【電動スケートボード + バックパック】”Movpak”は画期的な乗り物になり得るのか!?

Movpak

バックパックと電動スケートボードを掛け合わせてしまうという斬新なアイディアが形になろうとしている。
現在このプロジェクトはクラウドファンディングのIndiegogoで資金調達中で、応援してくれる人を募集している状態だ。

Movpak

確かに、持ち運びが面倒なロングスケートボードをバックパックの中に収納して持ち運びできるという発想はかなり斬新。
人力の移動手段として慣れ親しまれている自転車のように置く場所を考える必要もないのだ。
その上、スケートボード部分を取り外すことも可能で、通常のバックパックとして使うこともできる。

スクリーンショット 2016-05-25 11.27.31

動画の中で紹介されているが、電動スケートボードの操作はリモコンで行うことができ、発信機のようなトラッキング機能もついているので盗難に遭ってもスマートフォンから居場所を確認することができる。

“こんなもの流行るの?”
と疑うことなかれ、現在当たり前のように使われているもの、例えばインターネットだってひと昔前は軍事用としてしか使われていなかった。
それが生活の中でインターネットを使わない方が難しいほど浸透した。
特に消費よりもライフスタイルを豊かにしようとする傾向の強い消費者に対して、今まで通りの戦略では物が売れなくなってきているわけで、どんな商品がヒットするかを予測することが難しくなってきている。
リリースされてから、横乗り業界を飛び出して一般的にも普及するのか、そのインパクトの大きさを見守りたい。

一つ気になる点を挙げるとするなら、この構造上テールに後ろ足が置けないという部分。
クルージングしていると、何かとテールに後ろ足を置きたくなると思うのだが、そもそも電動スケートボードだからプッシュはしない体で作られているためテールには後ろ足は乗せないということが前提なのだろうか。
もしスケーターが購入したら不満に思いそうなものだが、いかがだろうか。

価格

現段階では599ドルと公表されている。
約600ドルで、現在1ドル=110円程度なので66,000円で購入可能。
バックパックとしては高いが、移動手段にもなると考えれば安いかも!?

movpak 公式HP

 

R/ForA magazine公式twitterでのアンケート

現状販売されていないMovpakだが、販売されていたら買うかどうかをTwitter上でアンケート調査をしてみた。
結果としては、上を参照してもらえば分かる通り、“買わない”という回答が過半数を占める結果となった。
このアンケート結果を受けて、爆発的に売れる気配がないもののクラウドファンディングで、資金調達が順調に進んでいるというのだから、アメリカという国の懐の深さを改めて感じた。

重量のある電動スケートボードを手で持ち歩く煩わしさの解消案として、背負ってしまうという発想は『なるほど。』と思わせてくれた。
それはそうと、バックパックを買う感覚で買ってしまえば少し高額にはなってしまうが、手は出しやすいのかもしれない。

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る