冬のサーフィンで無いと凍死しちゃうグッズ集

冬のサーフィン

冬でもサーフィンはできます!

『あー!ダメだ!寒くて海に入っていられない!』
帰って、コタツに入って暖まりたい。

『それ以前に、冬にサーフィンなんてできるの?』という疑問を持っている人いらっしゃると思いますが。
結論から言うとできるんです。
真冬の海は言わずとも極寒。
海パン1枚で入れば数分で凍死でしょう。

そんな真冬にサーフィンがしたい!!!という熱いサーファーたちは色々なものを作り出し、真冬の海でサーフィンしても命を守り、より長く海に留まり思う存分サーフィンを楽しむことを実現してしまいました。
今回のコラムでは寒い海でもストレスフリーでサーフィンができる防寒グッズのご紹介!!

ad

【絶賛ライターさん募集中】
スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。
もちろん文字数に対して、報酬もお支払します。
上のバナーをクリックして【ライターの件】という題名をつけてご連絡下さい。

サーフィン防寒グッズ一覧

サーフィンの防寒グッズといえど、様々な種類があります。
身につけるものから体に塗るものまで。。。。。

ホットジェル

塗るだけで暖かくなる!?そんなバカな!
そんな魔法のようなジェルがこの世には存在しています。
体に直接塗ることによって温感効果を得ることができるので、海に入る前や2ラウンド目の前に塗ろう。
効果持続時間は1時間〜2時間
含有成分は、トウガラシエキスや肌に優しいヒアルロン酸など。

hot gel hotgel 2

マジカルパウダー

とうがらし成分を含有していて、上記で紹介しているホットジェルと同様の効果が得られます。
ホットジェルは液状だが、マジカルパウダーは粉末状で体に振り掛けて使用しましょう。

マジカルパウダー

ドライスーツ(フルドライスーツ)

冬用に防水性と保温性を兼ね備えたウェットスーツを総称して、ドライスーツと呼びます。
ドライスーツに関しては、自分の体との密着度が効果を発揮するために必要不可欠な要素となるので、自分の体を計ってもらってオーダーで作るのが通常です。
フルドライスーツはブーツとウェットスーツが一体となっていて着脱時のジッパーが両肩と平行に走っている形が多く、足首や首回りなどの浸水しやすい箇所には工夫がされていてほとんど水が入ってこない。
注意しなければいけないのが、ウェットスーツ内に空気が入っている状態で海に入ると、足の方に空気が溜まった場合ワイプアウトした時などに体が逆さまになってしまい溺れそうになるので空気抜きを必ずするようにしましょう。
価格帯は¥50,000〜¥100,000と高価。
自分の体格にあったオーダーで作ると更に金額が上がり、¥100,000を超える場合もある。

フルドライスーツ フルドライスーツ

セミドライスーツ

こちらもドライスーツで、防水性と保温性を持ったウェットスーツ。
フルドライを使うまでもないなという時期にはこのセミドライを使うことが多く、とても柔らかい素材が使われているので、パドリングもそこまで苦ではありません。
また価格帯もフルドライに比べ¥20,000〜¥50,000とお求めやすい価格になっている。
だがフルドライ同様に、オーダーで作るともっと高価になる。

セミドライスーツ

インナーウェア

冬期のサーフィンではウェットスーツの下に専用のインナーを着ることによって保温することができます。
足先までスッポリと入るタイプもあるので、足先からの冷えにも対応できます。

サーフィン インナー インナー2

ブーツ

冷えは足から来ます。足が冷えてしまうことで海の中で足がつってしまうこともあります。
特に、波が小さくセット間隔が長い日のサーフィンはずっと海水に足を突っ込んだまま波待ちをするため、足から体全体に海水の冷たさが伝わってしまいます。
そんな足の防寒グッズとして、サーフィン用ブーツがあります。
伸縮性に富んでいて足に密着するのでほとんど水が侵入してくることはなく、且つ素足に近い感覚でサーフィンすることができるように工夫が施されています。厚みもウエットスーツと同様に3mm,5mmなどバリエーションがあるので自分がサーフィンをするポイントに合わせて選ぼう。

※フルドライスーツはブーツ一体型の場合がほとんどなので、ブーツは必要ありません。

サーフィン ブーツ サーフィン ブーツ2

グローブ

冷たい海水の中でも指先の感覚を保っておくためにグローブも冬のサーフィン時に重宝するアイテム。
5本指がしっかり分かれているタイプからミトンタイプのものなど形のバリエーションと、ブーツと同様に厚みのバリエーションがあります。
グローブをつければ、海からあがって手の感覚がないってことはありません!

サーフィン グローブ サーフィン グローブ2

ヘッドキャップ

冬場のサーフィンの何が厳しいのか?そのひとつにドルフィンスルーをしたときが挙げられます。
かき氷を一気食いしたときのように頭がキーン!と痛くなります。
そんなつらーいドルフィンスルーを楽にしてくれるのが、波によって起こる激しい水の流れでも、頭部へ水が流れ込むのを防いでくれるヘッドキャップであります。
保温効果はもちろんのことだが、サーファーの宿敵である“サーファーズイヤー”(外耳道に長期間冷水刺激が加わることにより、外耳道の骨の部分が隆起してしまう病のこと)の防止にも役立つので、冬期のサーフィンでは身につけるだけで安心してサーフィンすることができる。

サーフィン ヘッドキャップ サーフィン ヘッドキャップ2

寒い冬にだって、紹介してきた素晴らしいアイテムを使えば快適にサーフィンすることができるということが分かって頂けたでしょうか。
さあ!サーフィンする人が少ない冬だからこそ他の人たちとの差を広げられるチャンス。
バリバリ練習しよう!

photo credit: Christopher.Michel via photopin cc

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る