レ・ドゥアルプにモンブラン。夏のヨーロッパもホットな話題が盛りだくさん!

スクリーンショット 2015-07-14 21.56.55

北米では有名サマーキャンプ、南半球では冬シーズンがスタートして盛り上がっているところだが、標高の高い山々がそびえ立つヨーロッパにも注目したい。

まず紹介したいのは、フランスのスノーボードマガジンサイトBANGINGBEESがアップしている、レ・ドゥアルプの映像。
レ・ドゥアルプとは2つのアルプスという意味を持ち、フランス中心部の山岳地帯・グルノーブル近くに位置する深い谷にある2つの村を中心とするゲレンデだ。
フランスではシャモニーの次に歴史あるスキー場で、氷河地区があるので夏でも滑走が楽しめる。標高は3600m、ヨーロッパアルプスの最高峰・モンブランを眺めながら真夏にスラッシュを上げられるなんて、最高の気分に違いない!

Skyway Monte Bianco

そして、フランスとイタリアの国境にそびえるヨーロッパ最高峰、標高4810mのモンブランに、新たに建設されたゴンドラが今大きな話題となっている。
この新ゴンドラ『Skyway Monte Bianco』には、なんと総工費およそ150億円が投じられ、円形の回転するゴンドラからは360°の眺望を楽しめ、一度に80人もの人を運搬することができるそう!超近代的なステーションも見物だ。

つくづく世界には魅力的な場所がたくさんあることを、つくづく感じさせられる……。

 

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る