スノーボードに行くなら、どのエリアのスキー場にいく!?

ゲレンデ4

パークが充実しているエリア、都心から近いエリア、雪質の良いエリア。
国内にはたくさんのスキー場がありますが、スノーボーダー各々でお気に入りのスキー場、来シーズンこそ行ってみたいとスキー場などあるのではないでしょうか。
スキー場ごとにはそれぞれに特徴があって、推し出すプロモーションポイントも様々。

そこで、今回は一般スノーボーダー達に自分のお気に入り国内スキー場についてアンケートを取りました。

質問

スノーボードに行くならどのエリアのスキー場に行きますか?

回答数

回答選択肢 回答数
志賀高原 11
苗場 5
白馬 18
北海道 24
蔵王 10
湯沢 7
その他 25

26

ad

【絶賛ライターさん募集中】
スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。
もちろん文字数に対して、報酬もお支払します。
上のバナーをクリックして【ライターの件】という題名をつけてご連絡下さい。

雪質が最高、パウダースノーを楽しめる北海道がベストです!

184be8e03ef52c37b7978d1f3aa45ac1_s

アンケートの結果、北海道が最も多く選ばれました。

雪質も良く、長い期間ボードを楽しんでいられるから。街からも近くウェアのままスキー場へ行ける。
(30代/女性/自営業(個人事業主))
北海道の雪はパウダースノーなので乗りやすいですし、転んでも濡れないのでいいです。
(40代/女性/パートアルバイト)
関西に住んでいるので遠いが、北海道の雪質は全然違う。フワフワで滑りやすいから。
(20代/女性/専業主婦)
北海道のスキー場は雪質も良いですし、またコースが長く沢山あり楽しめるためです。
(30代/男性/自営業(個人事業主))
スノーボードにいくなら北海道にいって、カニとかお寿司とかも食べたいです。
(40代/女性/その他専門職)

北海道が最も人気の高いエリアに選ばれました。
雪の量雪質の良さが日本だけに留まらず海外のスノーボーダーから支持されており、ニセコを筆頭に北海道の各地に世界中からそのJAPOW(日本のパウダースノーのこと)を求めて多くのスノーボーダーが毎年訪れます。
また、海の幸などのごはんが美味しいというのも魅力の一つで、スノーボードだけではなく他の楽しみがあることも北海道が選ばれた大きな要因なのではないでしょうか。

白馬の雪質の良さ、志賀高原や蔵王といった名門も人気!

3c5e016fd36156c167ef1b561520f2cb_s

2番目には白馬、3番目には志賀高原、4番目には蔵王、5番目には湯沢、そして6番目には苗場という順になりました。

白馬

白馬はゲレンデも広く隣のゲレンデに移動できたりと2、3日は遊べるところが魅力的。
(20代/女性/学生)
パウダースノーが楽しめます。比較的、よく行くことが多いスキー場です。
(40代/女性/専業主婦)
多くのスキー場が密集しているので、とりあえず行ってみてゲレンデの混み具合やコンディションと相談しながら選ぶことができるので白馬が好き。
(20代/男性/個人事業主)

志賀高原

志賀高原が大好きです!一日じゃ到底滑りきれないほど広いし、雪質もいいし、滑ってる人もそんなに多くないですから。
(30代/男性/会社員)
志賀高原の奥の方は雪も上質だし、来ている層も落ち着いているので、マナーも良いです。
(20代/女性/パートアルバイト)

蔵王

他のエリアのスキー場に比べると少々リフト代が高いですが、ゲレンデの環境(樹氷が見れたり、景色がきれい)やスキー場周辺の環境(温泉がある等)がいいので蔵王が好きです。
(20代/男性/会社員)
関東から頑張れば足を伸ばせる距離にあるし、雪質やコースの面白さも、日本トップレベルだから。
(30代/男性/会社員)

湯沢

湯沢なら、首都圏から新幹線で短時間で気軽に行かれるからです。
(40代/女性/パートアルバイト)
東京から新幹線ですぐにいけるし、駅直結なのでとても便利!いろんなコースがあるので初心者から上級者まで楽しめると思う。
(20代/女性/契約派遣社員)

苗場

行きなれている苗場がいいと思います。他はあまり土地勘がありません。
(40代/男性/会社員)
合宿の形で参加した際、そのエリアに決まっていたため。東京から遠くもなく、広さも十分だったので、気に入りました。
(20代/女性/専業主婦)

国土の約7割は山間部という日本ならではでしょうが、決して広いとは言えない国土の中に様々なスキー場があることはスノーボーダーにとって喜ばしいことですよね。
そん中で、予想通り票はバラける結果となりました。
白馬はHYWODが手掛けるパークがあるHakuba47を代表とするテクニカルなパーク設計で篭り組が多い、志賀高原は広大なゲレンデと混まない、蔵王は樹氷や温泉といったスノーボード意外でも楽しめる環境、湯沢は東京から新幹線で行けるアクセスの良さ、苗場は昔からの根強いファン、とそれぞれのスキー場はまさに名門と呼ぶにふさわしい魅力を持っているといえるでしょう。
スキー場そのものの質以外にも、周辺の宿泊施設や交通アクセスの良さが評価ポイントになっていることが伺えます。

もちろん雪質やゲレンデが重要!でも他の要素も要チェックです!

