東京五輪、追加種目8候補の中にサーフィン選出!

anatokyo-2020

2020年東京五輪の大会組織委員会は22日、開催都市に提案権が与えられている追加競技・種目に立候補していた26の国際競技連盟を8団体に絞り込んだ。
内部の検討会議が、国際的な普及度や競技人口などを基準に選考した。

選出された8競技

野球・ソフトボール、ボウリング、空手、ローラースポーツ、スポーツクライミング、スカッシュ、サーフィン、太極拳

の8競技。
ここから更に選考が行われ、来年の夏に正式にどの競技が追加されるのか決定する。

2020年の東京オリンピックは冬季ではないので、スノーボードの開催はないが、サーフィンが追加されれば夏季、冬季の両方で横乗りスポーツの最高峰の大会を堪能できるとあって、横乗りファンからしてみれば、これほど楽しみなことはないのではないだろうか。

スケートボードもオリンピック競技として追加されるような動きがあるので、スケートボードの動向も目が離せない!

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る