スノーボード初心者でも安心!持って行くと便利な持ち物!

スノーボード 便利道具

ウィンタースポーツの定番といえばスノーボードスキー
特にお洒落で手軽なスノーボードは、若者達には根強い人気があります。

しかし、友達と気軽にゲレンデへ向かって「あれ持ってくれば良かった!」と後悔してしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで、スノーボードに持って行くと便利な持ち物についてアンケートを取ってみました。

寒さ対策は重要!カイロやテッシュは必需品!

ティッシュ

アンケートの結果、カイロやテッシュを持って行く方が多いようです。
手を温めたり、鼻をかむなど、寒さへの対策は重要なようですね。それに次いでタオルと言う意見も多く挙げられています。

カイロ・ティッシュを持って行った方が良いというコメント

スキーをやってた時に思ったことですが、寒いので予備のカイロを2,3個持っていくことをお勧めします。それと人によっては寒いところにいると鼻血を出す人もいるのでティッシュ以外にも鼻につめる綿を持っておくといいかもしれません。
(20代/男性/会社員)
ホッカイロや五つ指の靴下。とにかく冷えを解消するものを持っていけば便利。
(20代/男性/学生)
滑った後にご飯とかいって暖かいところに行くと温度差で鼻水が出るのでティッシュは絶対持っていきます。あとリフト券と小銭入れがついている小さいポーチは便利。
(20代/女性/専業主婦)
ティッシュ。寒いので、とにかく鼻水がでます、そのときに拭くためです。
(20代/女性/パートアルバイト)
スノーボードが終わったあと、板など雪が溶けて濡れていることが多いので、拭くためにタオルがあれば便利だと思う。
(20代/女性/専業主婦)
ウェストポーチをいつも携帯していきます。スマホや日焼け止め、財布などを入れても身軽にスノーボードを楽しむことができます。
(40代/男性/会社員)
大きめのゴミ袋数枚と湿布。よく転ぶので、ウェアが濡れてしまうので、ウェアを入れる袋としてゴミ袋。それと、転んでいつの間にかあちこち打っているので、湿布。
(40代/女性/会社員)

雪のある寒いゲレンデでは体温調節に気を配ることが重要なようで、カイロや鼻水をかむためのティッシュを持っていく人が多いようです。
ネックウォーマーや動きやすく暖かいインナーという意見も挙げられました。
また、視界を良くするためのサングラスやゴーグル、リフト券や小銭を持ち歩けるような小物入れと言う意見も見られます。
そして、雪の上で転んでしまったり、帰る時にはウェアが濡れてしまうので、タオルや袋なども持って行くと便利。

特にタオルはウェアを拭くだけではなく、沢山滑って汗をかいた時にも使えるので、重宝しますよね!

参考記事

R/ForA magazineがご提案するゲレンデに持っていくと、とても便利なグッズ10個を知りたい方は下記のリンクからどうぞ!

現代人にとって必須な防水ケース

防水ケースや防水グッズですね紫外線がきついのでクリームも必須です
(20代/男性/自由業・フリーランス)
スマホ用防水ケース。ゲレンデで使わなくても、水滴や落下でスマホが破損することもあります。防水・防塵の為にもあると便利。
(40代/女性/専業主婦)
忘れがちですが、雪って溶けたら水分になります。記念撮影をするために持っているスマホを水分から守るために防水ケースで持ち運びましょう。
(20代/男性/個人事業主)

現代人の生活に欠かすことのできなくなったスマートフォン。
もちろんゲレンデにだって持っていって、メッセージや電話で連絡を取り合ったり参考になるHOW TO動画を見たりしたりすると思いますが、防水対策はしっかりしていますか?
防水ケースなどに入れずに雪の中にでも落として、ジャックの中に雪が入って溶けたりすると、その部分が壊れて音楽が聞けなくなったりすることが往々にしてあります。

便利というよりは女性にとっては必須アイテム

日焼け止め。これは必需品ですけれどね、あとウェットティッシュも。
(40代/女性/会社員)
日焼け止め。油断すると顔や手などが真っ黒になってしまうので。
(30代/女性/専業主婦)

こちら女性にとっては便利というよりは必須アイテムと言っても過言ではない、日焼け止め
フェイスマスクやバラクラバを被って日焼け対策をすることはもちろんのことですが、日焼け止めを塗って万全の体制で臨むことが、お肌には大切です。
下に女性向けにゲレンデでのメイクの基本知識とアフターケアのいろはを解説したコラムをご紹介するので、一読あれ!

