サーフィンを楽しむには、いろいろなルールがあります!

サーフィン ルール

サーフィンを楽しめるスポットは日本全国、いろんな場所にあります。
もちろん、いい波があるところが条件になりますが、その辺はサーファーの皆さんもよく知っているようです。
でも、ローカルルールがあったり、サーファー間の暗黙のルールもあるようです。
初心者は特にその点に注意することが大切だといわれています。
でも、暗黙のルールってどんなものがあるのか気になりますよね。そこで、サーファーの皆さんにアンケートをとって聞いてみました。

暗黙というより、基本は前乗りしない、ワンマンワンウェーブ!

サーフィン 波に乗り
アンケートの結果、前乗りしない、ワンマンワンウェーブが基本だという回答が多く寄せられました。

前乗り。誰かが乗っている波には乗れません。1本の波には1人しか乗れません。これは暗黙のルールです。
(30代/女性/専業主婦)
前乗り。これだけはやってはいけないことと思います。失礼だし危ないので
(30代/女性/パートアルバイト)
先に波に乗った人がいたら、その波に絶対に乗らないこと。危険が伴う。
(20代/男性/会社員)
既に他のサーファー が乗っている波の進行方向先で波にのる前乗りやワンマンワンウェイブなど。
(30代/男性/会社員)
前のり禁止、人の前にはいること。ローカルの人優先にすること。
(40代/女性/その他専門職)
昔から1本の波には1人しか乗ってはいけないというルールがあります。事故防止のためです。
(20代/女性/会社員)
ワンマンワンwave、前乗りするな、ローカルは、リスペクトするコト。
(40代/女性/専業主婦)
上級者の人が波にのってる時はむやみにその周りでサーフィンをしないということ。
(30代/女性/専業主婦)
暗黙のルールというよりもマナーかもしれませんが、自分よりも上手な人がいる場所では、その上手な人の進路を邪魔しないように波乗りをすることでしょうね。
(40代/男性/無職)

暗黙のルールという質問に対して、多くの人が前乗りとワンマンワンウェーブと回答しています。
その理由は衝突の危険があるからだといえるでしょう。
また初心者は上級者の邪魔をしないよう、距離を保って波に乗るよう配慮することなどが挙げられています。

基本的に海はみんなのものですが、ローカルに対してリスペクトすることは大切だという指摘も見られます。
波待ちする際も、周囲によく目を配り、近づきすぎない、他の人の進路を邪魔しないといった気遣いもサーフィンのルールとして必要だといえるようです。

周囲に気を配ることでみんなが楽しめるのがサーフィンの魅力!

サーフィン楽しい

今回のアンケート結果から、サーフィンを楽しむ際の暗黙のルールとして指摘されたのが、前乗り、ワンマンワンウェーブを中心とした基本的なマナーだということが分かりました。
事故を防止するという意味からも重要ですが、周囲に気を配ることで、みんなが楽しめる環境を作るというサーファー間のモラルのようなものがうかがえます。
ローカルや上級者を優先することも周りに迷惑を掛けないための気遣いの一種だといえるでしょう。

いい波が来たら誰でも乗りたくなるのは頷けますが、ルールを守らないとみんなが迷惑します。
どんなスポーツにもルールがあるように、サーフィンにも大切なルールがあることが多くの回答から読み取れたのでは?

ad
R/ForAの公式オンラインストア開設!
このオンラインストアでしか購入できないステッカーなどもラインナップ中。
上のR/ForA STOREバナーからどうぞ。

コメント全データ

質問 : “サーフィン経験者に質問です!あなたの知っているサーフィンの暗黙のルールを教えてください。”

