11 Frontside 360(フロントサイド360)

フロントサイド360

事前に習得しておきたいトリック

10 FrontSide180 (フロントサイド180)

stance – スタンス

フロント360 フロント360

左 : グーフィー
右 : レギュラー

前足はフロントサイド180に比べて更につま先をデッキから出すような位置にスタンスしよう。

後ろ足もフロントサイド180よりも更に背中側にズラし、角度をつけてスタンスする。

フロント180とフロント360のスタンスの違い

keypoint
・前足で完璧にデッキを捉えて回し切ろう。

・目線の送り方にも映像を参考にして真似てみよう!

・最初は回転不足になりがちで、回転が270°くらいで止まってしまうため、自分が思っているよりも先行動作を強めに取ろう。

フロント360の手順

Approach – アプローチ

フロント180とフロント360の先行動作の違い
先行動作では前腕が真横を向くくらいまで回転とは反対方向に大きく振ってタメ作ろう。

そこから、体を伸ばしていきながら回転方向に前腕を振っていこう。

Entry – エントリー

フロント360

この時に体の軸はデッキの中心から若干テール寄りにズラしてみよう。
少し捲られ気味で回すことで、体全体で360°回し切るための回転力をつけることができる。

Trick – トリック

上半身がフロントサイド方向に180°回転したタイミングでテールを弾いていく。

つま先を出した前足をデッキに絡ませるようにしてフロントサイド方向へ回していこう。

Air Peak- エアピーク

デッキが半回転(180°)した状態がエアのピークになるようにして、目線はまだ進行方向に向けたまま。

そこから前足を下ろしていく力に合わせて残りの180°回していこう。

フロント360 ピーク1 フロント360 ピーク2

回転に合わせて目線も進行方向とは逆方向に徐々に向けていく。

上半身は180°回転した状態から動かさないことを意識する。

Landing – ランディング

着地したタイミングで上半身を進行方向に向けていく。

デッキの回転が足りていなければドライブで合わせていこう。

極論、フロント360はこういうこと。

フロントサイド360 一言

フロント360のおさらい

フロント360を練習する上で聞きたい質問に船登晃が答えてくれる!

Q , 確かに先行動作を180より強めに入れると3/4くらいは回るんですけど、残りが回りません。回し切るコツを教えて欲しいです!

S__4350083わかるよ〜
なかなか言葉で伝えるのは難しいけど、やっぱり全てはテールの持っていき方だと思う。
テールを上手く蹴り出せれば、360°回る気がするけど、上手く蹴り出せないと俺も270°で止まってしまうことが多い。
ここで言うのもなんだから、俺のHOW TOを参考にしてくれ笑

Q , テールを弾く瞬間って、目線はどこを見てると回しやすいですか?デッキを見たままでも問題ないですか?

S__4350083じゃ逆に言うと、デッキ以外どこ見るの?笑
デッキはしっかり見ておこう。笑
でも弾く瞬間はやっぱりテールを見てるかな。


※もう少し下にスクロールするとコメント記入欄があるので、そちらから随時質問募集中です。
何気ない疑問や、練習中のトリックの引っかかる点など気軽にご質問下さい!
(名前・E-MAIL・URLなど記入しなくても問題ありません。)

この記事の著者

R/ForA magazine

R/ForA magazine

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る