スノーボードをする際に覚えておきたいメイクの基礎知識とアフターケア

女性メイク

ゲレンデでスノーボードを目一杯楽しむガールズってキラキラして見えるもの!
だけど、実はお肌のトラブルなどの悩みを抱えている女子が多いんです。
スノーボードはときに過酷な自然環境のなかで楽しむアクティビティーなだけに、日常とは違ったケアも大切! 今回は、雪山女子に向けた、スノーボードで役立つメイクのヒントを紹介します。

目次

※リンクをクリックすると知りたい事柄にスムーズに飛べます。

雪山で欠かせないメイクとは
日焼け対策アイテムの選び方
大事にしたいアフターケア

ad

【絶賛ライターさん募集中】
スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。
もちろん文字数に対して、報酬もお支払します。
上のバナーをクリックして【ライターの件】という題名をつけてご連絡下さい。

雪山で欠かせないメイクとは!

雪面 太陽照り返し

そもそもスノーボードで滑っている時って、ゴーグルやフェイスマスクで顔の大半を隠しているのだから、メイクは必要なの? という人もいます。
実際、スノーボード中はバッチリメイクの人もいれば、スッピンの人もいます。まつげに塗ったマスカラが落ちてパンダになるくらいなら、スッピンのほうがいいというのも一理あるし、メイクでウエアが汚れる可能性だってあります。

それに、メイクにかかる時間を滑ることに回したいというストイックな意見も。
実際に滑るときは顔を出すことはほぼないので、人に顔を見せるのは休憩中くらいになりますから、そのためのメイクにどれだけ力を入れるかは、人それぞれで良いのです。

ベースメイクには力を入れて

手を抜かず最低限しっかりとやるべきなのが、ベースメイク
具体的には、紫外線と乾燥対策になります。ゲレンデでは風をもろに受けて肌が乾燥し、冷えて血行も低下しがち。
さらに、雪面では紫外線の照り返しが90%あるとも言われ、街中や夏のビーチよりも紫外線が強いのです
太陽が出ていない曇りの日だって、降り注ぐ紫外線の量は変わりません。また、屋内では暖房がガンガンきいているので、さらにお肌はカサカサになる一方。
冬だから日焼けは気にしないで大丈夫とあなどっていたら、あっという間にお肌がボロボロになってしまいます。

そこで実践してほしいのが、日焼け止めとファンデーションを重ね塗りして壁を作ること
ベースがしっかりしていれば、化粧をしたときの持ちもよくなります。
日焼け止め、ファンデーション、フェイスパウダーを塗り重ね、ゴーグル、フェイスマスクなどのUVカットアイテムを重ねるとさらに効果的です。

日焼け止めの塗り方にも一工夫

どんなにSPFやPAの数値が高い日焼け止めを使用していても滑走中にとれていってしまうので、休憩などに何度もマメに塗り直し、できれば2~3時間おきに塗り直すのが理想。紫外線防止効果を持ったパウダーファンデーションを使うと、化粧直しもしやすくてオススメです。
塗り方のポイントとしては、雪焼けは下から襲ってくるので、あごの下にも入念に日焼け止めを塗っておくことが重要です。
また、UVカットと保湿できるリップクリームをまめに塗って唇をケアすることもお忘れなく!

関連記事

ゴーグル焼け(ゴーグルしている以外の部分が焼けてしまう日焼けのこと)を防いでくれるアイテム、フェイスマスクについて詳しく解説している記事をご紹介しておきます。

その他のメイクについて

アイメイク

女の子を可愛く演出するために、最も重要なパーツといえば目。
だからゲレンデに行っても、アイメイクは気合入れて行きたいんだけど。という女の子は少ないはずです。
ですが、基本的には普段よりも薄めを意識して、ウォータープルーフの物を使うと良いでしょう。
滑っている最中に絶対ゴーグルは外さないから大丈夫!と思っていても、スノーボードって多くの汗を掻くので濃いめに塗ってしまうと、滲んでしまってパンダになってしまう可能性が大。

口紅・リップ

ゲレンデで普段よりも魅力的に見せるために、濃い赤色のリップを塗りたい!
と考えている女の子もいるでしょうが、やめておきましょう。
油分が多く含まれている口紅は多くの光を吸収してしまうため、唇が紫外線地獄と化してしまいます。
UVカット効果のあるリップを塗るだけに留めておくのが無難です。
口紅よりももっと女の子らしく振舞うことで男の目線を釘付けにしてやりましょう。
そのために下で紹介する記事が参考になるかと思います。

ad
R/ForAの公式オンラインストア開設!
このオンラインストアでしか購入できないステッカーなどもラインナップ中。
上のR/ForA STOREバナーからどうぞ。