回答一覧

  • サーフィン経験者です!わたしの知っているサーフィンの暗黙のルールは気使いです。
    (30代/女性/契約派遣社員)
  • 波がいいときは海がある程度荒れているときなので、楽しむときには人に迷惑をかけないようなるべく安全に楽しむようにする
    (40代/男性/自由業・フリーランス)
  • 1本の波に1人のサーファーしか乗ることが出来ないというワンマンワンウェイブ
    (20代/女性/専業主婦)
  • 狙っている女性なら誰よりも先にゲットできるようにきを配ること
    (20代/女性/会社員)
  • サメに襲われそうになったら動きを止めてじっとしているです。下手に動くとやられるそうです。
    (40代/男性/会社員)
  • 人の近くでサーフィンをしないこと、近づいたら衝突して危険だから。
    (40代/男性/無職)
  • あまり混んでいる場所はさけ、思いやりをもってすることが一番だと
    (20代/男性/無職)
  • 乗れる自信がない波には乗らずに譲る。けんかをしない。サーフショップの管理するところを無断で使用しない。
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • 私の知っているサーフィンの暗黙のルールは波を横取りしてはいけないことです。
    (30代/男性/会社員)
  • 天気予報による注意報などが出ていない時でも、あきらかに海が荒れているときには、無理をして海に入らない。
    (40代/男性/パートアルバイト)
  • パスワードを1173など73など必ず使用するぐらいみんな好きです
    (20代/男性/自由業・フリーランス)
  • 人にちかづいたり攻撃をしたりしない。なみが少しでも荒いときは、海に入らない。
    (20代/女性/専業主婦)
  • 隣の人との距離は大事にしています。暗黙のルールかは分かりませんが。
    (20代/女性/会社員)
  • えっ、そんなルールってありますか? 世間並みのものじゃないのかなあ。
    (40代/女性/会社員)
  • そのポイントをホームにしているサーファーたちがいること。ゴミをださないこと。前乗りしないこと。
    (40代/女性/専業主婦)
  • 他人同士でも波にのる順番がある。周りにサーファーが多かったりしたら経験者に聞いてみたほうがいい。
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • 近くでサーフしている人がいるときには近づいてはいけないことです
    (10代/女性/学生)
  • 暗黙のルールなのかわかりませんが、順番をしっかり守ることです。
    (30代/女性/専業主婦)
  • きちんと挨拶をしていれば、そんなに難しいルールもないと思うんですが。
    (40代/女性/会社員)
  • ローカルが厳しいと入れない。地元の人が良い波をよそ者にはやらないという意味です。
    (30代/女性/専業主婦)
  • かっこつけすぎないこと。相手に迷惑をかけないこと。死なないこと。
    (10代/女性/学生)
  • 他県から来ているサーファーに対してはジェントルマンで接すること。わからないことは教えてあげること。
    (50代/男性/自営業(個人事業主))
  • 同じ場所で割り込んでサーフィンせずに、前のサーファーが終わったら順番にサーフィンをやることです。
    (40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 横入りをしないことです。とても危ないので。
    (20代/男性/パートアルバイト)
  • サーフィンをしている人同士とは海で鉢合わせた時はきちんと挨拶をする。
    (20代/男性/会社員)
  • 一人ではしにいかない。なにかがあったときに連れがいると異変に気づいてくれるので。
    (30代/男性/その他専門職)
  • 誰かが乗ろうとしている波に横から入ったりしない、見栄をはってできそうもない技をしようとしない、です。
    (30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 近くでテイクオフしようとしている人がいたら絶対にテイクオフしてはいけない。
    (40代/男性/会社員)
  • 自分より上手な人の前には決して出ない。ありのままの謙虚さが大事ですね。
    (40代/男性/会社員)
  • サーフィンの暗黙のルールは、上級者の邪魔にならないように気をつける。
    (30代/男性/パートアルバイト)
