究極のギャップ「DAVIS」に挑むクリス・ジョスリンのシューティング映像

クリス・ジョスリン

スケートボードの魅力の一つにビッグトリックがある。

その中でもギャップを使ったトリックはスケートに興味がない者をも魅了する。

過去にAndrew Reynolds(アンドリュー・レイノルズ)がStay Goldのラストトリックでキックフリップをメイクしたことで有名な特大ギャップ「DAVIS」に、PLAN-BのChris Joslin(クリス・ジョスリン)が360フリップをハンマーメイク。

TAMPA PRO 2016でベストトリック賞にも輝いているだけに、ビッグトリッカーとして地位を確立しつつあるクリスのシューティング映像をどうぞ。

 

 

この記事の著者

R/ForA magazine

R/ForA magazine

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る