今回のアンケート全体を見ると、雪質やゲレンデの規模、コースの面白さなどスノーボードを純粋に楽しめることがスキー場選びの重要なポイントになっていることが分かります。
その点で北海道は堂々の一位にふさわしい魅力を持っているといえるでしょう。
豊富な雪とサラサラのパウダースノーは、一度経験すると病み付きになるといわれています。

その一方で名門スキー場の白馬や志賀高原、蔵王といったところが高い評価を受けたことも本格派のファンが多いことの証明ではないでしょうか。北海道と白馬で4割以上の回答を集めていますが、その他のスキー場の魅力も十分皆さんに認識されていることが分かるアンケート結果となりました。
また、アンケートの全データを見渡してみると、自分の住んでいる場所から最も近いエリアに行く人が多い傾向があります。
篭り組とは別に週末ボーダーにとって、スキー場までの距離は行くスキー場を決定する大きな要因であることは間違いありません。
スキー場に向かう道中で襲ってくる眠気に打ち勝つための方法論をご紹介。

番外編 : 編集長がピックアップする気になるアンケートコメント

編集長

スキー場の雪質がとても良い。ツアー代も手頃で、ウェアも無料だから。
(20代/女性/パートアルバイト)

ウェアが無料という部分を詳しく教えて下さい!
まさかウェアが無料で購入できるということはないだろうから、レンタルが無料ということなのでしょうか?

北海道に親戚の家があるので、北海道のスキー場に行くときは泊めてもらっています。
(10代/女性/学生)

最高ですね。。。
本州から北海道に行くとなると交通費が嵩んでしまうので、宿泊代がかからないのはかなり大きい。

群馬の沼田エリア。日帰りもできる距離で手軽に行く事ができるから。
(40代/男性/会社員)

プロモーションに力を入れているたんばらスキーパークなどは雪質も良くて都心からのアクセスが良いため、週末ボーダーが良く集まりますよね!

R/ForA magazine 公式ツイッターアカウントでのアンケート結果

twitter上でアンケートを採った結果、長野県『白馬エリア』を利用する人が多いという結果になりました。
東京都心から車で2時間前後で足を運べてしまう近さも魅力の一つで、白馬といえば白馬五竜・白馬47・栂池高原スキー場・白馬コルチナ・八方尾根などのスキー場密集地帯として知られ、その分訪れるボーダーも多いことが今回の結果の要因ではないでしょうか。

その他、以下のようなコメントも寄せられました!

アンケート概要

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■調査期間:2015年10月20日~2015年11月2日

■有効回答数:100サンプル

ad
R/ForAの公式オンラインストア開設!
このオンラインストアでしか購入できないステッカーなどもラインナップ中。
上のR/ForA STOREバナーからどうぞ。

アンケート全データ

※項目をクリックすれば見たいアンケートのコメントを全て見ることができます。
質問内容 : “スノーボードに行くならどのエリアのスキー場に行きますか?”

志賀高原

  • スノーボードに行くなら、志賀高原に行きます。志賀高原なら行きやすいからです。
    (30代/男性/会社員)
  • スノーボードに行くなら志賀高原エリアのスキー場に行きます。滑りやすいから。
    (30代/女性/契約派遣社員)
  • 都内から距離がちょうどよく短時間で行けるので頻繁に遊びに行っています
    (30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 確かスキーとスノボのエリアを分けていると思った。一回行ったけど、コースが広くて初心者も楽しめる。宿もたくさんある。自分の住んでる所からもめちゃくちゃ遠いわけではない。
    (40代/女性/専業主婦)
  • 小さいころからよく行くので。春まで雪が残っているのが嬉しい。
    (30代/女性/自由業・フリーランス)
  • 私の地域だったら志賀高原の方がまだ近くてなじみが深いからです。
    (20代/女性/無職)
  • エリア内のゲレンデ数の多さや雪質を考えると志賀高原が好ましいと思う。
    (50代/男性/無職)
  • 志賀高原はコースも多くて、近くに宿泊施設も充実しているし、家から比較的近いので。
    (20代/女性/専業主婦)
  • これまで住んでいるところから一番行きやすいところだったのでよく通ってました。今は引っ越して遠くなりましたが、勝手がわかっているため同じ場所に行きます。
    (20代/女性/会社員)

