07 360ShoveIt(360ショービット)

360ショービット

stance – スタンス

360ショービット スタンス 360ショービット スタンス

左 : グーフィー
右 : レギュラー

・前足は背中側に寄せ、角度を付けてスタンスする。

・後ろ足はショービットの回転をかけやすくする為に、つま先をかなり出して指でテールの横っ腹を掴むようなスタンス。

事前に習得しておきたいトリック

05 Shove It(ショービット)

keypoint
・ここでも基本となるのが体の軸はズラさずにトリックに挑むということ。

・回転の補助となる前足の動きが意外とキーポイントとなる。

トリックの手順

Entry – エントリー

・通常のショービットよりも滞空時間が必要なので少し深めにタメを作る。

・一気に体を伸ばしていく。

Trick – トリック

・体が伸び切るタイミングで、後ろ足でテールを背中側斜め前方にシャクる。

・この時にポップではないので、テールに対して真下に掛かる力はほとんど必要ない。

360shoveit

・同時に前足でもデッキに回転力を加えるために腹側にデッキを押し出す動きをする。

Landing – ランディング

・360°回転するため、回転が早いが良く見て前足でキャッチできるように心がけよう。

・やはり着地が最も難しいので、何度もトライして感覚を掴もう。

rideradvice
・余計なことは考えずに、後ろ足はスタンダードショービットの2倍の力でシャクるイメージを持つようにしてみよう。

最初のうちは着地の時に前足だけ乗せる練習をして、回転の感覚が掴めてきたら両足を乗せにいこう。

ライダーの一言

360ショービット 一言

360ショービットのおさらい


※もう少し下にスクロールするとコメント記入欄があるので、そちらから随時質問募集中です。
何気ない疑問や、練習中のトリックの引っかかる点など気軽にご質問下さい!
(名前・E-MAIL・URLなど記入しなくても問題ありません。)

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る