37 Late ShoveIt(レイトショービット)

レイトショービット

stance – スタンス

レイトショービット レイトショービット

レイトショービットのスタンスはオーリーと変わらないスタンスで

事前に習得しておきたいトリック

09 Ollie(オーリー)

keypoint

・しっかりと両膝を体に引き付けた状態にすることによってデッキに圧をかけやすい(回しやすい)

・オーリーが余裕でできて滞空時間をある程度稼げないとメイクは難しいのでオーリーを徹底的に練習しよう。

・エアーのピークまでを前半とするなら、後半で全てが決まると言って良い。

レイトショービットの手順

Approach – アプローチ

エアーのピークまでは、オーリーの動きと全く変わらない。

Air Peak- エアピーク

ピーク時に前足で背中側へ後ろ足で腹側にデッキに力を加えてショービット回転をさせていく。

前足はノーズが下がると同時に背中側に送り出すと回しやすい。

Landing – ランディング

デッキの回転を良く見て着地していこう。

rideradvice

前足のつま先でデッキコントロールする意識を持って回しにかかろう。
前足がショービット回転の軸となるが、後ろ足でデッキを送ることも忘れずに。

極論、レイトショービットはこういうこと。

レイトショービット 一言

レイトショービットのおさらい

 

この記事の著者

R/ForA magazine

R/ForA magazine

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る