角野友基がみせるBSトリプルコーク1620@富山KINGS

角野友基がみせるBSトリプルコーク1620@富山KINGS

3月に行われたUS OPENで、角野友基がトリプルコーク1620をクリーンメイクし、世界を震撼させ優勝したことはご存知だろう。
そんな彼の武器である1620が、NZに渡る前の最終調整で訪れている富山KINGSで飛び出した!
まず足慣らしで軽くみせたのがキャブトリプルコーク1260、そしてBS&FSのトリプルと、スタートから規格外っぷりをみせるユウキ。
KINGSでの調整も調子よさそうだし、NZ遠征でも存分に暴れてくれることだろう。
この男の器は、本当に底が知れない……!

 

この記事の著者

Makiko Kishino

Makiko Kishinoライター・エディター

白馬でスノーボードショップを営む、元スノーボード誌編集者のフリーライター。
田舎ライフをマイペースに満喫しながら、とことん遊びを追求しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る