サーフィンをするにあたって知っておくべき7つのルール

3025406385_248890f775_o

夏が近づき今年こそサーフィンを始めてみようと思っている方も多いことでしょう。
車で海に行き、灼熱の太陽の下そそくさと水着に着替え、誰かから借りたサーフボード片手に早く海入っちゃえーとなりたいところですが、多くのスポーツがそうであるようにサーフィンにもマナーやルールがあります。
それを守らずに海に入ってしまうと、人に迷惑をかけてしまうばかりでなく、最悪怪我をしたり他人に怪我をさせてしまったりといった事態になります。
サーフィンデビューそうそうに嫌な気持ちにならないように、知っておくべき7つのルールを紹介します。

知っておくべき7つのルール

1.自分の技量以上の波の時はサーフィンをしない

初めたてで大きな波に乗ってやるんだというチャレンジ精神はとても立派ですが、大きな波が来ている時の沖のラインナップには、技量を持った人がいると考えたほうが良いでしょう。
更に良い波が来れば自然とみんな眼つきも鋭くなり、波の取り合いになります。
そこにサーフィンを初めたてでパドリングもままならない人が来てしまうと、結構イヤな目で見られます。
というのも初めたての頃は波待ちのポジショニングがわからないので、ライディングしている人の邪魔をしてしまったり、最悪ぶつかってしまうことがあるからです。
それ以前に沖に出られず波に巻かれて混乱状態になって溺れかけるというのが普通です。
サーフィンを初めたての頃はなるべくヒザ〜コシくらいのサイズの時に誰かと一緒に海に入るのが良いでしょう。

2.セットの波の終わりを待ってからゲッティングアウトを始めましょう

セットというのは、沖からのうねりのことです。ここでセットの波の終わりを待つことには2つの理由があります。
1つ目は誰かのライディングを邪魔しなくて済むということ。
2つ目は自分が楽に沖に出るためです。

サーフィン 混雑2

3.カレントを利用する時は注意が必要

カレントとは潮の流れのことで、海では左右の流れと沖へ流れるカレントがあります。
その沖に流れる潮の流れを利用し体力を使わずに沖に出てしまおうということです。
しかしカレントが強いポイントでは上級者でも流れに逆らえずどんどんと沖に流されてしまったり、その日の風向き・風速や潮の満ち引きなどによって急にカレントが起こってしまうこともあります。
そういったポイントに初めのうちは入らないようにしましょう。
もし、カレントで沖にどんどん持ってかれたしまったら、その流れに逆らうのではなく、岸と平行にパドルをしカレントから抜け出しましょう。
カレントがどこにあるのか知る一番てっとり早い方法は、沖にいるサーファーの動きと海の様子を観察することです
沖にいるサーファーがうねりも来てないのに必死にパドルをしている場合はそこにカレントがあるということです。また、カレントがある場所は海面がざわざわとしています。
今挙げたことを頭に入れて観察しましょう。

4.挨拶をしよう

ある程度同じポイントの海に通っていると顔見知りになる人が出てきます。
そんな時は笑顔で挨拶をしましょう。そうしたら沖の波待ちのときにちょっとした話をすることが出来たり、新たな関係を築けるかもしれません。そしたらサーフィンがもっと楽しくなるはず。

5.波に乗っている人の進行方向に向かってパドルアウトをしない

目の前で誰かがテイクオフしたらその人の進行方向の邪魔にならないようその波のピークに向かってパドリングをしましょう。どうしても間に合わないときはドルフィンスルーをして避けましょう。

サーフィン 混雑

6.前乗りしない

前乗りとは、既にテイクオフし波に乗っているサーファーの前でテイクオフをすることを指し、この前乗り(イン乗り)というのが、やってしまうと一番怒られる可能性があります。
“One Wave One Surfer”というのがサーフィンの基本ルールとなっているので、覚えておきましょう。

また、初めの頃は周りが見えなくなりがちですが、気づかずに前乗りをして、すでに波に乗っている人と衝突し板がへこんでしまったり怪我をしてしまったら大変です。
周りを見ることは事故を未然に回避することだけではなく、ほかの人がどういう風に波を追いかけどの位置でテイクオフをしているのか見ることが出来るので、サーフィンを初めたての頃は特に大切になるでしょう。

7.ボードを離さない

何気にサーフィンの事故で多いのがボードとの接触事故です。
サーフボードを手から離してしまったり、乗っている最中にボードから降りて海面から顔を出した時に、ボードが自分の顔の方に飛んできたり、誰かに飛んで怪我をさせてしまうことがありますので注意しましょう。

用語集

ラインナップ
波がブレイクする周辺の、サーファーが波待ちをしているエリアを指す言葉。
岸から見たときに、サーファーがサーフボードにまたがって群がっているポイントがありますが、ソコのこと。

パドリング
サーフボードの上にうつ伏せになって、クロールのように水を掻いて移動することを指す言葉。

ヒザ〜コシ
波のサイズを表現する時に用いられる。一般男性が立った時に水面からの波の高さがどれくらいの高さかを知るための指標です。

テイクオフ
波に乗るためにサーフボードの上に立ち上がろうとする動きのこと。

ピーク
波が最初に割れ始めるポイントのことを指す言葉。

ドルフィンスルー
沖に出るまでに迫る波に対して、ボードと体を沈めて波の中を通り抜けるテクニックのこと。


以上サーフィンをするにあたって知っておくべき7つのルールです。
ここで挙げた7つのルールはあくまで海の中でのルールとなります。

陸の上でも一人のサーファーとして、駐車場やゴミのマナー等をしっかりと守りみんなの海をこれからずっと気持ち良くsurf出来るようにしていきましょう!

この記事の著者

jun

jun

ムービーキュレーター。
サーフ担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

  1. 波のるわー

  2. 左の人のその後が気になる

  3. 私にはサーフィンは無理なようです!爆笑

  4. 私もバトルアウトは無理そうです

  5. サーフィンはほんとに難しいと思います。

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る