IOCに提出する2020年東京オリンピックの追加種目にサーフィンとスケートボードが正式に決定!

anatokyo-2020

先日、2020年に開催される東京オリンピックに追加される種目が最終選考を経て5競技に絞られた。(下記5競技)

「野球・ソフトボール」「空手」「ローラースポーツ」「スポーツクライミング」「サーフィン」

本日9月28日に正式決定!!

そこから本日(9月28日)、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の理事会を経て正式にIOCに提案する追加種目が決定!

・野球・ソフトボール
・空手
・ローラースポーツ
・スポーツクライミング
・サーフィン

以上5競技18種目に決定された!

ローラースポーツは男女の「ストリートスケートボード」と「スケートボードパーク」の計4種目。
サーフィンは男女のショートボードの2種目。

が正式に決定!

追加種目

credit : tokyo2020.jp

ここからIOC(国際オリンピック委員会)の審査が入り、2016年8月にリオ・デ・ジャネイロで行われる第129次IOC総会にて正式に決定される。

サーフィン、ローラースポーツ(スケートボード)共に追加種目として実現する可能性がまた一段と高くなった。
世界的に競技人口が圧倒的に多い、サーフィンとスケートボードが選出されたのは、海外の方を日本に誘致するという観点では他を圧倒していたという見解だろう。

世界中から観戦者が日本に訪れ、業界拡大に大きな影響を与えることだろうが、並行して多くの問題も浮上するはずだ。

その障壁を一つ一つ乗り越えて、少しでも競技人口が増えることを願っている。

11999649_640219909453444_260937894323406181_o

11952858_640219892786779_7488365562677676_o

SOURCE : tokyo2020.jp

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る