寒さ対策は欠かせない!帰る時まで気を配って!

スノーボード 帰宅

ウィンタースポーツのスノーボード、やはり寒さ対策は必要不可欠なようですね。

また“家に帰るまでが遠足です”という言葉があるように、帰る時のことまで考えて持って行くものを決める必要があります。
忘れがちなのが、初心者の方は特にですがスノーボードをするとかなり濡れるので、着替えを持っていくことも忘れずに。
バスや電車の交通手段で、手持ちで荷物を持っていく場合は極力荷物を軽量化した方が良いでしょうが、自家用車で行くなら『これは持って行き過ぎかな?』と思うほど持って行って良いでしょう。

気軽に始められるスノーボードですが、ゲレンデに向かう時の持ち物は意外と重要です。
備えあれば憂いなし、スノーボードに行こうと思っている方は、今回のアンケートを参考に持って行くものをもう一度確認してみてはいかがでしょうか?

アンケート概要

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■有効回答数:100サンプル

ad
R/ForAの公式オンラインストア開設!
このオンラインストアでしか購入できないステッカーなどもラインナップ中。
上のR/ForA STOREバナーからどうぞ。

コメント全データ

質問 : “スノーボードに行く時に便利だと思う持ち物を教えて下さい。”

回答一覧

  • スノーボードに行く時に便利だと思う持ち物は、リュックサックです。
    (30代/男性/パートアルバイト)
  • スノーボードのウェアを入れる袋やゴーグル、手袋、ネックウォーマーや小物類を入れる袋、スノーボードとブーツを入れるチャック式のケース。
    (20代/女性/専業主婦)
  • ポーチです。携帯や財布ティッシュなど何でも入って腰などにぶら下げておける物を重宝しています。
    (30代/女性/会社員)
  • ネックウォーマーがいいと思います。風が吹いて雪が舞う時に入らないので便利
    (40代/女性/パートアルバイト)
  • 体力をつかうので休みは必要だし、そして荷物が風に飛ばされてしまうときに守るレジャーシートを用意すると便利です。
    (20代/女性/学生)
  • 角型ハンガーはあると便利。グローブやニット帽ゴーグルは雪で濡れたりするので車の中で干してます。
    (30代/男性/会社員)
  • 出来れば体を温めるカイロとかが、必要不可欠だろうと思います。
    (20代/女性/無職)
  • ハンカチと首からかけれるタイプの防水ポーチはあると便利です。
    (20代/女性/専業主婦)
  • 雪に視界を遮られないようになっている、高性能のゴーグルです。
    (50代/男性/会社員)
  • 雪ですぐにウエァがびしゃびしゃに濡れるので、防水スプレーは必須です。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 携帯カイロ。ウェアで防寒していても、ものすごく冷えるし寒いから
    (20代/女性/パートアルバイト)
  • スノーブラシです。帰るとき車に雪が積もっていたら大変ですので、これがあれば便利です。
    (40代/女性/専業主婦)
  • ネックウォーマーですね。意外とこれがないときついです。
    (20代/男性/パートアルバイト)
  • 寒く気温が下がると、ゴーグルが息で曇ってしまい前や手元が見ずらいので、100均で売っている曇り止めです
    (40代/女性/専業主婦)
  • ゴーグルの曇り止めを持っていると、とても便利ですからおすすめです。
    (40代/女性/自由業・フリーランス)
  • スノーボード専用のインナーを身につけます。これにより、ケガをしなくなるためです。
    (30代/女性/無職)
  • リュックサック。両手が開くことが第一条件だから。なんでも詰め込んで背負ってしまえる。
    (40代/女性/無職)
  • 小銭入れ。ドリンク代と食事代だけを携帯すればいいだけだから大金を持つ必要はない。リフト代は最初に払うし。
    (30代/女性/無職)
  • リュックがあると物も入れられるし、両手が空くのでとても便利です。
    (30代/男性/会社員)
  • 携帯カイロ。やり始めは体があったまっていないので、寒いし動きも堅くなるので。
    (30代/男性/その他専門職)
  • ホッカイロのようないつでも温まれるものがあると手足が冷えた時に対策しやすい
    (20代/男性/無職)
  • 防水加工のポーチですね。これがあると買物も簡単にできます。
    (30代/男性/会社員)
  • 耳栓ですね。これがないと最終的に耳がわるくなることがあります。
    (20代/女性/会社員)
  • スノーボードに行く時に便利だと思う持ち物はフェィスマスクじゃないかな
    (30代/男性/会社員)
  • 濡れても平気なようにポリエステルのファスナーが付いたクリアな袋。