紫外線対策アイテムの選び方

1449638680251194

紫外線にはUV-AUV-Bの2種類があります。従来日焼けを引き起こす原因とされてきたのがUV-B波で、夏に多く冬になると減少します
波長が短く、肌の表皮にダメージを与えて炎症や色素の変化を起こし、肌を黒く日焼けさせるのです。

対してUV-A波は波長が長く、肌の奥まで届いて細胞にダメージを与え、シミシワ、弾力ハリなどを奪う原因となって肌を老化させます。
このUV-A波は冬でも多く、窓ガラスや雲も突き抜けるため、曇りの日や室内でも注意が必要になります。

UVケア製品に表示されるPA値、SPF値ははそれぞれUV-A波とUV-B波に対応するものです。
SPFは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、主にUV-Bの防止効果を表します。

紫外線が当りだしてから日焼けするまでの時間には個人差がありますが、それをどれだけ遅らせることができるかを表します。例えば、SPF30なら日焼けを30倍遅らせることができるという意味です。
1時間以上のレジャーやスポーツにはSPF50以上の使用が良いとされ、丸一日外で楽しむスノーボードでは、なるべく数値の大きいもの使用するようにしましょう。

PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で、UV-Aの防止効果を表します。数値でなく+から++++までの4段階で表示され、+が多いほどUV-Aに対して効果があるということになります。冬の使用やエイジングを気にするなら、このPA値に注目して選ぶといいでしょう。

さらに、スノーボード用としてはこういった値のほかに、ウォータープルーフか、保湿ケアもできるか、ベトベトしないで塗りやすいか、専用クレンジングが不要か、などを総合的に見て選びたいものです。
日焼け止めはUVのカット能力が大切ですが、紫外線ダメージから肌を守るための保湿力や美容成分が合わせて入っている「スキンケアUV」がおすすめです。各メーカーにより入っている美容成分はさまざまなので、自分に合ったものを選んでみてください。

人気の2大日焼け止め

ANESSA

anessa
パーフェクトUVサンスクリーンA+
SPF50+ PA++++
ウォータープルーフで専用クレンジング不要。超微香性。乳液タイプ。通称「金のアネッサ」

ALLIE

allie
エクストラUVプロテクターS
SPF50+ PA++++
ウォータープルーフで専用クレンジング不要。無香料・パラベン無配合・鉱物油無配合。

大事にしたいアフターケア

スノーボード お肌のアフターケア

日中しっかりベースメイクを施して紫外線や乾燥から肌をプロテクトしたら、アフタースノーにはそれをきちんと洗い流すことも重要です。
せっかく入念に下地を作ったのに、そのままきれいにクレンジングしなければ逆に悪影響。
さらに、スノーボード後の肌は潤いがなくてパサパサ状態なので、メイクをきれいに洗い流したら、水分をたっぷり補充して潤いを与え、さらにクリームなど油分のベールで水分を閉じ込めるのがポイントです。
普段はパパッと化粧水を塗るだけという人も、数分間パックをして化粧水の成分を浸透させるだけで、お肌の回復はまったく違います。
ぷるぷる肌をキープするためには、このひと手間を惜しまないようにしましょう。

お風呂で湯船につかっている時やゆったり癒されている時などは、毛穴が開いて肌も水蒸気で潤い、お手入れするには最適な時間です。
その時間を利用してしっかり潤わせる簡単パックを試してみてください。
毛穴が開いた状態で、市販されているフェイシャルシートなどのローションパックを使用すると、潤った角質に成分が浸透しやすいので効果アップも期待できます。
そしてお風呂上がりは水分が逃げやすいので、すぐにクリームなどでケアしましょう。それだけで、簡単保湿の完成です!


女性の美しさは、まつげの長さやアイシャドウや唇の色だけでつくり上げるのではありません。
きちんとスキンケアをして、美肌を保ってこそ本物の美しさがあるのです。どんなにスノーボードに集中しようと、そこのケアだけは怠らないようにしたいもの。
あとで後悔しないためにも、今から意識して日焼け&乾燥対策を考えたメイクを心がけ、スノーボードも存分に楽しんでください!

この記事の著者

Makiko Kishino

Makiko Kishinoライター・エディター

白馬でスノーボードショップを営む、元スノーボード誌編集者のフリーライター。
田舎ライフをマイペースに満喫しながら、とことん遊びを追求しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る