17 Half Cab(ハーフキャブ)

ハーフキャブ

stance – スタンス

ハーフキャブ スタンス ハーフキャブ スタンス

左 : グーフィー
右 : レギュラー

・オーリー足はフェイキーオーリーと比べて少し角度をつける。

・テール足は少し角度をつけてガニ股っぽくスタンスするとテールを弾きやすい。

事前に習得しておきたいトリック

09 Ollie(オーリー)
12 Backside180(バックサイド180)
16 FakieOllie(フェイキーオーリー)

keypoint

・フェイキースタンスでバックサイド180をするようなイメージで挑むと動きを理解しやすい。

・高さを出すためには、オーリー足の動きが重要になるので映像を良く見よう。

・重心が後傾になりやすいトリックなので、重心は体の中心線上に置くようにしよう。

ハーフキャブの手順

Approach – アプローチ

フェイキースタンスで安定したアプローチを心がける。

ための段階で回転方向とは逆方向に上半身を振ることも忘れずに。
慣れてくればそれ程意識しなくても良いが練習し始めは特に意識するように。

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%95%e3%82%99 %e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%95%e3%82%992

Entry – エントリー

体を伸ばしていくと同時に上半身を回転方向に開いていこう。

回転に合わせて斜め前方向(進行方向)にテールは蹴り出していく。
ここで進行方向に蹴り出すことを意識し過ぎて、デッキが体の中心から離れてしまわないように心がけよう。

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%95%e3%82%99%e3%80%80%e8%b9%b4%e3%82%8a%e5%87%ba%e3%81%97

Trick – トリック

オーリー足でデッキを持ち上げつつ、進行方向に押し出していくイメージ。

Air Peak- エアピーク

ピークで90°回転し、残りの90°は回転の勢いと下半身の動きで回していこう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-19-50-03

Landing – ランディング

最初のうちは4輪同時着地ではなく、テールウィールから着いてドライブで合わせてもOK。
練習していくうちに高さを出せるようになったら、4輪同時着地を狙おう。

rideradvice

ハーフキャブを練習し始める前に、フェイキースタンスでハーフキャブ方向のエンドオーバーを練習しておくと”デッキを横回転させる”ことの感覚が掴めるかもしれないからやってみても良いと思う。

極論、ハーフキャブはこういうこと。

ハーフキャブ 一言

ハーフキャブのおさらい

ハーフキャブを練習する上で聞きたい質問に船登晃が答えてくれる!


※もう少し下にスクロールするとコメント記入欄があるので、そちらから随時質問募集中です。
何気ない疑問や、練習中のトリックの引っかかる点など気軽にご質問下さい!
(名前・E-MAIL・URLなど記入しなくても問題ありません。)

この記事の著者

R/ForA magazine

R/ForA magazine

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る