平岡卓・片山来夢・子出藤歩夢がファイナルに駒を進める! BURTON US OPEN 2016ハーフパイプ

1本目 平野

BURTON US OPEN 2016ハーフパイプの準決勝が先ほど終了し、日本の片山来夢が2位・平岡卓が7位・子出藤歩夢が10位という順位でファイナルに駒を進めたが、大本命の平野歩夢が13位という順位で準決勝敗退という結果に。
昨年度の同コンテストでは、平岡卓が優勝し平野歩夢が3位に輝いただけに大きなプレッシャーのかかる準決勝だった。

アイシーで板が走る様子の今回のパイプ。
スロープスタイル準決勝の時の強風は何処吹く風、風という面では最高のコンディションでの戦いだけに実力がダイレクトに結果に反映される中で圧巻の滑り。

1本目

平岡卓はキャブ ダブルコーク1080でノーズが詰まりバランスを崩してしまう。
青野令もラストトリックのフロント1440でバランスを崩す。

平野歩夢は1本目、確実にスコアを刻むために

キャブダブルコーク1080

クリップラージャパングラブ

バックサイド900 melon

フロントダブルコーク1080

スイッチアーリーウープロデオ

と繋ぎ、71.0 ptと納得がいかないが1本目を8位で折り返す。

スクリーンショット 2016-03-04 5.37.12
1本目終了の段階で1位通過は出場することに注目が集まったレジェンドShaun White(ショーン・ホワイト)

2本目

スクリーンショット 2016-03-04 6.53.39
片山来夢がスムースでスキルフルなルーティーンを決め、90.5 ptという高得点をマーク。

平岡卓
フロント540 indy

バックサイド900 mute

フロントダブルコーク1080

キャブダブルコーク1080

フロント900 melon
で77.50 ptをマーク。

注目の平野歩夢は1本目と変わらないルーティンで挑むが3本目のバックサイド900 melonでリップに弾かれてしまい、2本目も得点を伸ばすことができなかった。

スクリーンショット 2016-03-04 6.46.26

ラン後にとても落ち込んだ様子で、平岡卓に決勝は任せたと言わんばかりに肩を叩いていたのが印象的だった。
決勝では歩夢の分まで去年の覇者平岡卓・日本ハーフパイプ界のアップカマー片山来夢の滑りを期待しよう!

男子ハーフパイプ準決勝リザルト

スクリーンショット 2016-03-04 6.47.30
 

この記事の著者

R/ForA magazine

R/ForA magazine

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る