家などに囲まれた静かな里山にあり、田舎の温もりを感じられる温泉郷です。温泉はホウ酸の含有量が日本一、メタケイ酸も多く含む塩分の強い湯で、湯冷めしにくく美肌効果に優れ、傷も癒してくれるといわれています。前述の通り湯沢エリアへのアクセスも可能ですが、最寄りにあるのが温泉郷に隣接する松之山スキー場がです。リフトが2本で全5コースといたってシンプルながら、雪質・降雪量ともに恵まれ、混雑も少ないため根強いファンが多い穴場的存在となっています。ベースが一ヶ所なので小さなこども連れも迷子の心配がなく、ゲレンデ上部には非圧雪コースもあってパウダー好きも大満足!さらにアフタースノーは薬湯効果の高い温泉で癒される、玄人好みのスポットです。
http://www.matsunoyama.com/

付近のスキー場

松之山温泉スキー場 : http://www.matsunoyama-ski.com/

湯田中渋温泉

2,000m級の山々が連なり、19ものスキー場が集結する人気スノーリゾート・志賀高原の麓に広がる湯田中渋温泉郷。
ここは、渋温泉や湯田中温泉、地獄谷温泉などこのエリア一帯に点在する9つの温泉の総称で、それぞれに味わい深い個性を持ちます。石畳の温泉街が情緒深い渋温泉は、地面を掘ればすぐお湯が出てしまうというほど源泉が多く、長野県内でも豊富な湯量と泉質を誇ります。源泉によって成分が異なるので、褐色を帯びた鉄分が多いものから白濁色、緑がかったもの、無色透明など、さまざまなお温を一度に贅沢に味わえるのが醍醐味です。
もちろん効能もさまざまなので、目的や体調に合わせて湯めぐりができます。
そして、志賀高原は52基のリフトとゴンドラを備える超ビッグスケールが自慢の言わずと知れた日本を代表するスノーリゾートなので、ウィンタースポーツ好きなら、一度は行きたいエリアです。
http://www.shibuonsen.net/
http://yudanaka-onsen.info/

付近のスキー場

志賀高原エリアのスキー場 : http://www.shigakogen-ski.com/

野沢温泉

長野県北部に位置する野沢温泉は、近年パウダーブームで外国人スキーヤー&スノーボーダーからも注目を集めるエリアです。
野沢の地に湯が湧いていることはかなり古くから知られ、温泉には江戸時代に一般の人々に湯治が許可された後、 多くの人が訪れるようになったいわれています。村内には30ほどの源泉があり、13ヶ所ある”外湯”は古くから地域住民により管理・利用されている生活の共同の場です。
外湯は建物から泉質や効能まで浴場によってすべて異なるので、何ヶ所まわっても飽きることはありません。そんな温泉好きにはたまらない野沢ですが、スキー場としても規模・雪量・雪質すべてに高クオリティを誇り、幅広い層から人気を集めています。特に多い時は1日で1mちかく降雪するというほどパウダーに恵まれ、ディープで極上の新雪を楽しみたいパウダー好きにはたまらないゲレンデです。
http://nozawa.jp/

付近のスキー場

野沢温泉スキー場 : http://www.nozawaski.com/winter/

 
温泉が近くにあるスキー場は幾多もありますが、良質のお湯と情緒溢れる温泉街で温泉旅行気分も贅沢に味わえる8つのエリアを紹介しました。
温泉と雪、スノーボードと温泉はもはや切っても切り離せない存在です。せっかく湯の国・日本に生まれたのだから、スノーボードといっしょに風情ある独特の温泉文化も楽しんでください。

この記事の著者

Makiko Kishino

Makiko Kishinoライター・エディター

白馬でスノーボードショップを営む、元スノーボード誌編集者のフリーライター。
田舎ライフをマイペースに満喫しながら、とことん遊びを追求しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る