スケートボード!ストリートとフリースタイルの違い

ストリートスケートボード

ストリートスタイル

ストリートスタイルとは、街中にある斜面や縁石、レッジ(縁石)、ハンドレール(手すり)、ステア(階段)などを利用してスケボーを乗りこなすスタイルのことです。
それらを模倣した構造物を設置したスケートパークは様々な場所にあり、多くのスケーターはそのような場所でトリックの技を磨いています。

ストリートスタイルはアルベルト・レオナルド・ナバなど、その活動をプールや専用のスケートパークに制限されることに飽き足らなくなった多くの有名スケーターたちによって、1990年代の終わりごろに始められました。

トリックを競う大会ではデッキごと障害物を飛び越えるオーリー系のトリックや、カーブやレールにデッキをあててその上を滑るスライド系のトリックが多くみられます。

現代では最も主流のスケボーのスタイルの一つと言えるでしょう。

フリースタイル

フリースタイル
フリースタイルは1960年代から1990年代まで人気のあった、スケボーの最も古いスタイルの一つです。

フラットランド(平地)で様々なトリックを断続的に行い、その完成度を競います。
代表的な技として、ウォーキング、ショービットなどが挙げられます。

1970年代から80年代にかけてその技術が大きく発展し、それに貢献したスケーターとして最も有名なのはロドニー・ミューレンです。フリースタイルの技の多くは1980年代にロドニー・ミューレンが考案したと言われています。

1990年代になると衰退し、21世紀にはそのトリックの多くがストリートスタイルに取り込まれてゆきましたが、ストリートスタイルやバーティカルスタイルをメインに扱う現在のメディアでも、ロングボードなどと同じように時代のメインスタイルに変わりうるスタイルとしていまだ注目されています。

こんなのもある!バーティカルスタイル

スケートボード バーティカル
バーティカルスタイルはランページやボウルと呼ばれる大型のハーフパイプでターンをしながら、ジャンプ、トリック、ポーズなどを競うスタイルです。
バーティカルとは垂直、という意味で、パイプの壁面が地面と垂直になっていることからそう呼ばれています。

その起源は1970年代、アメリカの西海岸でサーファーでもあったトニー・アルバなどZ-boysのメンバーたちが、空になった円形のプールで始めた勇気とスキルを競うライディング「ドッグ・ボウル」だと言われています。

バーティカルスタイルはスケボー競技の中でもメジャーなものの一つとしてX Gamesなど多くの大会でも採用されていましたが、X Gamesでは2011年にこの種目は廃止されることとなりました。
しかし今でも多くのスケートパークではこの設備が設置されて人気を博しています。

TOP photo credit : homydesign / Shutterstock.com

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る