    (40代/女性/その他専門職)
  • 財布やら鍵、スマホといった、身に付けておかなければ心配なものを、まとめてしまっておけるようなウエストポーチ。
    (40代/男性/パートアルバイト)
  • スキー場寒いからホッカイロを余分に持って行った方がいいと思います。
    (40代/女性/パートアルバイト)
  • マイボトル入りの温かい飲み物。目的地までの道中の混雑も考えられるから。
    (50代/女性/自由業・フリーランス)
  • 小分けになってるチョコや飴です。小腹が空いた時にポケットから出して配ると喜ばれます。もし、コースから外れて遭難しても少しくらいなら耐えれます。
    (20代/女性/パートアルバイト)
  • スノーボードに行く時に便利だと思う持ち物は替えの服が入れるような大きなバッグです。
    (30代/男性/会社員)
  • ユニクロのヒートテック。着込みすぎると動きにくいので、薄手で暖かいインナーは有難いです。
    (30代/女性/無職)
  • バッグインバッグとか、地味なものが役立つんじゃないのかなあ・・・
    (40代/女性/会社員)
  • 小銭入れ。リフト券を入れられるようにカード入れ(透明で券を見せやすい物)が付いているとさらに便利。
    (30代/女性/無職)
  • わたしは、スノーボードに行く時に便利だと思う持ち物は分かりません。
    (20代/女性/無職)
  • 便利だと思うものは、小物を入れられるポーチみたいなものです。
    (30代/女性/専業主婦)
  • ボードケースです。ボードやブーツは重いのでなるべくもちやすいものがいいです
    (30代/男性/会社員)
  • 小型の貼れる使い捨てカイロ。末端が冷えるので、手袋の中に入れておくと快適に滑れる。
    (40代/男性/自由業・フリーランス)
  • スノーボードに行く時には、スノーボードを包む袋は持って行った方がキズつかなくて運ぶのも便利です。
    (40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 寒くなってしまうので、カイロなどを持っておくといざという時に役立ちます。
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • 転んでべちょべちょになるので、防水スプレーを持って行っておくと、便利だと思います。
    (30代/女性/その他専門職)
  • スノーボードに行く時に便利だと思う持ち物は、ごはんと温かいお茶です。
    (30代/男性/無職)
  • 小銭入れは助かります。途中休憩したい時とかに小銭入れを持っているとすぐに出せるので便利です。
    (20代/女性/専業主婦)
  • 寒いので、カイロは絶対に必要。あともし迷った時のためにライト。
    (10代/女性/学生)
  • 防水スプレーです。やはり雪の上で転んだりすると水分がウェアにもしみ込んでくることがあるからです。
    (30代/女性/専業主婦)
  • ロングサイズの手袋だと思います。スキーと違って雪に手が触れる回数が多いので短い手袋だと雪がすぐに中に入ってしまい濡れてしまいます。匂いも気になりますし乾かすのも大変なのでロングの手袋があるとそういった手間が軽減されて便利です。
    (30代/女性/専業主婦)
  • シップ、ゴーグル、予備のスキーウェア、すぐにあったまるカイロみたいなアイテムなど。
    (30代/男性/会社員)
  • コロコロ(タイヤ)つきのボードケース。意外とボードが重たいので、これがあると運びが楽になります。
    (20代/女性/会社員)
  • スノーボードに行く時に便利だと思う持ち物は、デジカメとか入れる壊れない容器
    (30代/男性/会社員)
  • 寒いと思いきや暑くて汗が出るのでタオルは必需品です。防水のスマホケースも重宝します。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 水筒があるといいと思います。水分補給ができて、その場で買わなくても済み節約になるからです。
    (20代/男性/学生)
  • ポケットカイロを持って行くととても便利だと思います。スノボを始める前の寒さをしのぐ事ができるからです。
    (50代/男性/自由業・フリーランス)
  • スノーボードをたてかけて置けるような、ラックがあれば、保管に便利。
    (40代/女性/専業主婦)
  • ボストンバッグがあれば、いろんなものが入るので、便利だと思います。
    (30代/男性/その他専門職)
  • グローブをつけたままでも使えるような、作りの大きいリュック。
    (30代/女性/自由業・フリーランス)
  • ナップザック。ゲレンデで荷物を持ち歩くのに便利。タオルやお菓子など。
    (40代/男性/会社員)
  • ホッカイロ!やっぱり寒いものは寒いので。手を暖めるのに便利です。
