エチオピアという遥か遠くの地でスケートボードの普及活動を行う青年

スクリーンショット 2015-06-22 2.14.10

アフリカ大陸の東部に位置する国、“エチオピア”でスケートボードの普及を目指すプロジェクト。
その名も“Ethiopia Skate”
発足当時16歳だったAbenezer Temesgenが中心となって、エチオピアで撮影したスケートボーディング映像を定期的に配信している。
元々アフリカの人々は仲間意識が強く、人との繋がりで楽しみが倍増するスケートボードのカルチャーとマッチしているのではないかと筆者は思うのだが、実際に配信されている映像を確認するとやはりスケートボードをする人の周りにはたくさんの人が集まっているのが確認できる。
このような活動をもっと世の中に知ってもらえるように、映像をご紹介したいと思う。

 

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る