  • 自分の右手にいる人がライディングに入ったら自分は後回しにします。
    (40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 津波の情報と天気はいつでもチェックすることです。毎回、海に入る前に海の状態をしっかり見極めなければいけません。
    (30代/女性/無職)
  • 知りません。すみませんでした。勉強しますからね。だめでしょうか、
    (30代/女性/専業主婦)
  • いい波が来たと思っても、すぐに乗らず、必ず周囲のサーファーの様子を確認する。
    (30代/男性/会社員)
  • とくにはないですが、天気に左右されるのですが、心配なときでもとりあえずはいく。仲間がいるから、やらなくてもおしゃべりする
    (40代/女性/会社員)
  • 既に波に乗っている人の波に乗ったり、一本の波には一人しか乗ってはいけない。
    (20代/女性/専業主婦)
  • 基本であり王道でもありますが、1本の波に1人のサーファーしか乗らないこと。
    (40代/女性/専業主婦)
  • 自分がかっこいいと思いこんでいることかな。たいした奴らはいないのに
    (40代/男性/会社員)
  • ジェントルマンシップに基づきサーフィンをしています。接触すると危険な為間隔を開けて波乗りします。
    (60代/男性/無職)
  • 天候の悪い時には、絶対に海に行かないということではないかと思う。
    (50代/男性/会社員)
  • サーフィン後の海岸で落ちているゴミを一つ持って帰って、ゴミ箱に捨てるというのを個人的にルールにしています。
    (50代/男性/無職)
  • 多くの人が乗ると波が悪くなってしまうので、順番を守って乗るようにする。
    (20代/女性/契約派遣社員)
  • 車がないと始まらないと思います
    (30代/男性/会社員)
  • 先にラインに乗っている人がいた場合はこちらが気付いた時点で譲るようにしています。
    (30代/男性/会社員)
  • 1本の波に1人のサーファーしか乗ることが出来ないというのがあります。
    (20代/男性/パートアルバイト)
  • 一つの波には一人しか乗っては行けないというルールがあると思います。
    (40代/女性/専業主婦)
  • ベテランしか利用してはいけないようは雰囲気の場所は行かない。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 言い訳はしない、失敗を笑ったりしない、空気を読んで行うように。
    (30代/男性/会社員)
  • やはり、ローカルしか入ってはいけない海というのもあるし、きちんとルールを守らないと喧嘩になることもある。
    (30代/女性/自由業・フリーランス)
  • 堤防脇の地形の良いところはローカル優先。先輩より先に海から上がってはいけない
    (30代/男性/会社員)
  • サーフィンに行くときはきっちりとトイレを済ませておくことが大事だと思う
    (30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 波にできるだけ楽しんで乗るっていう事だけを意識するっていう感じです。
    (20代/女性/無職)
  • みんな泳げることでしょうか。泳げないと正直サーフィンは難しいというか無理だと思います。
    (10代/女性/学生)
  • 集団で海に入ってはいけないルール。危ないし、一つの波に一人しか波に乗れないので、5人とか10人とかで入らない。
    (20代/女性/パートアルバイト)
  • 誰か波に乗ったら乗らない、危ないから。地元優先で波に乗れる。
    (30代/女性/その他専門職)
  • 暗黙ではないけれど、海を汚さないようにとゴミは持ち帰ることから。
    (40代/女性/その他専門職)
  • 他にサーフィンをやっている人と、上手に譲り合っていくことです。
    (30代/男性/会社員)
  • ひとつの波に一人しか乗ってはいけないこと。周りの状況をみてトライしないといけない
    (30代/女性/専業主婦)
  • 暗黙のルールはよくわかりませんが、天気が悪い日はサーフィンを控えることです。
    (30代/男性/会社員)
  • ワンマンワンウェイブ、1本の波には1人しか乗ってはいけない、あぶないから
    (30代/男性/会社員)
  • 先輩を立てる。初心者は 邪魔しないように。これはどこの世界でも鉄則と思います。
    (50代/女性/自由業・フリーランス)