    (30代/女性/契約派遣社員)
  • スノーボードやゴルフに使えるの郵送ビニール。電車やバスを利用する人は、現地からかさばるスノーボードを郵送で送るとかなり楽。
    (20代/女性/専業主婦)
  • ポケットテッシュ。寒くて絶対鼻水出るから。あとリフト寒いからホッカイロかなあ。
    (20代/女性/専業主婦)
  • 厚手の靴下、ニット帽、ゴーグル、ネックウォーマー等暖をとれるもの。
    (20代/女性/パートアルバイト)
  • やはり日帰りだと疲れてしまうので、帰りの運転中に眠くならないようにとガムなど眠気覚ましグッズは持っています。
    (20代/女性/会社員)
  • こけてもショックを吸収できるような尻あてがとても便利でした。
    (20代/女性/専業主婦)
  • カイロ。女性は冷え性なので、休憩の時とか、帰る時に重宝すると思います。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 風が吹いて雪が待っていても安心なネックウォーマーです。タオルもよい
    (40代/女性/パートアルバイト)
  • ウェストバッグなどの小物を入れられるものを持っていくと便利です。
    (10代/男性/学生)
  • 衣類圧縮袋・コインケース・防水スマホケース・Q&Pコーワ ゴールドαプラス
    (30代/女性/契約派遣社員)
  • ボードやブーツをふき取るためにウェス(車のボディーを洗いふき取るときに使用するゴム製布)があれば水を十分に吸い取ってくれるから
    (40代/男性/会社員)
  • タオルですかね。夏だろうが冬だろうがタオルは何かと便利です。
    (10代/女性/学生)
  • 寒くなるので、ホッカイロはたくさん持って行く方が暖かくて便利だと感じています。
    (20代/女性/契約派遣社員)
  • ゴーグル。慣れてきて山頂の方から滑るコースでも目が痛くならない。
    (20代/女性/自由業・フリーランス)
  • 喫煙者はジッポーではなくターボガスライターが必須アイテム。強風に強いと自慢のジッポーだったが思わぬ吹雪で濡れてしまい役に立たなかった。
    (50代/男性/無職)
  • タオル。寒い場所なので汗をかかないイメージをしますが、タオルで汗拭きが必要。
    (30代/男性/会社員)
  • ビニール袋です。とにかく濡れるのであると便利です。あとは洗濯ばさみはおすすめです。濡れた洗濯物を干すのに重宝します。
    (20代/女性/学生)
  • ウェアに装着できる小物入れ。小銭入れたり携帯入れたり何かと便利。
    (20代/女性/契約派遣社員)
  • 水に濡れても平気で乾きやすく使い勝手のよい鞄やサンダル、タオルケットと、簡単に出来るゼリー状の食事やパン。
    (40代/女性/専業主婦)
  • スノーボードに行く時に便利だと思う持ち物は、サングラスとか防水時計とか。
    (30代/女性/契約派遣社員)
  • スノーボードに行く時に便利だと思う持ち物は、カメラですね。たくさん楽しい思い出を残すことができます。
    (30代/男性/会社員)
  • ホッカイロ、防水のスマホケース、リップクリーム、目薬、タオル
    (20代/女性/専業主婦)
  • ユニクロのシルキードライ。意外と汗をたくさんかくので、速乾性の下着が便利。
    (20代/男性/会社員)
  • 渋滞にはまりやすいので携帯簡易トイレを持っているといざというときにも安心です
    (30代/男性/自営業(個人事業主))
  • チケットホルダー。チケットって意外と紛失しやすいので、ポケットよりあてになります。
    (40代/男性/会社員)
  • 真空断熱の水筒は一度持って行ってからは必需品です。普通の水筒ではすぐに中の物が冷えてしまいます。
    (40代/男性/自営業(個人事業主))
  • ウィスキーを入れる金属製のケトル。山頂で天候が悪化したときは助かります。
    (50代/女性/専業主婦)
  • 特に思いつくものがないのでこっちが色々と教えてほしいなと思います
    (30代/女性/会社員)
  • 圧縮袋、カラビナ、充電器、ホッカイロ、タオル、発炎筒、防水ハンディビデオ
    (30代/女性/専業主婦)
  • 私はホッカイロですね。忍ばせていないと寒くて長く居れません。凍えちゃう
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • 小銭入れ。飲み物や食べ物を買う時など、結構小銭を使う場面があるので。
    (30代/女性/専業主婦)
  • ウエストポーチをいつも携帯していきます。スマホや日焼け止め、財布などを入れても身軽にスノーボードを楽しむことができます。
    (40代/男性/会社員)

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る