苗場

  • 苗場には1回行ったことがありますが、初心者にも優しいスキー場でした。
    (20代/女性/学生)
  • 自分の近場でいいと思います。泊りがけでは行きにくいので日帰りを考えると。
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • 家から一番近い場所が苗場なので、あえて遠くまで行かなくても良いと思うから。
    (30代/女性/専業主婦)

白馬

  • 距離や雪質を総合的に考えて1番合理的なゲレンデだから。雪質だけなら北海道も行ってみたい。
    (30代/女性/無職)
  • たまたま、今住んでいる所からのアクセスが一番便利だから、という理由になってしまうが、白馬を選ぶと思う。
    (40代/男性/パートアルバイト)
  • 関西では一番近いところが、信州であるから。悔しいけれども雪のよいところは遠い。
    (40代/女性/無職)
  • スノーボードに行くなら白馬エリアのスキー場に行きたいと思っているのでそれを選びました。
    (30代/男性/会社員)
  • 雪がパウダースノーで滑りやすく、ボーダーの為の利用が充実している
    (50代/女性/無職)
  • 八方尾根のリーゼンスラロームが好きだから。オリンピックで使用されただけのことはある。
    (50代/女性/専業主婦)
  • 安定した雪質だけでなく、広大なスキー場が多く、スキーヤーとの衝突リスクが少ないため。
    (40代/男性/会社員)
  • 白馬のスキー場はテレビでもよく見るので、一度は行ってみたいと思います。
    (30代/女性/専業主婦)
  • スノーボードに行くなら、白馬のスキー場が良いかなと思いました。
    (20代/女性/無職)
  • 富山県に住んでいるので、2時間車で運転すれば着くし、アクセスが悪いのか関東の人があまり来ないので空いている。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 家から一番近くてもしかしたら日帰りできるくらいの場所にあるから。
    (50代/女性/無職)
  • とても有名ですし、自宅からでも無理なくいくことが出来る距離のところにあるからです。
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • エリアの選択というか自分の好きな場所を一番に選んでいるため白馬スキー場です。
    (30代/女性/その他専門職)
  • 毎年1~2回は白馬スキー場に行ってるので、スキーのついでにスノーボードもやります。
    (40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 愛知県に住んでるので、近そうな白馬か志賀高原あたりになると思います。
    (40代/女性/パートアルバイト)

北海道

  • どうせなら北海道で広々と楽しみたいですよね、本場ですから・・・
    (40代/女性/会社員)
  • 北海道が好きなので、スノーボードを行うところにぴったりだと思っています。
    (20代/女性/契約派遣社員)
  • 本場の北海道は、雪が多く積もり滑りやすいので魅力的なエリアです。
    (30代/男性/会社員)
  • 北海道だと、雪の質もサラサラで気持ちよく、滑りやすいと思うから。
    (10代/女性/学生)
  • 地元が北海道なので滑りなれたところで練習しながら楽しみたいです。
    (30代/女性/会社員)
  • 雪質がとても良くて、滑りやすく、帰りに観光も出来るから北海道です。
    (20代/女性/自由業・フリーランス)
  • じぶんは行ったことはないのだが、行った友人の話では最高だったとのことなので
    (40代/男性/会社員)
  • 北海道がいいですね。雪国ですし、「北国!」という感じがいいです。
    (50代/女性/専業主婦)
  • 本州では経験があるので、一度は北海道の雪でスノボを経験してみたいです。
    (40代/男性/契約派遣社員)
  • どうせ行くなら雪のイメージが強い北海道でスノーボードを楽しんでみたいと思うから。
    (30代/女性/無職)
  • 地元なので必然的に北海道になる。登別が帰りに温泉に入れるのでいいですね
    (30代/男性/自由業・フリーランス)
  • やはり、いちばんイメージできそうな場所だから。あと、観光も兼ねていきたい。
    (50代/女性/自由業・フリーランス)
  • まだ行ったことないけど一度は行ってみたいと思う。こっちのスキー場より滑りやすいと思う
    (30代/女性/専業主婦)
  • 北海道に住んでるから当然北海道でございます。当然です。やはり。
    (20代/女性/専業主婦)
  • とくにニセコはパウダースノーだからふわっふわで滑りやすいので。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 寒いところの方が、より雪がさらさらで滑りやすさが違うからです。北海道はスキー場も広そうだからです。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 北海道在中なので車で行ける所に行きます。中でもニセコ、国際は良く行きます。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 雪質が違いすぎるので。どうせ行くなら、ニセコやキロロに行きたいです。
    (40代/男性/会社員)

