サーフィン上達に役立つ筋肉トレーニングはこれだ!

サーフィン筋トレ

サーフィンでコアとなる筋肉

最近はスクールや中古品販売などのサーフィンに関わるサービスが色々なところで増え、それに伴って年々サーファー人口は日本でも増加しています。
その波に乗って始めた初心者サーファーにとって真っ先にぶつかる壁は、揺れる波の上で体勢を保ちながらの波待ち・沖に出るのにも波に乗る時にも使うパドリング・そして波に立ち向かい沖に出るために必要なドルフィンスルーの3つでしょう。
特に競技水泳経験者でもなければパドリングはしばらく壁となって立ちふさがります。

本コラムでは、この3つのアクションを的確に且つ力強くやるために役立つ筋肉トレーニングをご紹介していくことにしましょう。

目次

※リンクをクリックすると知りたい事柄にスムーズに飛べます。

パドル強化に必要な筋トレとは
ドルフィンスルー強化に必要な筋トレとは
波待ちを楽にする筋トレとは
ストレッチは欠かさない

ad

【絶賛ライターさん募集中】
スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。
もちろん文字数に対して、報酬もお支払します。
上のバナーをクリックして【ライターの件】という題名をつけてご連絡下さい。

各々のアクションに役立つ筋トレとは?

パドル

パドル筋を鍛えるための筋トレは基本的に水泳のクロールの動きで水を掻くことです。もちろんプールでクロールすることは効果的ですが、サーフィンはプールで泳ぐのと違って波がありますから、やはり最も効果的なのは海に出てパドルすることになります。

『ちょい待て待てと。』

パドル筋を鍛えるための陸上でできる筋肉トレーニングがあるんじゃないの?と思われたかもしれませんが、申し訳ありません。
パドル筋を鍛えるにはとにかくパドルしまくることが最短の方法です。
ではなぜ陸上で行う筋トレで補うことができないのかというと、パドル筋とは肩の内側にあるいくつものインナーマッスルを総称する言葉で、ウェイトを持ち上げて負荷をかけることで鍛える筋肉とは別物であるというのがその理由です。

7d088978daf2d90aec096d1b54d7a875_s

ドルフィンスルー

ドルフィンスルーとは沖に出る過程で波が押し寄せてきたら波の中を潜って波の裏側に出ることを指しますが、この時浮力のあるサーフボードを水の中に腕の力で押し込まなければなりません。
この動作をする時に必要な筋肉が大胸筋です。
大胸筋を鍛えるための筋トレとしては、ウェイトを利用したベンチプレスプッシュアップ(腕立て伏せ)が効果的。
“カメラ目線でなくて良い”ので、1日10分程度時間を取って腕立て伏せを続けているとドルフィンスルーがスムーズにできるようになってくるはずです。

またドルフィンスルーだけではなく、“素早いテイクオフ”にも役立つので優先的に鍛えることをオススメします。

95a02dd16ba2e44db35e3a1ab2c9e9c1_s

波待ち

安定した波待ちを可能にするのは、体幹の筋肉でしょう。
バランス感覚ももちろん必要ですが、腹筋・背筋の両方の筋肉が鍛えられていないと姿勢を維持することができません。
波待ちを楽にするためにも、日頃から腹筋と背筋を鍛えるように心がけましょう。

また、体幹を鍛えることでパドリングする時に体のブレがなくなるため、水を掻いた力がダイレクトに板に伝わりパドリングスピードが向上します。
大事なことなので2回言いますが、“カメラ目線でなくて良いので”1日数十回の腹筋背筋を継続的にするようにしましょう。

サーフィンの上達に大いに役立つことでしょう。

腹筋

柔軟性が重要!筋トレ後のストレッチ

筋肉を鍛えた後はストレッチを行い、疲労した筋肉の中に溜まっている疲労物質を血流を良くすることで取り除きましょう。
特にパドル筋を鍛えた後は肩の可動域を広げるためにも、しっかりと肩甲骨の周りや肩をストレッチしてを筋肉をほぐすことが大切。
またストレッチは筋トレ後だけではなく、実際にサーフィンをする前後に行うことも重要です。

サーフィン前には怪我の防止のためにも、肩甲骨や足を伸ばすなどのストレッチをしましょう。

また、先にも述べたように、サーフィンすることが最も効果的な筋トレになるため、初心者の人が数十分サーフィンをするだけで過度な筋トレをしているようなものになります。
サーフィン後は自分で感じている以上に疲労が蓄積されているので、サーフィン後はストレッチをする習慣をつけましょう。


サーフィンすること自体が上達への近道であることは誰しもが分かっていることですが、週末だけしかサーフィンに行けない人も多くいるはずです。
少ないサーフィンの練習時間を有意義にするために日頃から筋トレをしておけば、マックスに近いパフォーマンスを出すことができます。

このコラムを参考にして、読者の方のサーフィンスキルが向上して、今よりも増してサーフィンを好きになってもらえたら幸いです。

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る