衝撃シーン! ストリート撮影中にまさかの交通事故!?

衝撃シーン! ストリート撮影中にまさかの交通事故

686によるチームムービー「SECONDS」に出演するRyan Tarbell(ライアン・ターベル)の、撮影中の信じられないようなワンシーンが公開された。
街中のステアを全超えするというシーンなのだが、大きなノーリーで階段を飛び越えた先に、まさかドンピシャのタイミングで車が通行……! ランディングと同時にそのまま車にクラッシュするという、超体当たりな衝撃映像だ。

かなりの勢いでツッコンだことを目の当たりにできる大きく凹んだ車のドアに対し、たいしたリアクションのないライアン。この男は不死身なのか!? と思えてくるが、ストリートでしのぎを削るライダーにとっては、さほどのダメージではないようだ。
「命を賭けて撮影に挑む」という言葉はよく耳にするが、まさにそれを体現したこの映像。いかにライダーたちがリスクを背負って作品を残しているかを目の当たりにすることができる。それにしても、車を運転していた方はたまったもんじゃなかったはずだ……

 

この記事の著者

Makiko Kishino

Makiko Kishinoライター・エディター

白馬でスノーボードショップを営む、元スノーボード誌編集者のフリーライター。
田舎ライフをマイペースに満喫しながら、とことん遊びを追求しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る