スケートボードの原点はサーフィンであることを教えてくれる男

カレン・ケープルズ

RVCAやFlip Skateboardsなどからスポンサーを受けているプロスケーターでありながら、サーフィンの腕もプロ級な弱冠19歳“Curren Caples(カレン・ケープルズ)”
彼のスタイルの特徴として、圧倒的なスピードとR系で見せるビッグエア。
不安定な波をも柔軟に乗りこなさなければならないサーフィン培われた、バランス感覚と度胸、体幹の強さなどが彼のスタイルに繋がっていることは間違いない。

元来、スケートボードはサーフィンを陸上で表現しようとした結果生まれたカルチャーであり
スケートボードの原点はサーフィンなのである。

それを弱冠19歳という若さで体現し続ける、Curren Caplesにこれからも注目していこう。

 

 

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る