蔵王

  • とてもアットホームな雰囲気なので。それから、雪の質も良いです。
    (40代/女性/自由業・フリーランス)
  • 有名どころがいいし、そのあと温泉に入ってゆっくりしたいので。
    (30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 蔵王に行ったことがないので興味があります、どんな雪なのかな・・・
    (40代/女性/会社員)
  • 雪質が良く、初心者でも滑りやすいと聞いたことがあるので蔵王を選びました。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 雪質が良く、温泉もあって、何よりスノボが多いので肩身が狭く無いからです。
    (40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 山形はあまり人の手が入っていないというか田舎なので自然があるのが楽しい
    (20代/男性/無職)
  • 友達が蔵王に連れていってくれたからよく行くようになりました。
    (10代/女性/学生)
  • 場所が広いから初心者でも気兼ねなく練習できる場所を選ぶのがいいと思います
    (50代/女性/自由業・フリーランス)

湯沢

  • 東京から1本でいけるからです。楽ですね。
    (20代/男性/パートアルバイト)
  • 住んでいるところから新幹線一本でいけるから。あとは温泉に浸かりたい。
    (20代/女性/専業主婦)
  • 土地勘も少しだけあるのと新潟の雪は滑りやすいかんじがするから
    (20代/男性/その他専門職)
  • いつも行くメンバーは必ず湯沢に行く。何故かはわからないけど、定番になっている。
    (20代/女性/専業主婦)
  • 比較的滑り慣れているエリアなので、湯沢方面のスキー場に行きたいです。
    (40代/女性/無職)

その他

  • 福島県のグランデコは長距離滑れるので結構行ってます。でも福島県の他のスキー場にもいきます。
    (20代/女性/専業主婦)
  • エコーバレーや車山などの、都心から距離が近い場所に行きます。
    (40代/男性/会社員)
  • 川場が多いです。都心から近く、施設が充実しているので。近い割に雪室もよいし。
    (30代/男性/会社員)
  • 冬のシーズン的にすいてる場所で、雪の多い場所を選ぶので、決まってません。
    (30代/女性/無職)
  • 斑尾がよかったです。初めて行った場所だから思い出深いのもあると思いますが、初心者にもそこそこやさしくて楽しめると思います。最近はスキーヤーとの住み分けもしっかりとしているしマナーもよい方が多いと思います。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 有名所よりも近場で済ませたいなあと思います。詳細な場所はよくわかりません。
    (40代/男性/パートアルバイト)
  • 郡山のスキー場は雪質も良いし空いているので初心者でも滑りやすい。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 宮崎はそもそも雪がふらないのでできるところはだいぶかぎられてますが、五ヶ瀬ハイランドです。
    (20代/女性/パートアルバイト)
  • 嬬恋や川場などのリフトの待ち時間が比較的短いスキー場に行きます。
    (40代/男性/会社員)
  • 栃木県にあるハンターマウンテン塩原は今までで一番行ったところです。
    (40代/女性/専業主婦)
  • 長野県。中学時代に修学旅行で行って、思い出に残っているので。
    (20代/女性/自由業・フリーランス)
  • 近場で初心者が楽しめる 広島県の芸北に行っています 九州から便利ですよ。
    (50代/男性/会社員)
  • 私は地元が福岡なので、広島などツアーに参加しています。こだわりはないのですが、人工雪より天然雪がもちろん滑りやすいです。
    (20代/男性/学生)
  • 猪苗代リゾートスキー場。ゲレンデの幅が広いところがベストだと思う。
    (40代/女性/専業主婦)
  • 御嶽か木曽の辺りが近いのでその辺へ。雪質云々以上に、行き来の時間が余りかからない距離で気楽に手軽に行けるところがいいです。
    (40代/女性/専業主婦)
  • 草津国際スキー場。滑れるシーズンが長く、温泉にも入れるので。
    (30代/女性/契約派遣社員)
  • 家から近くてゲレンデも広くなだらかなので、初心者でも楽しめるから。
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • 家から近いスキー場。岐阜県に住んでいるので、郡上や高山のスキー場に行きます。
    (30代/女性/会社員)
  • 九州に住んでいるので大分のスキー場に行きます、それから馴れたら有名なスキー場に挑戦してみたいです。
    (50代/男性/自由業・フリーランス)
  • 広島県北部。地元だし近いし、スキー場もたくさんあるので。わざわざ県外に滑りに行ったことはありません。
    (30代/女性/その他専門職)
  • 自宅から日帰りで行ける、岐阜県内のスキー場です。近いからです。
    (20代/女性/会社員)
  • 以前京都に住んでいたので、「サンケイバレー」のスキー場が良いと思います。斜面も緩やかで初心者にも向いています。
    (50代/男性/自由業・フリーランス)
  • 自分の家の近くだと岐阜エリアが近くてアクセスもよいので、岐阜県内のスキー場に行く
    (40代/男性/自由業・フリーランス)
  • 広島の芸北。福岡の友達と行くことが多いので広島が近場になります。
    (30代/女性/会社員)

 

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る