弱冠12歳でビックウェイブに乗るキリアン・ゲリン

キリアン・ゲリン2

映像を見て、皆が皆思うことは1つであろう。
“波が異様にデカい”と。
確かにビッグウェイブであるが、それだけではなく乗っているサーファーが小さいために相対的に波がデカく見えるのだ。
今回ご紹介する、Kyllian Guerin(キリアン・ゲリン)は若干12歳。小学6年生のまだまだ幼さが残る少年だ。
陸地では一少年に過ぎない彼が、一度波に乗れば自らの身長の4倍はあろうかという波に果敢にトライする。
既に世界的なサーフブランドであるリップカールからサポートも受けており、着々とスキルの向上を図っているその姿から将来世の中を熱狂させるサーファーになる姿が容易に想像できる。

 

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る