Taj Burrow & Mark Matthews “The Right” 〜最上級に危険な撮影方法〜

スクリーンショット 2014-08-14 22.09.41

ウエストオーストラリアの超危険サーフポイント

“The Right”

そこで、WCTサーファーのタジ・バロウ、ビックウェーバーのマーク・マシューズの2人による今まで見たことがない至上最も危険なサーフィンフィルミングが敢行された。

後方からカメラをとっていたマーク・マシューズはワイプアウト後、深い切り傷を負い鼓膜も破れていたそう。
自分には到底できないので、この勇敢なチャレンジは必見です。

 

 

 
 

当コンテンツの掲載記事内容や画像に何か問題がございましたら、
CONTACTページからご連絡ください。
迅速に対応致します。

この記事の著者

jun

jun

ムービーキュレーター。
サーフ担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る