人生の糧となるレジェンドサーファーの名言6選

サーフィン 波

心に刺さるのはなぜなのだろう

サーフィンとは常に自然と向き合うスポーツであり、自分の力ではどうしようもないことが数多く存在する。
幾度となく人間が持つ個人の力というのは大自然の力に比べたら、何とチッポケなものかと感じることだろう。
自然と対話し、自らと向き合うサーフィンとはまるで人生のようだと表現されるように、まるで海のように奥が深く単純ではない。
人生そのものをサーフィンに捧げてきたレジェンドサーファー達の言葉に耳を傾けてみよう。
大きな気づきを得られるに違いない。

珠玉の名言6選

Kelly Slater(ケリー・スレーター)

ripcurlkelly2

僕はまだただの1度も満足のいくボトムターンをしたことがない

なんということだろうか。
10度を超えるワールドチャンピオンに輝いているケリーでさえ、自分の中で満足のいくターンができていないという言葉。
突き詰めても突き詰めても、先があるサーフィンの奥深さを感じると共にトップに上り詰める人間は高すぎる理想を追いかけて続けていることが分かる。
ライバルは他人ではなく、自分自身がライバルであり、常に昨日の自分を超えていけるように心がけているということであろう。

Gerry Lopez(ジェリー・ロペス)

4.lopez_ts_22087

逆らうのではなく、従うのでもなく、波のするようにすればいい。
サーフィンと生きることはよく似ている。

歴代の偉大なサーファーの中でも特にレジェンドとしての呼び声高いジェリーの言葉。
決して恵まれた体型ではなかったが、まるで波と一体化しているようなライディングと言われていた彼のサーフィンスタイルを写し出すような一言。

波の上は常に変化し続ける。だから、考えてしまうとついていけなくなる。

考えるのではなく、感じることが大切。
何事に対しても理論武装をしがちだが、人間の直感というのは案外正しい選択をする
我々が生活している現代社会の変化も早く、ジェリーの言葉は今を生きる人にとって重要な指標となることだろう。

Laird Hamilton(レイアード・ハミルトン)

Laird-Hamilton-Conscious-Connection-Magazine-620x400

やめたら成功しない。

“継続は力なり”という古い言葉があるが、やり続けることで成功に近づいていくことができる。
引き際も大切だけれど情熱を持って、どうせ貴重な時間を使って取り組むのなら継続してやってみようと思わせてくれる一言。

Dane Reynolds(デイン・レイノルズ)

dane_takeoff

良い波に乗れた日ぐらい最高のものはないね。
そんな日は、水から上がった時に思うんだ。
世の中、こんな気持ちになれることがあるだろうかって。
いいサーフィン出来ること、それ以外何も望まないよ。

サーフィンは中毒性があるという話は良く聞く話だが、『いいサーフィンができれば、それ以外は望まない』とそこまで言い切ってしまうデインも凄い。
地球上の全生物の母である海と戯れるサーフィンにはやはり、言葉では説明できない何かがあるのだろう

Andy Irons(アンディ・アイアンズ)

OM_0605_013

他人がどう思うか、何をしているかなんて関係ない。
とにかく、まずは自分が楽しみながらやるしかないからね。

3年連続ASPのワールドチャンピオンに輝きながらも、ツアー中にデング熱に感染してしまい他界してしまったアンディが生前に残した言葉の一つ。
周りの目は気にせず、我が道を迷わず進むことが楽しさを成功を引き寄せるという事実。
3年連続優勝という快挙を成し遂げた結果が、この言葉の正しさを証明する何よりの根拠となっている。


いかがだったでしょうか。
サーフィンを通して、多くのことを経験してきたレジェンドサーファーの言葉は物事の真理を突いていると思います。
何気なく生きている日常にもう一度それで良いのかということを問い直す機会になれば、幸い。

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る