  • 一つの波が来たら一人のサーファーしか乗ることが出来ません。人数が多いと事故に繋がります。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 素人はローカルがいっぱいいるような海岸に行かない事、ルール知っていようと邪魔だし楽しめない。暗黙のルールは 前のりしないこと。
    (30代/男性/会社員)
  • 一つの波には一人のサーファーしか乗ってはいけない。事故に繋がるため。
    (20代/男性/会社員)
  • 常連さん同士には、それぞれハンドサインのようなものがあって暗黙の了解で場所譲りなどがあることです。
    (20代/女性/学生)
  • 1つの波には1人しか乗らないことですね。もはや一般的かもしれませんが
    (30代/男性/会社員)
  • 初心者に煽ったりしないなど、紳士的なマナーを心がけるべきです。
    (40代/女性/自由業・フリーランス)
  • 暗黙までいかないですが、ポイントを決める時にもめるので一番年配の人がポイントを選びます。
    (20代/女性/自営業(個人事業主))
  • サーフィンで波に乗っている時に、後方にサーファーがいないかどうかを確認してから「カットバック」を行う事です。
    (50代/男性/自由業・フリーランス)
  • 基本的には1つの波にサーファーは1人。早い者勝ちなので初心者でも度胸勝負。上級者に譲る必要はなし。
    (50代/女性/専業主婦)
  • 特にそういうルールは知らないので、教えてほしいなとは思います
    (30代/女性/会社員)
  • 自分が持ってきたゴミはその辺に捨てるのではなく、持ち帰ることです。
    (30代/男性/会社員)
  • うーん、なんでしょうか。。。あるのなら私も教えていただきたいと思います。
    (30代/女性/契約派遣社員)
  • 当たり前でもあるけど、一回の波に一人しか乗らないこと。自分だけでなく相手に怪我をさせてしまうこともあるので。
    (10代/女性/学生)
  • わたしの知っているサーフィンの暗黙のルールは、特にありません。
    (20代/女性/無職)
  • 暗黙のルールかどうかはわかりませんが 地元では一度の入水の人数を少なめに注意しています 初心者が多いので。
    (50代/男性/会社員)
  • 場所によっては時間帯で使用してはいけないゾーンがある。ボスみたいなのがいるので。
    (30代/女性/無職)
  • ライディングのラインを邪魔するのは当然ながらダメ。また、初心者のような人が口出し出来ないような空気もある。
    (20代/男性/無職)
  • 他人の波には乗らないというルールです。私は田舎在住なので波を取り合った経験はなく、気ままに楽しめているなと思います。
    (30代/女性/公務員)
  • 波を待っているときに地元の人やうまい人が先に乗るまで、初心者は待っていなければならない。
    (20代/男性/無職)
  • 一つの波に対して波にのれるのは一人まで。同じ波にのってしまうとぶつかる恐れもあるので。
    (20代/女性/パートアルバイト)
  • 大人数で一度に入水しないことです。一度に入るとぎゅうぎゅう詰めになり思うように出来ないポイントがあるので。
    (50代/女性/専業主婦)
  • 海に入るときと海から最後に出る時に、言葉は何でもいいので感謝する事。
    (30代/男性/会社員)
  • 前乗りをしないこと。ひとつの波には一人のサーファー。これは世界共通の暗黙ルール。
    (30代/女性/自由業・フリーランス)
  • 1波に複数人は乗らないし、先に乗った人が優先となる。また、地方ルールがあると聞いたことがある
    (30代/男性/会社員)
  • サーフィンは波のピークに一番近く、一番先に立った人が優先となっています。
    (40代/女性/パートアルバイト)
  • 付近でサーフィンをしている人がいると、順番待ちみたいに少しの間待機する。
    (10代/男性/学生)
  • 人が波を待っているときはあまり近くに行きすぎないようにする。
    (20代/男性/会社員)
  • スネークインです、パドリングを始めている人がいるのに、その人を追い越して横取りして波に乗ること。
    (30代/男性/会社員)
  • 横の人と2mくらいは距離をあけることです。
    (30代/女性/会社員)
  • パドリングで沖に出て波を待っているときに、上級者を先にライドさせる。
    (40代/男性/会社員)

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る